CS:GO『IEM World Championship Katowice 2018』のグループステージに新たなフォーマットを採用、総当たりからダブルイリミネーション方式トーナメントに変更

IEM World Championship Katowice 2018

CS:GO『Intel Extreme Masters World Championship Katowice 2018』の新たな大会フォーマットが発表されました。

『IEM World Championship Katowice 2018』の新たな大会フォーマット発表

『IEM World Championship Katowice 2018』は、賞金総額50万ドルで2018年2月27~3月4日にポーランドで開催されます。

昨年まで12チームの出場で実施されてきましたが、今大会から参加枠を16チームに拡大。これに伴い、グループステージのフォーマットが変更となりました。

グループステージのフォーマット変更

2017年大会

  • グループステージ: 8チーム×2グルーブの総当たりリーグ戦
    • 各グループの1位がプレーオフの準決勝に進出、2位・3位が準々決勝に進出
  • プレーオフ: 6チームによるシングルイリミネーション方式トーナメント

2018年大会

  • グループステージ: 8チーム×2グルーブのダブルイリミネーション方式トーナメント
    • 組み合わせ『CS:GO World Ranking』を元に決定
    • 勝者側1回戦のみBest of 1、その他は全てBest of 3
    • 勝者側1位チームがプレーオフの準決勝に進出、敗者側1位・2位が準々決勝に進出
  • プレーオフ: 6チームによるシングルイリミネーション方式トーナメント

フォーマット変更の理由

16チームに枠を増やした理由

  • より多くのチームにチャンスを与え、CS:GOシーンを活性化させるため
  • チームが増えることでイベントの内容がより充実し、ファンが熱狂出来るようになる
  • 今後も可能な限り16チームのフォーマットを採用していく方針

プレーオフが6チームの理由

  • これまでのフィードバックにより、イベントフォーマットを土曜日に準決勝(Best of 3)、日曜日に決勝(Best of 5)に分けた
  • プレーオフを8チーム制にして準々決勝を4試合やると1日に12~14時間が必要となる。運用的に1日8~9時間で見積もっているため検討段階で却下した
  • 金曜日に準々決勝3試合、土曜日に準々決勝残り1試合、準決勝2試合という選択肢もあったが、不公平になるためこちらも却下となった

グループステージを8チーム×2グループにした理由

  • 4チーム×4グループによるダブルイリミネーション方式トーナメントも検討されていた
  • プレーオフに進出する6チームを決めることを前提にすると、8チーム×2グループの方がトップ3がわかりやすく、スケジュール的にも適切だった

情報元

シャドウバース世界大会『World Grand Prix 2018(仮)』が優勝賞金100万ドル(約1.1億円)にて2018年12月に日本で開催

shadowverse

Cygamesが展開するカードバトルゲーム『Shadowverse』の公式世界大会が2018年に優勝賞金100万ドルで国内開催されることが発表となりました。

シャドウバース世界大会、日本で優勝賞金100万ドルにて開催

本件は、2017年12月23~24日に東京で開催された世界大会『RAGE Shadowverse World Grand Prix』のエンディングにて株式会社サイゲームスの木村唯人プロデューサーより発表となりました。

会場には行く事が出来なかったのでOPENREC.tvの配信アーカイブで確認したところ、下記のような内容となっていました。
※「10:42:35」あたりから発表パート https://www.openrec.tv/live/uDTruXJ2zV7

World Grand Prix 2018(仮)

  • 開催予定日程: 2018年12月
  • 開催場所: 日本
  • 優勝賞金: 100万ドル (約1億1326万円, $1=113.26円)
  • 出場選手: 全世界から招待される24選手
  • フォーマット(予定): ローテーション、アンリミテッド、2Pick

『RAGE Shadowverse World Grand Prix』優勝の紅茶/PaR選手が招待出場確定。

また、eスポーツ大会『RAGE』プロデューサー大友 真吾氏の発表によると、2018年2~3月に開催される『RAGE 2018 Spring』の優勝・準優勝選手に『World Grand Prix 2018(仮)』の出場権が与えられます。

RAGE 2018 spring「RAGE Shadowverse Chronogenesis」の詳細が発表されました!みなさん奮ってエントリーを!#RAGEesports #シャドウバース #SV_WGP
※本イベントは(株)CyberZが主催、運営しています pic.twitter.com/Npj5JDLfuJ— Shadowverse公式アカウント (@shadowverse_jp) 2017年12月24日

優勝賞金100万ドルは日本eスポーツ史上最高額に

最初に情報を見たときに「賞金総額」100万ドルかと思いきや、なんと「優勝賞金」が100万ドルとのこと。詳細は改めて発表なのでどうなるかはわかりませんが、上位入賞選手にも賞金が支払われるとなれば、総額1億円を越えるeスポーツ大会となります。

日本ではスマートフォンゲーム『モンスターストライク』の公式大会『モンストグランプリ2017』が賞金総額5,000万円、優勝賞金3,000万円で開催された実績があります。『World Grand Prix 2018(仮)』が実施されれば、現状だとこれを越える日本最高記録ということになります。

現在、日本のeスポーツ団体が統合され、高額賞金大会の開催を可能とするためにプロライセンス制度をスタートすることが発表され動向に注目が集まっています。

『World Grand Prix 2018(仮)』はこの流れとは関係がなさそうなので、実施が問題ないのであれば「プロライセンスとは」ということになってしまいます。

サイバーエージェントグループは2018年eスポーツを新たな事業領域に

株式会社サイゲームス、eスポーツ大会『RAGE』やゲーム動画配信サービス『OPENREC.tv』を展開する株式会社CyberZは、インターネット関連事業の大手 株式会社サイバーエージェントのグループ企業です。

サイバーエージェントは「eスポーツ」を2018年度の新たな事業領域として発表しており、『RAGE』『OPENREC.tv』『Shadowverse』はその核となるサービスと言えます。

優勝賞金100万ドルのグローバル大会を開催することで『Shadowverse』をより世界に広め、『RAGE』『OPENREC.tv』などの成長も促進させていくという狙いでしょうか。

情報元

Dota 2プロサーキット 賞金総額100万ドル『The Bucharest Major』の招待10チーム発表、オープン予選の出場登録スタート

pgl-bucharest-major

2018年3月に開催されるDota 2プロサーキット対象大会『The Bucharest Major』の招待10チームが発表されました。

The Bucharest Major

Dota 2プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

『The Bucharest Major』はその名の通り「メジャー」ランクの大会となり、賞金総額100万ドル、サーキットポイント総計1,500にて2018年3月にルーマニアのスポーツアリーナ「Polyvalent Hall」で実施されます。

出場チーム

招待

  • Team Liquid
  • Newbee
  • Evil Geniuses
  • Natus Vincere
  • Mineski
  • compLexity Gaming
  • Vici Gaming
  • LGD.Forever Young
  • Virtus.pro
  • Team Secret

予選通過

  • 北米
  • 南米
  • ヨーロッパ
  • CIS
  • 中国
  • 東南アジア

大会に出場するのは招待10チーム、6エリアで開催される予選の各優勝 6チームを合わせた16チームとなります。

予選は誰でも参加可能なオープン方式で、日本が出場可能な東南アジア予選は2018年1月8日(月)からスタートとなり、下記にて出場登録が開始となっています。

東南アジア予選

情報元

Dota 2プロサーキット『CORSAIR DreamLeague Season 9』が2018年2月に開催、オープン予選を含む大会スケジュール発表

CORSAIR DreamLeague Season 9

2018年2月に開催されるDota 2プロサーキット対象大会『CORSAIR DreamLeague Season 9』の開催スケジュールが発表となりました。

CORSAIR DreamLeague Season 9

Dota 2プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

『CORSAIR DreamLeague Season 9』は「マイナー」ランクの大会となり、賞金総額30万ドル、総サーキットポイント300にて2018年2月にスウェーデンの「Monster Energy DreamHack Studios」で開催されます。

出場チーム – 8チーム

招待

  • Team Secret
  • 招待チーム×1

予選通過

  • 北米×1
  • 南米×1
  • ヨーロッパ×1
  • CIS×1
  • 中国×1
  • 東南アジア×1

スケジュール

  • 1月13~14日 – オープン予選
  • 2月13~14日 – 東南アジア Closed Qualifiers
  • 2月15~16日 – 南米 Closed Qualifiers
  • 2月17~18日 – 北米 Closed Qualifiers
  • 2月27~28日 – 中国 Closed Qualifiers
  • 3月01~02日 – CIS Closed Qualifiers
  • 3月03~04日 – ヨーロッパ Closed Qualifiers
  • 3月21~25日 – 本戦

オープン予選は誰でも出場可能でオンライン・シングルイリミネーション方式トーナメントで実施。優勝チームが「Closed Qualifiers」に進出します。

「Closed Qualifiers」は各エリアの招待3チーム、予選通過1チームが出場しダブルイリミネーション方式トーナメントで対戦。優勝チームが本戦への出場権を得ることが出来ます。

オープン予選の出場登録については、改めてのアナウンスとなります。

情報元

DetonatioN GamingがOverwatch部門が解散を発表、再結成から約2ヶ月

dng-ow

プロeスポーツチーム Japan が Overwatch部門の解散を発表しました。

DetonatioN GamingがOverwatch部門を解散

Japan DetonatioN Gaming は、2017年4月にOverwatch部門を終了後、半年間の選考を経て10月に新生Overatch部門の立ち上げましたが、約2ヶ月で再びOverwatchチームを解散する決定を下しました。

公式サイトでの説明によると、解散はチームとメンバーが話し合いを行なった結果とのこと。チームの主な実績は、『Overwatch Open Division 2017』のSeason 2 ベスト8、 Season 3 ベスト4となっています。

ex-DetonatioN Gaming

  • Japan Kinoko
  • Japan Xeraphy
  • Japan ameken
  • Japan Nephrite
  • Japan kuronon
  • Japan Nosuke
  • Japan Minase

情報元