プロ野球ニュース(2/28)

 「練習試合、DeNA-SK」(28日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 先発の石田健太投手が5回を投げ、

6安打を浴びながらも得点を許さない粘りの投球を見せた。

 二回の1死一、二塁の危機で、李宰元を三ゴロ併殺打に打ち取り、

四回1死一、二塁の場面でも後続を抑え、5回6安打無失点の内容だった。

 「今日は(フォームの)バランスがよくなかったが、

試合中に修正しながら、無失点だったのでよかった」と石田。

今後へ向け「まだまだ直球も変化球も精度をあげないといきたい」と話した。

 

 

 「練習試合、日本ハム6-4ラミゴ」(28日、札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)が、“プロ初安打”を放った。

 「7番・一塁」で実戦初のスタメン出場を果たすと、

待望の瞬間は0-0の二回2死の場面。

2ボールから左腕・ダウンズの高め直球を捉え、打球は右中間フェンスを直撃。

「本当に何も考えていなくて、きた球を打ったという感じでした」。

記念すべき二塁打は「うまく打てたかなと思います」と無心で振り抜いた一打だった。

 2打席目は死球を受け、3打席目は空振り三振。

初体験の札幌ドームで、2打数1安打という記録を刻んだ。

「今日は三振をしましたけど、それもいろいろ自分で感じるところもありましたし、

またそれで一歩前に進めるかなと思います」と反省も忘れなかった。

 3月1日の同戦(札幌ドーム)は試合終盤での途中出場が濃厚。

「これからここで、もっともっとたくさんのヒットを打ちたいと思います」。

開幕1軍へ猛アピールを続ける。

 

(デイリースポーツ)

プロ野球ニュース(2/28)

 「練習試合、DeNA-SK」(28日、アトムホームスタジアム宜野湾)

 先発の石田健太投手が5回を投げ、

6安打を浴びながらも得点を許さない粘りの投球を見せた。

 二回の1死一、二塁の危機で、李宰元を三ゴロ併殺打に打ち取り、

四回1死一、二塁の場面でも後続を抑え、5回6安打無失点の内容だった。

 「今日は(フォームの)バランスがよくなかったが、

試合中に修正しながら、無失点だったのでよかった」と石田。

今後へ向け「まだまだ直球も変化球も精度をあげないといきたい」と話した。

 

 

 「練習試合、日本ハム6-4ラミゴ」(28日、札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)が、“プロ初安打”を放った。

 「7番・一塁」で実戦初のスタメン出場を果たすと、

待望の瞬間は0-0の二回2死の場面。

2ボールから左腕・ダウンズの高め直球を捉え、打球は右中間フェンスを直撃。

「本当に何も考えていなくて、きた球を打ったという感じでした」。

記念すべき二塁打は「うまく打てたかなと思います」と無心で振り抜いた一打だった。

 2打席目は死球を受け、3打席目は空振り三振。

初体験の札幌ドームで、2打数1安打という記録を刻んだ。

「今日は三振をしましたけど、それもいろいろ自分で感じるところもありましたし、

またそれで一歩前に進めるかなと思います」と反省も忘れなかった。

 3月1日の同戦(札幌ドーム)は試合終盤での途中出場が濃厚。

「これからここで、もっともっとたくさんのヒットを打ちたいと思います」。

開幕1軍へ猛アピールを続ける。

 

(デイリースポーツ)

エンプレス杯

 28日、川崎競馬場で行われた

第64回エンプレス杯(GII・4歳上・牝・ダ2100m・1着賞金3500万円)は、

好位のインでレースを進めた

横山典弘騎手騎乗の4番人気

アンジュデジール(牝4、栗東・昆貢厩舎)が、直線で外に出して差し切り、

2着の1番人気プリンシアコメータ(牝5、美浦・矢野英一厩舎)に

1.1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは2分16秒3(良)。(netkeiba)

 さらにハナ差の3着に

6番人気サルサディオーネ(牝4、栗東・羽月友彦厩舎)が入った。

なお、3番人気ワンミリオンス(牝5、栗東・小崎憲厩舎)は5着、

2番人気ミッシングリンク(牝4、美浦・斉藤誠厩舎)は6着に終わった。

 勝ったアンジュデジールは、

父ディープインパクト、母ティックルピンク、その父フレンチデピュティという血統。

重賞は昨年のスパーキングレディーC以来で、2勝目。

エンプレス杯

 28日、川崎競馬場で行われた

第64回エンプレス杯(GII・4歳上・牝・ダ2100m・1着賞金3500万円)は、

好位のインでレースを進めた

横山典弘騎手騎乗の4番人気

アンジュデジール(牝4、栗東・昆貢厩舎)が、直線で外に出して差し切り、

2着の1番人気プリンシアコメータ(牝5、美浦・矢野英一厩舎)に

1.1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは2分16秒3(良)。(netkeiba)

 さらにハナ差の3着に

6番人気サルサディオーネ(牝4、栗東・羽月友彦厩舎)が入った。

なお、3番人気ワンミリオンス(牝5、栗東・小崎憲厩舎)は5着、

2番人気ミッシングリンク(牝4、美浦・斉藤誠厩舎)は6着に終わった。

 勝ったアンジュデジールは、

父ディープインパクト、母ティックルピンク、その父フレンチデピュティという血統。

重賞は昨年のスパーキングレディーC以来で、2勝目。

楽天 池田

【楽天】練習試合で2安打完封負けも、指揮官は2年目・池田に期待先日の投球といい中々いい内容ですね。去年は怪我などもあってまだまだって感じでしたが期待してもいいのだろうか。とりあえず則本、岸、美馬、辛島?、藤平?って感じでだろうから6番手を争う感じ。個人的に育成に定評のある(?)今永について行った森に期待しているんだけどどうなるかな。野手はともかく投手は毎年ローテ争いが本当楽しみです。安楽にも一応期待し