宝石の国:第1話『フォスフォフィライト』感想ツイートまとめ

宝石の国を見る。美麗なるグロテスク、玲瓏たるヴァンダリズム。美しきものが脆く崩れ去るデカダンスの奥に、ごくごく当たり前のヒューマニズムが揺らめく。オレンジの3D表現力を最大限活かす奇想と、アクションとドラマの切れ味、世界全てに貫通するデザインの強さが婚礼した、とんでもない圧力— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年10月8日 PVの段階でかなり期待していた作品だが、裏切られた。想定よりも遥かに強烈に、奇想と美麗、残酷と哀切できっちり殴り飛ばしてくる作品であった。面白い。とんでもなくインパクトがあって、それだけではないベーシックな強さもある。アクションが良いし、キャラにも雰囲…

「物に悪魔の実を食べさせる技術」とその方法考察

物に悪魔の実を食べさせる技術ONE PIECEの作中で初めてこの話が出たのはアラバスタ編。コミックス20巻収録の第184話“モグラ塚4番街”で登場した「犬銃のラッスー」こそ、物に悪魔の実を食べさせる技術により誕生した「“イヌイヌの実”を食った銃」だ。その他にも「悪魔の実を食べた物」は登場しているから、まずここにまとめ。“イヌイヌの実”モデル「ダックスフント」を食った銃「犬銃 ラッスー」(風邪気味)“ゾウゾウの実”を食った剣