賞金総額30万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2018』が2018年7月に開催

esl-one

『ESL』が、賞金総額30万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2018』が2018年7月6~8日に開催すると発表しました。

ESL One Cologne 2018

『ESL One Cologne 2018』は、世界トップクラスの実力を持つ16のCS:GOチームが出場し、ドイツのケルンで開催されます。

グループステージが2017年7月3~5日、プレーオフはドイツ最大の屋内競技場「Lanxess-Arena」にて7月6~8日に実施。
今年の賞金総額は30万ドルと、昨年よりも5万ドルが増額されました。

入場チケットは、2018年12月1日(金)20時頃より大会公式サイトにて発売開始となる予定です。

2017年大会は、決勝戦で Brazil SK Gaming が United States Cloud 9 を 3-0で下し優勝となっています

情報元

賞金総額30万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2018』が2018年7月に開催

esl-one

『ESL』が、賞金総額30万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2018』が2018年7月6~8日に開催すると発表しました。

ESL One Cologne 2018

『ESL One Cologne 2018』は、世界トップクラスの実力を持つ16のCS:GOチームが出場し、ドイツのケルンで開催されます。

グループステージが2017年7月3~5日、プレーオフはドイツ最大の屋内競技場「Lanxess-Arena」にて7月6~8日に実施。
今年の賞金総額は30万ドルと、昨年よりも5万ドルが増額されました。

入場チケットは、2018年12月1日(金)20時頃より大会公式サイトにて発売開始となる予定です。

2017年大会は、決勝戦で Brazil SK Gaming が United States Cloud 9 を 3-0で下し優勝となっています

情報元

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-11-28)

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 11/28/2017

AUDIO

  • 3Dオーディオのパフォーマンスを向上させ、位置オーディオの反応をより早くした。

War Games

  • War Gamesの試合終了後投票において3マップからの選択が可能となった
  • War Gamesコミュニティサーバー管理を簡略化するため、試合終了後の投票設定をコントロールするためのコマンドを追加した

Misc

  • サーバーのHTTPログ配信において、remote listenerが登録されているログ行に正しくタイムスタンプが記載されるようになった
  • 新しいプレーヤーが接続・ダウンロードしゲームの状態を初期化するときにゲームサーバーが重くならないようにした
  • 公式ゲームサーバーに影響する突然のクラッシュを修正した
  • GOTV+の配送で3秒間余計にディレイが発生することがあるのを修正した
  • ネットワーク文字列テーブルのSSE4最適化により、新しいプレーヤーが接続する時の負荷を軽減出来るようになった
  • convar「con_timestamp」を使用する事で、ゲームサーバーのコンソール出力にタイムスタンプを付ける事が可能となった

TRUST FACTOR

  • データとフィードバックに基づき、トラストアルゴリズムをアップデートした。これをより改善するため、タイトルを「Trust Factor Feedback」として本文に説明とSteam IDを記載し、 CSGOTeamFeedback@valvesoftware.com宛てにメールをお送りください。

情報元

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-11-28)

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 11/28/2017

AUDIO

  • 3Dオーディオのパフォーマンスを向上させ、位置オーディオの反応をより早くした。

War Games

  • War Gamesの試合終了後投票において3マップからの選択が可能となった
  • War Gamesコミュニティサーバー管理を簡略化するため、試合終了後の投票設定をコントロールするためのコマンドを追加した

Misc

  • サーバーのHTTPログ配信において、remote listenerが登録されているログ行に正しくタイムスタンプが記載されるようになった
  • 新しいプレーヤーが接続・ダウンロードしゲームの状態を初期化するときにゲームサーバーが重くならないようにした
  • 公式ゲームサーバーに影響する突然のクラッシュを修正した
  • GOTV+の配送で3秒間余計にディレイが発生することがあるのを修正した
  • ネットワーク文字列テーブルのSSE4最適化により、新しいプレーヤーが接続する時の負荷を軽減出来るようになった
  • convar「con_timestamp」を使用する事で、ゲームサーバーのコンソール出力にタイムスタンプを付ける事が可能となった

TRUST FACTOR

  • データとフィードバックに基づき、トラストアルゴリズムをアップデートした。これをより改善するため、タイトルを「Trust Factor Feedback」として本文に説明とSteam IDを記載し、 CSGOTeamFeedback@valvesoftware.com宛てにメールをお送りください。

情報元