冬季五輪・平昌2018直前情報

 韓国で開催される平昌冬季五輪は

開会式前日の8日に2競技が行われ、

冬のスポーツの祭典がスタートする。(時事通信)

 新たに採用されたカーリングの混合ダブルスが

午前9時すぎから始まる。

日本は男女2人で組んで争う新種目の出場権を逃したが、

男子のSC軽井沢クと女子のLS北見が

ともに14日から1次リーグに臨む。

ジャンプ男子は夜9時半から個人ノーマルヒル予選。

冬季五輪で史上最多8度目の出場となる

45歳の葛西紀明(土屋ホーム)のほか、

小林潤志郎(雪印メグミルク)ら日本勢が出場する。

極寒のナイタージャンプで、出場選手全員が本戦に進めるかに注目。

葛西は前回ソチ大会で個人ラージヒルの銀メダルを獲得している。

 大会は夜に開会式が行われる9日、

フィギュアスケート団体や

フリースタイルスキーの男女モーグル予選が始まって本格化。

25日まで7競技102種目でメダル争いが繰り広げられる。

日本は前回ソチ大会で

フィギュア男子の羽生結弦(ANA)の金を含む8個のメダルを獲得。

スピードスケートなどに有力選手がそろう今回は2桁を狙う。

冬季五輪で日本選手団の過去最多のメダルは

1998年長野大会の10個(金5、銀1、銅4)で、これをしのげるかが見どころとなる。

 

 

 平昌五輪開幕の直前になって、会場が猛烈な寒波に襲われている。

統計では2月の平均最低気温はマイナス10度ほどだが、

今年は寒波警報の発令続き。

マイナス20度を下回ることも珍しくない。

メインプレスセンター近くの免税店で保安責任者を務める李相培さん(49)は

「こんなに厳しい寒さが続くことは今までになかった」と顔をしかめる。

 2010年バンクーバー大会や14年ソチ大会など、

最近の冬季五輪は暖冬や雪不足に悩まされてきた。

平昌も積雪が多くはなく、スキー競技の会場は人工雪で整備しているが、

冷え込みは過去の五輪でも最高クラスになるとの指摘がある。

 心配されるのが開会式。

9日午後8時から屋根のないスタジアムで実施される。

大会組織委員会の李熙範会長は6日、

「チケット購入のキャンセルもあると聞いている」と率直に明かした上で万全を強調。

通路に強力なヒーターを設置し、ニット帽に風よけのポンチョ、

毛布に手足専用を含む携帯カイロなど防寒キットを観客に配布するとアピールした。

当日は気温が上がるとの予報も紹介し、「寒さには耐えられるはず」と自信を示す。

 寒空の下で入場行進する選手は、毛布の助けを借りられない。

日本選手団の旗手を務めるジャンプ男子の葛西紀明(土屋ホーム)は

「風邪を引かないように気を付けたい。カイロをたくさん貼ります」。

海外メディアによると、出席者を減らす意向のチームもある。

組織委としては、スタンドの空席が目立つ別の寒さだけは避けたいところだ。

プロ野球キャンプニュース(2/)

 阪神鳥谷敬内野手(36)が

沖縄・宜野座キャンプ第2クール初日の6日、

投内連係で二塁守備に入った。

 投手のバント処理や併殺プレーで

一塁のベースカバーに入るなど、

二塁の動きを確認していた。

 昨季は三塁でゴールデングラブ賞を受賞。

今春キャンプもこれまで三塁で守備練習を行ってきたが、

この日は新たなポジションに入った。

13年WBCでは二塁でもプレーしている。

 

 

  西武は6日、未成年である今井達也投手(19)が

1月末に埼玉・所沢市内で喫煙していた事実が判明したことを発表した。

【写真】フレッシュ球宴で先発した今井達也

 前日5日に外部から通報があった。

今井は現在、高知・春野でB班キャンプに参加中。

通報を受け、鈴木球団本部長が同日、

A班キャンプ地の宮崎・南郷から春野に移動し、

今井本人とチーム宿舎で面談。

通報内容が事実であることを確認した。

 球団は今井に対し、厳重注意処分とした。

また、参加中のキャンプにはとどまらせ練習は続けさせるが、

5月までユニホームは着用させず、対外試合出場停止とした。

5月の何日まで出場停止とするかは、

今後の本人の反省度合いを見て決めるという。

なお、練習はジャージーで行う。

 今井は球団を通じ

「深く反省しております。

自分自身の甘さが今回の事態を招いてしまったと考えています。

今後、二度とこのようなことを起こさないよう、

自分に厳しくありたいと思います。

このたびは大変申し訳ありませんでした」とコメントした。

 南郷に戻った鈴木本部長は、実名を公表した理由について

「公共の面前で、不特定多数の人が見ている状況。

やはり、プロ野球選手で、頭に西武ライオンズがつく人は、

制裁も厳しいということを本人も分かって欲しい」と説明した。

再発防止策については

「今井投手をはじめ、他の未成年選手に、

プロ野球選手としての自覚を持ち、十分気を付けて行動するよう、

あらためて指導、教育します」と話した。

 

 

 オリックス福良淳一監督(57)が

キャンプ第2クールの初日となる6日、初めて2軍を視察した。

 1軍がキャンプを張るSOKKENスタジアムから、清武第2野球場に移動。

フリー打撃をする吉田正尚外野手(24)らに熱視線を送った。

同監督は「全員見ておこうと思って。よう振りますね。みんな」と満足げだった。

昨年11月に腰を手術して2軍スタートの吉田正については

「まだ焦る必要はない」と話した。

 

 

 ゴジラ先生が2年ぶりに指導した。

巨人OBの松井秀喜氏(43)が臨時コーチとして

6日、古巣の宮崎春季キャンプに16年以来となる合流を果たした。

午前11時ごろから室内練習場で選手の動きを確認し、

ブルペンではあいさつに来た畠に「去年は後半で6勝して頑張ったね」と激励。

【写真】巨人小林に打撃指導する松井臨時コーチ

 全体練習の打撃練習は観察を続けたが、

特打で小林の元に歩み寄り、下半身の使い方などを指導した。

「バッティングフォームで気になったところがあったので伝えた。

彼が少しでも成績を伸ばせば、それが巨人の得点につながるわけだから」。

指導第1号として小林を選んだ理由に

「忘れちゃったよ。最近すぐ忘れちゃうんだよ。やばいかな? 」と笑いながら、

とぼけていた。

 

 

 西武高橋朋己投手(29)が6日、ブルペン入りし、56球を投げた。

 この日は第2クール初日。

第1クールも4日間全てブルペン入りしており、

キャンプ初日から毎日、入っている。

「(キャンプ終了まで)毎日、入りますよ。今は6、7割の力で50球。

第3クールからは全力で投げて、球数を減らします」と明るく話した。

 16年7月に左肘内側側副靱帯(じんたい)再建手術を受けた。

長期のリハビリをへて、昨秋に1軍復帰。

今季は、再び勝利の方程式に入ることが期待されている。

 

 

 <今日の一番>

 阪神岩田稔投手(34)が6日、

沖縄・宜野座キャンプで4度目のブルペン入りし、200球を投じた。

【写真】阪神岩田の独自古風トレ、基礎固めの1本歯げた散歩

 この日は1軍キャンプに参加している投手20人で、

能見以外の19投手がブルペン入り。

その中で誰よりも長く、ブルペンで汗を流した。

 春季キャンプ第2クールの初日に200球を投じ

「考えてやっているので」と一言。

誰よりも多く投げ込んだにも関わらず、さらっと話す岩田投手が、今日のイチバン!

 

 

 ソフトバンク育成3年目右腕、野沢佑斗投手(20)が

6日、キャンプ休日を挟んで練習日5日連続でブルペン入りした。

【写真】色紙に「強気」としたためあいさつする野沢

 この日もサイドスローからテンポよく投げ込んだ野沢は

「今日はあまり良くなかった。

試合だとボールが良くない中でも抑えないといけない。

良くないなりに、何ができるかを考えて投げました」と振り返った。

 野沢は昨季2軍で42試合に投げ、防御率1・02をマーク。

今キャンプでも、第1クール終了時に工藤監督から

「目立った若手」として名前を挙げられていた。

中継ぎとして支配下を目指す若鷹が、猛アピールしている。

 

 

 広島ドラフト1位の中村奨成捕手(18=広陵)が

6日、初の屋外フリー打撃に臨んだ。

2軍キャンプは山口・岩国市などから場所を移し、

宮崎・日南市での初日。

発表された観衆は800人で、

テレビカメラ10台に報道陣60人が視線を送った。

ここ数年の2軍キャンプでは一番と言えるほどの注目度だった。

【写真】広島1位中村奨成は髪より野球「卒業式まで丸刈り」

 そんな中、打撃マシン以外にも佐藤、横山と対戦して26スイング。

柵越えはなしに終わった。

「狭いところ(室内)で打っていたので、

広いところで打つのが感覚が違った。

もっといい打球を打てるようにしたい」と成長を誓った。

 ブルペンでは新人3投手の球を受け、

倉バッテリーコーチからキャッチングを細かく指導された。

ドラフト2位山口翔投手(18=熊本工)には

「ナイスボール! 今日イチ」と声を出すなど積極性も目立った。

シートノックでは矢のような二塁送球など、自慢の強肩を披露した。

 日南の初日を終えると、宿舎での全体ミーティングに向かった。

「岩国より長い時間練習したので、充実した1日だった。

本職はキャッチャーなので、守備の方で信頼を得られるようになりたい」

と意気込んだ。

 

 

 久米島にようやく太陽の光が差し込んだ。

キャンプ第2クール初日の6日、今キャンプ一番の晴れ模様となった。

1月30日に久米島に入ってから、

離島ならでは? のぐずついた天気が続いていた。

【写真】「厳しさと威圧感を継承しながら」/梨田監督

 楽天梨田昌孝監督(64)も「やっといい天気になりましたね」と笑顔を見せた。

それでも吹き荒れる風は変わらず。防寒着は欠かせません。

 

 

 ロッテ涌井秀章投手(31)が第2クール初日の6日、

今キャンプ「1球目」を投じた。

【写真】自主トレでランニングするロッテ涌井

 初めてブルペンに入り、立ち投げで約30球。

じっくりと感触を確かめるように投げた。

今季は海外フリーエージェント(FA)権を行使して

米大リーグ移籍を目指したが残留。

他の投手のような第1クールからの実戦登板は免除されたが、

井口監督から「いつも(例年)より少し早い調整はしていこうか」

と注文を受けていた。

 

 

 <今日の清宮くん>

 第2クール初日。

日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(18=早実)は、

痛めている右手親指の影響で、

現地時間8日(日本時間9日)までの第2クールも打撃練習は行わない方針。

守備や走塁で汗を流し、昼食後にはトレーナーと一緒に走り方を矯正するなどした。

【写真】日本ハム清宮はノックではつらつとした笑顔を見せる

 この日は、思いがけない訪問者があった。

昨季シーズン最多セーブの日本記録をマークしたソフトバンクのサファテが、

日本ハムが1次キャンプを行う米アリゾナの施設をふらりと訪れ

「清宮?もちろん、知っているよ。対戦が楽しみ。

真っすぐは投げないけどね」と、勝負を切望。

これには、清宮も「うれしいですね」と喜び、故障からの早期復活を期していた。

 

(日刊スポーツ)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン:第四話『君は道具でなく、その名が似合う人になるんだ』感想

・ヴァイオレット・エヴァーガーデン:第四話『君は道具でなく、その名が似合う人になるんだ』あやめよ、すみれよ、祈りを吸い上げ、美しく咲き誇らんことを。殺戮の犬が人の世に混じり、不器用な牙で真心を咥え上げていく物語も第四話目。ヒールの似合わない褐色のサンドリヨン・アイリスに同行して、家族と故郷を学んでいくお話でした。 強がって自分を隠すアイリスと、あまりにも真っ直ぐに事実だけを口にするヴァイオレット。第1話から噛み合わない様子を見せていた二人が、美しきカザリの風土に包まれ、『家』の中だけに許された衝突と和解を呼吸しながら、お互いに接近し、理解していく。美しすぎる銀腕の人形の不器用な生き直しに付き合…