第158芥川龍之介賞・直木三十五賞

 第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が

16日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、

芥川賞には石井遊佳さん(54)の「百年泥」(新潮11月号)と

若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)の2作が、

直木賞には

門井慶喜さん(46)の「銀河鉄道の父」(講談社)がそれぞれ選ばれた。

(時事通信)

 
 石井さんは初候補で受賞した。

作品はインドで日本語教師として働く女性の物語。

大洪水で1世紀にわたり川底に堆積した泥が巻き上げられ、

中から出現した品々にまつわる人々の混然とした記憶が実体化していく。

 若竹さんはデビュー作、初候補での受賞。

2013年に75歳で受賞した黒田夏子さんに次ぐ高齢記録となる。

新たな老いの境地を描いた受賞作は、74歳で独り暮らしの桃子さんが主人公。

夫は他界、子どもらとも疎遠な日常の中、

心には懐かしくもにぎやかな東北弁の声が満ち始める。

 選考委員の堀江敏幸さんは、石井さんの「百年泥」について

「混沌(こんとん)としたインドの現実と奇想、妄想をうまく物語に収めた」と評価。

若竹さんの「おらおらでひとりいぐも」については

「東北弁と標準語をバランス良く配し、言葉に活気、勢いがある」と、

年齢を感じさせない「若々しさ」に言及した。

 一方、門井さんは3回目の候補。

作品は「銀河鉄道の夜」で知られる宮沢賢治とその父・政次郎の関係を描く。

何事にも前のめりな息子への愛と、

親としての建前のはざまで揺れる父の姿が浮き彫りにされる。

 選考委員の伊集院静さんは

「歴史的事実だけでなく、賢治を思う父、父を思う賢治という、

人間の感情が非常にうまく書かれていた。

門井ワールドと言える短い文章で端的に表し、ユーモアもある」とたたえた。

 人気バンド「SEKAI NO OWARI」で活動し、

デビュー作で直木賞の候補となった藤崎彩織さん(31)は受賞を逃した。

ガルパライブ 1日目

2017年3月16日にリリースされたスマートフォン向けソーシャルゲーム「バンドリ!ガールズバンドパーティ!」。1月13・14日、そのイベントが開催された。バンドリ! ガールズバンドパーティ!ガルパライブ&ガルパーティ!in東京場所は、江東区有明にある東京ビッグサイト。7・8ホール。8ホールはオフィシャルグッズの物販会場。7ホールでは展示や企業のグッズ販売、ミニステージ。奥にはメインステージがあり、ラジオや配信番組の

全豪オープンテニス2日目

 テニスの全豪オープン第2日は16日、メルボルン・パークで行われ、

女子シングルス1回戦で

世界ランキング72位の大坂なおみ(日清食品)が

クリスティナ・クコバ(スロバキア)に7―5、6―2で快勝した。

 奈良くるみ(安藤証券)はマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)に、

日比野菜緒(ルルルン)はドナ・ベキッチ(クロアチア)にストレートで敗れた。

第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、2

008年以来の優勝を狙うマリア・シャラポワ(ロシア)らが2回戦に進んだ。

 男子シングルス1回戦では、

ダニエル太郎(エイブル)がジュリアン・ベネトー(フランス)に逆転負け。

右肘のけがから復帰して

昨年7月以来の公式戦となったノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、順当勝ちした。

(時事通信)

白鵬 北勝富士に屈す

 「大相撲初場所・3日目」(16日、両国国技館)

 白鵬、稀勢の里の2横綱が敗れる波乱の一日となった。

(デイリースポーツ)

【写真】早くも2敗目…ガックリ肩を落とす稀勢の里

 横綱白鵬(宮城野)は

前頭筆頭北勝富士(八角)に押し出しで敗れ、初黒星を喫した。

 横綱稀勢の里(田子ノ浦)は前頭筆頭逸ノ城(湊)と対戦。

寄り切りで力なく土俵を割り、2敗となった。

 休場明けで進退が懸かる横綱鶴竜(井筒)は

前頭二枚目嘉風(尾車)を突き落としで下し、3連勝となった。

 2大関は安泰。豪栄道(境川)は

前頭二枚目琴奨菊(佐渡ヶ嶽)を冷静にすくい投げで下し、3連勝。

 大関高安(田子ノ浦)も

突き落としで前頭三枚目の千代大龍(九重)を破り、3連勝とした。