ブリザードが『Overwatch』2018年公式大会のブランド統合・仕組みを改定、プロ選手になるための道のりを整備

Overwatch

Overwatch League』公式サイトにて、「2018年、プロへの道」と題された公式大会の仕組み整備に関する発表が掲載されました。

2018年、プロへの道

『Overwatch』のeスポーツでは、あらゆるスキルレベルのプレーヤーが競技者・チームとして成長できるエコシステムの創出・維持を基本理念とした展開を行なっていくとのこと。

これに伴い、2018年は大会ブランドの統合や入れ替え戦などの仕組みを導入すると発表しました。

2018年大会からの変更点

  • 「Overwatch Contenders」ブランドに中国、韓国、台湾で実施していたプレミア大会を統合
    • 上記3エリア、既存のアメリカ、ヨーロッパに南米、オーストラリアを加え7地域で開催
    • ヨーロッパ、アメリカ、アジアパシフィック、オーストラリア、韓国、中国、南米
  • 2018年1月より「Overwatch Contenders」と同じ7エリアで下部リーグ「Overwatch Open Division」を開催
    • シーズンの終了頃に「Contenders」の下位4チーム、「Open Division」上位4チームが出場する入れ替え戦「Contenders Trials」を開催 (初回は2018年2月予定)
  • Overwatch Open Division → Overwatch Contenders → Overwatch League と昇格を目指していく

Overwatch Contenders

  • Europe Contenders Europe
  • United States Contenders North America
  • World Contenders South America [NEW]
  • Australia Contenders Australia [NEW]
  • Korea Contenders Korea (旧 Korea Overwatch APEX)
  • China Contenders China (旧 China Overwatch Premier Series)
  • World Contenders Pacific (旧 World Overwatch Pacific Championship)

日本シーンへの影響は?

『旧Overwatch Pacific Championship』は台湾の「Blizzard Estadium」にて開催され、台湾、日本、韓国、オーストラリア、タイ、香港といった地域のチームが出場。Season 1 には Japan DeToNator.GOLD と Japan SunSister、Season 2には Japan Libalent Supreme が参戦しました。

日本では『Overwatch Open Division Japan』がSeason 1~3まで開催されており、今後はこちらで結果を残すことで『Contenders Pacific』の入れ替え戦『Contenders Trials』に出場出来る可能性がありそうです。

『Contenders Pacific』は先の通り、複数の国が出場する大会のため、日本に枠が設けられたとしても、枠数的に出場出来るのは優勝チームくらいになるでしょうか。

構造的気になる部分も

公式サイトでは、これらの仕組みを通じて「これまで以上にプレイヤーの活躍の場が広がり、それにあわせてプレイヤーがオーバーウォッチ リーグのスカウトの目に留まる可能性も高まります」と説明されています。

最高峰のプロリーグ『Overwatch League』には12のフランチャイズチームが出場となり、所属選手はチームからのオファーを通じて交渉にて決定されます

『Overwatch Open Division』『Overwatch Contenders』まではチーム単位での活動ですが、その先となる『Overwatch League』に進むことが出来るのは選ばれし個人のみとなります。

つまり、プロチームとして投資を行ない『Overwatch Contenders』まで勝ち上がっても、優秀な選手が『Overwatch League』フランチャイズチームからのオファーで引き抜かれ、チームとしては戦力が落ちる、その先のモチベーションを維持出来ないといったことが発生する可能性が考えられます(Contendersの賞金、移籍金の収入はありそうですが)。

「プロチーム」として活動する団体にメリットがあまりなさそうですが、それをブリザードとしてはどのように考え、このような仕組みにすると決定したのでしょうか。

より詳しくは2017年12月に発表予定とのことです。

情報元

クジラの子らは砂上に歌う:第8話『この世から消えてしまえ』感想ツイートまとめ

クジラの子らは砂上に歌う を見る。幕を変えつつ、殺戮劇はまだまだ続く。クジラの心臓で絡み合う軽蔑と殺意。草原で混じり合う倦怠と狂気。母なる少女は踊り狂い、抱擁の手を伸ばす。罪在るものも無いものも、みな母なる暗黒に抱かれよ。この戦争終わってもろくでもなさが持続すると、確信させる回— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年11月28日 複数主人公を活かし、今回も色んな所で話が同時進行。敵の急所に滑り込んで、罠であらかた食い破られたチャクロ&リコス&オウニ班と、狂気の世界に馴染めなかった殺戮者と対峙するスオウ&シュアン班に別れる感じ。その合間に写される死体のざっくりした描写が、殺伐…

クジラの子らは砂上に歌う:第8話『この世から消えてしまえ』感想ツイートまとめ

クジラの子らは砂上に歌う を見る。幕を変えつつ、殺戮劇はまだまだ続く。クジラの心臓で絡み合う軽蔑と殺意。草原で混じり合う倦怠と狂気。母なる少女は踊り狂い、抱擁の手を伸ばす。罪在るものも無いものも、みな母なる暗黒に抱かれよ。この戦争終わってもろくでもなさが持続すると、確信させる回— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年11月28日 複数主人公を活かし、今回も色んな所で話が同時進行。敵の急所に滑り込んで、罠であらかた食い破られたチャクロ&リコス&オウニ班と、狂気の世界に馴染めなかった殺戮者と対峙するスオウ&シュアン班に別れる感じ。その合間に写される死体のざっくりした描写が、殺伐…

[展開予想]第887話①「迫り来る者(仮)」

このページは最新話の展開の「予想」です。ゆるい展開予想してます。・ポテト島「チップスタウン」――・留守中の民家――・ルフィ「――レイリーが言ってた…」・ブリュレ「あン?」・ルフィ「見聞色は…“次の瞬間相手が何をしようとしているのかを読み取れる力”だって……アイツはその更に“数秒先”まで見えてんだな…」・ブリュレ「ウィッウィッ “数秒先”とは言うが、それがどれほどの絶望的な差かわかってんのかい!? 生まれながらにして“天

ボールルームへようこそ:第21話『扉(ドア)』感想ツイートまとめ

ボールルームへようこそ を見る。清春博士の改造手術を受けた多々良は、新しい身体感覚の制御に手一杯で『ダンス』をする余裕がない。リードもフォローもあったもんじゃないギクシャクの中で、ちーちゃんの才能と献身が開花する。雨降り続く嵐の中で、新しい扉を開けるため二人が手を取る回。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2017年11月28日 AパートとBパートがわかりやすく分割される今回。Aパートはマッドサイエンティスト・清春に実験された多々良の悪戦苦闘と、競技ダンスの細やかな解説で埋まる感じ。解説担当な記者さんとガジュくん、観戦者と競技者で観点が違ってるので、面白い解説になってたなぁ。— …