満月との関係!? ミンク族に隠された「奥の手」「真の力」考察

第819話“光月家跡取り・モモの助”で、光月家、ミンク族、そして麦わらの一味で新たに同盟を結成。その中でイヌアラシ公爵がジャックとの戦いを振り返りこんな言葉を残している。「次はそうはいかんさ!!! 一度目の轍は踏まぬ!!! “奥の手”もある――次戦うならミンク族の“真の力”を見せてくれる!!!」「奥の手」「真の力」、これはイコールの事柄なんだろう。つまりミンク族にはまだ隠された力がある…と。そうなるとやっぱり気になるの

アイドルタイムプリパラ:第22話『プール de プランス 大レース!』感想

夏休み地方巡業もついにラストッ!花の都プリパリを舞台に、トリコロールの面倒くささと投げっぱなしやりっぱなしの狂気が加速するレース回でした。前後の脈絡を全般的に蹴っ飛ばし、沸騰したシチュエーションだけが繋がる独特のヴァイヴスが、『ああ、福田脚本だなぁ……』という感じ。アイドルタイムだけだと『プリパラを爆破した使えない人』でしかないまほちゃんが、どれだけ面倒くさくて王子様なのかを見せる回でもありました。ここで彼女のキャラ性強調してきたのは、しゅうかのメンターになるからかなぁ、とか思ったり。 つーわけで、いつにも増してアタマのオカシイ展開がノーブレーキで加速していく回でした。レースの始まり方、キャラ…

「世界が待っている」ミンク族の2人の王が死んではいけない理由を考える

ゾウ「モコモ公国」が百獣海賊団のジャックに襲撃を受け、ミンク族全員が壊滅的なダメージを負った。最も重いダメージを負ったのは「モコモ公国」の二人の王、イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那。磔にされ部下の分まで幾度となく攻撃を受け続けた。それが数日間続いた後、ジャック軍はドフラミンゴ奪還の命を受けこの地を後にした。そこに現れたのはサンジ達“ぐるわらの一味”!ミンク族からすれば、まさにワラをも掴む気持ちで“ぐ

天使の3P!:第9話『たどりつくのが遅かったら 溺れる神様を救えなかったかもしれない小学生達』感想ツイートまとめ

天使の3P! を見る。Q:急に現代伝奇エロゲになった? A:急や と言わんばかりの、急転直下の島解決編。横溝正史かTRICKか、平和な島に隠された狂った因習にロックで立ち向かえ!とはまたちょっと違う、歌で女の子の心を変えていくお話。なかなかバランスの難しいエピソードだとは思う— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年9月4日 話の大筋としては教会編やぞみたん救済編(勝手に命名)とおんなじラインで、心の壁を前に足踏みしている人々を、ロックの鼓動に後押しされた響Pが率先して躍動させ、前に進めてぶっ壊す、というお話である。ざーさんの気合の入ったブチギレも相まって、感情のうねりはいい…

“スペード海賊団”クルーの設定は「頂上戦争」時には既に完成していた!

ONE PIECE magazine Vol.2 (集英社ムック)の中で設定画が公開されたエース率いる“スペード海賊団”のクルー達。One Piece Novel A Character File 02 pic.twitter.com/ljjtfTnAOG— YonkouProductions (@YonkouProd) 2017年8月2日顔と名前だけでなく、キャラ毎に全体像と細かい設定まで決められてて尾田先生の凄さを改めて感じた。本編にほぼ関わってきていないキャラをココまで固めてるとは…と。しかし、振り返れば2年前の頂