冬季五輪・平昌2018直前情報

 フィギュアスケート男子で金メダル候補のネーサン・チェン(米国)が

7日、本番会場のサブリンクで初練習した。

右足首負傷から復帰するライバル、羽生結弦(ANA)との争いについては

「彼の状況は分からない。

自分ができることに集中して、良い演技をするだけ」と冷静に話した。

 初練習では4種類の4回転ジャンプを中心に調整した。

1月の全米選手権で回避したルッツに関しては

「たぶん(入れる)」との考えを示し、

フリーでの4回転は

「練習での自分の感覚と成功率にもよるが、おそらく4本か5本」と話した。

 今季はロシア杯で羽生、

グランプリ・ファイナルでは宇野昌磨(トヨタ自動車)を破るなど、

出場した5試合で全て優勝した。

初の五輪で頂点も狙える状況に、重圧もかかる18歳。

「そのことは考えないようにしている。やってきたことを出すことに注力する」

と自分に言い聞かせていた。

 

 

 開会式を2日後に控えた7日、平昌五輪の聖火リレーが大詰めを迎えた。

7日はアルペンスキーのスピード系会場がある旌善で行われ、

競技が実施される地域に初めて聖火が入った。

8日はスケート会場が集まる江陵、開会式当日の9日は平昌でリレーされる。

 聖火は昨年11月1日にギリシャから韓国に到着。

韓国内で101日をかけ、

開催年にちなんで2018キロを人口の1万分の1に当たる7500人でつなぐ。

日本からは今回、

競泳で五輪2大会連続2冠の北島康介さん、

フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫さんらが走者として参加した。

 9日の開会式では聖火台への点火がクライマックスとなり、

最終点火者や演出が今回も注目を集める。

韓国メディアでは、

2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストの金妍児さんが

起用される可能性が話題になっている。

 

 

 韓国で開催される平昌冬季五輪は8日に2競技が行われ、

冬のスポーツの祭典が始まる。

9日には午後8時から屋外の平昌五輪スタジアムで開会式が行われ、

厳しい寒さの下で華やかに開幕を宣言する。

大会は25日まで、7競技102種目でメダル争いを繰り広げる。

 8日にはカーリングの新種目、混合ダブルスが午前9時すぎからスタート。

1次リーグで米国と対戦する「ロシアからの五輪選手(OAR)」に注目が集まる。

国際オリンピック委員会(IOC)は組織的ドーピングが認定されたロシアに対して、

国を代表した参加を禁じた代わりに、

厳しい基準を満たした選手に限って個人資格での出場を認めた。

 日本勢は夜9時半に始まるジャンプ男子の個人ノーマルヒル予選に出場。

4人がエントリーし、

冬季五輪で史上最多8度目の出場となる45歳の葛西紀明(土屋ホーム)も入った。

極寒のナイタージャンプで、全員が10日の本戦進出を目指す。

葛西は9日の開会式で選手団の旗手を務める。

 IOCから特例で五輪参加を認められた北朝鮮は、

開会式で韓国との合同入場が予定されている。

7日には北朝鮮の応援団が陸路で韓国入りした。

聖火リレーはアルペンスキー会場のある旌善に入り、

開会式での最終点火が刻一刻と近づいた。

 

 

 ボブスレー女子2人乗りのジャマイカ代表が7日、本番会場で初練習した。

東京都大田区の町工場を中心に製作した

日本の「下町ボブスレー」を無償で提供されたチーム。

五輪本番で使用する契約を破棄したことが明らかになったが、

選手に悪びれた様子はなかった。

 パイロットのジャズミン・フェンレイターは

「素晴らしい練習になった。特別な舞台にわくわくしている」と明るい笑顔を見せた。

コースを疾走したのは、昨年12月から使うラトビア製そり。

真っ白なボディーの先端と、後方にジャマイカ国旗があしらわれていた。

「とてもよく滑る。競技力の高いそり」。

日本製から変わったことについては

「私から何も言えない。ジャマイカの連盟幹部に聞いて」と受け流した。

 下町ボブスレーのプロジェクト推進委員会は、

今月2日に担当者5人を平昌に派遣。

交渉は決裂していたが、翻意する可能性を信じて乗り込んだ。

4日にジャマイカ連盟幹部と会った際に言われたのは、

「それは、われわれのそりではない」。

説得する余地はなく、諦めて帰国の途に就いた。

 推進委は損害賠償を請求する方針。

それでも20日に始まる本番には、韓国までジャマイカを応援に来るつもりという。

「そりを変えたのは選手の意思ではないのかもしれない。

一緒に泣き、笑ってきた仲間だから頑張ってほしい」。

関係者は複雑な胸中を明かした。

 

 

 平昌五輪の聖火リレーに

7日、時事通信の飯塚大輔記者(41)がランナーとして参加した。

場所はアルペンスキーのスピード系競技会場がある旌善。

祭りのようににぎわう山間部の街でトーチを掲げ、

沿道から歓声を浴びた貴重な体験を記した。

 担当区間の開始時間は午前10時半すぎ。

3時間前に町外れの招集場所で説明を受けた。

驚いたのはトーチのずっしりとした重量感。

鉄とアルミでできた長さ70センチ、重さ1.3キロの代物。

表面が滑らかで、手袋をして握っても滑り落としそうな不安を覚えた。

 周囲はほとんど山ばかりの旌善だが、

バスで街に着くと予想以上の人だかり。

踊りと大音量の音楽、太鼓などで聖火を迎えていた。

担当区間でバスから降りると、近くの人が手を振って声を掛けてくれる。

こちらはマイナス5度の寒さと緊張のせいか、

自分で笑顔がこわばっているのを感じた。

 5分もしないうちに前の走者から火が移された。

わずか200メートルほどの距離を3分で移動するため、

リレーといってもほとんど歩いているようなもの。

カメラが積まれた前方の車にペースを合わせるよう関係者に指示されたが、

声援に応えようと沿道に気を取られると何度か注意された。

ようやく慣れたと思ったところでゴール。初めての体験はあっという間だった。

 五輪という一大イベントを迎える韓国の人たちの歓喜や熱狂を間近に感じた。

競技外の話題が多い大会だが、聖火台に点火されるとともに、

選手が主役の五輪となることを願いたい。

 

 

 カーリング混合ダブルスは1次リーグが始まる。

五輪で実施されるのは初めて。

男女1人ずつの2人で組み、通常の1試合10エンドに対して8エンドで実施。

あらかじめ両チーム1個ずつ石を置いた状態で始めるなどの違いがある。

日本は出場権を逃し不出場。

第1日は「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場のペアが米国、ノルウェーと争う。

強豪スイスなども登場。

 ジャンプ男子は個人ノーマルヒル予選。

7日の公式練習では、

風が強めに吹きつけるジャンプ台であることが改めて確認された。

コンディションの有利不利が働きそうだ。

葛西紀明、小林潤志郎ら日本勢4人にとって、通過は最低限の目標。

10日の本戦に向けて修正点を探りたい。

 

プロ野球キャンプニュース(2/7)

 日本ハム中田翔内野手(28)が

5日と6日(日本時間6日と7日)に

米アリゾナ州スコッツデール市内の病院で

MRI検査を受け、右肩の炎症と診断された。

【写真】日本ハム中田ランボルギーニ「乗り飽きてる」

 参加中の米アリゾナキャンプでは

8日までの第2クール期間中はノースロー調整。

10日からの第3クールからスローイングを再開見込み。

1月の自主トレ期間から患部に違和感を抱えていた中田は

6日の練習でスローイングを回避。

この日も同様で、打撃練習は通常通りに消化していた。

 

 

 オリックス西野真弘内野手(27)が7日、練習を欠席した。

前日6日に体調不良を訴え、宮崎市内の病院でへんとう炎と診断された。

 西野は発熱のため、キャンプ初日の練習を欠席。

翌2日からは練習に復帰していた。

 

 

 ロッテ涌井秀章投手(31)が7日、

沖縄・石垣島キャンプで2日連続ブルペンに入った。

【写真】涌井は押切もえを携帯カメラでパシャ

 初ブルペンとなった前日は捕手を立たせて、

この日は捕手が立て膝した状態で32球を投げ、

ストレートの感触を確かめた。

他の投手陣と異なり、マイペース調整を任されている。

「まだ第2クールなんで、

実戦が始まるまでは自分のやりたいことをやって、

とりあえず開幕に照準を合わせてやっていく。

この時期に遅いとか言われても、

最終的にそこに投げられればいいと思っているので、

流されずにやりたいです」と話した。

 

 

 中日松坂大輔投手(37)がまた段階を1つ上げた。

 7日、沖縄・北谷キャンプで3度目のブルペン投球。

天候に恵まれたこともあってか、最初から捕手を座らせた。

カーブをまじえながら66球を投げ込んだ。

前回5日のブルペンでは最後の7球だけ捕手が座ったが

「次は(最初から)座らせたい」と話していた通りに、段階を進めた。

【写真】松坂やせた!スリムな体に決意の表れ

 キャンプ初日から報道陣、ファンが殺到したフィーバーが続いている。

第2クール初日のこの日から

球団はプラスアルファの警備員をまた1人増員して2人に。

大きな混乱なく練習メニューは消化された。

 

 

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が7日、

阪神の宜野座キャンプを訪れ、紅白戦を視察した。

【写真】オーストラリア戦のメンバーを発表する侍ジャパン稲葉監督

 印象に残った選手として、

3安打を放った2年目の大山悠輔内野手(23)を真っ先に挙げ

「3本のヒットを打ちまして、

非常に長打力というのは期待している部分はありますけど、

ライト前に追い込まれながらも打つという、

いいものを見せてもらいました」と高評価した。

 金本監督からは中谷将大外野手(25)を推薦され

「ヒットを1本打ちましたけど非常にパンチ力もありますし、

守備も今日はライトとセンターと両方できるということで、

注目していきたいと思います」と印象を話した。

 2回2失点の藤浪晋太郎投手(23)については

「今年はピッチングフォームを少し変えたということで、

今はいろいろ見つけている最中なのかと。

球も安定している」と復調を期待していた。

 

 

 楽天のドラフト1位の近藤弘樹投手(22=岡山商大)が

7日、沖縄・久米島キャンプ初のフリー打撃に登板した。

【写真】ブルペンで投球練習をする楽天近藤

 内田と田中に投げ、

田中には場外弾を浴びせられたものの順調な滑り出しを見せた。

「体の使い方を意識した。打者を立たせた方が、マシンと違って燃える」。

ブルペンでは佐藤投手コーチから体の使い方を指導されている。

近藤は「おじぎしていると言われる。

体が一直線に投げたい方向に向いていない。

時間がかかるけど、どんどん取り入れていきたい」と話した。

 投球を見守った梨田監督は「実戦向きだね」と評価した。

 

 

 巨人菅野智之投手(28)が宮崎春季キャンプ第2クール2日目の7日、

今キャンプ最多の108球を投げ込んだ。

座った捕手に直球、カーブ、新球のシンカーなどを交えた。

【写真】巨人菅野リーダーの自覚、監督のパイプ役で環境作り

 投球数の多さを

「体を起こす作業も必要だと思う。

沖縄に行ったらもっと投げると思いますし、

次にいつブルペンに入るか分からないですけど、

球数よりも質を上げていきたい」とした。

 また宮崎の気温が例年に比べて低いことに関して

「こういう環境に置かれている以上、適応していかないといけない。

マイナスに考えたらキリがない」と受け止め、

出来る調整をしっかりとしていくとした。

 

 

 広島アドゥワ誠投手(19)が7日、

今キャンプ初めて行われたシート打撃に登板し、

主力相手に堂々とした投球を披露した。

【写真】キャッチボールする広島アドゥワ

 5投手が登板したシート打撃の1人目だったアドゥワは、

いきなり広島の攻撃の顔「タナキクマル」を迎えた。

田中をチェンジアップで二塁へのゴロに打ち取ると(二塁手が後逸)、

続く菊池も二塁ゴロ。

丸は左翼飛に仕留めた。

さらに松山をブレーキの利いた外角カーブで空を切らせた。

 その後も安部や西川、会沢らを打ち取ったアドゥワは

打者10人に対し39球、1安打1三振1四球で終えた。

力のある真っすぐだけでなく、

緩いカーブやチェンジアップなどの変化球も決まり、

結果だけでなく内容でもアピールした。

「低めに強い球を投げられた。

主力の選手と対戦できたのはいい経験になる」。

沖縄2次キャンプ参加へ向けて、

次のクールで予定される紅白戦にはずみをつけた。

 

 

 <今日の一番>

 ソフトバンクの左腕飯田優也投手(27)が

7日、宮崎春季キャンプA組の打撃投手一番乗りで投げた。

【写真】投球練習を行うソフトバンク飯田

 左打者の高谷には26球で安打性2本、

右の甲斐には28球を投げ安打性は5本だった。

最初は踏み込んだ足場が悪く、ストライクが入らなかったが、

球数を投げるにつれてセットポジションから力強い球を投げ込んだ。

甲斐には、現在挑戦している2段モーションで投げた。

 「投げる形を意識して投げた。フィニッシュは崩れなかった。

昨年のように引っかけることもなかった。

2段モーションは体も突っ込まなくてよかった。

最初にしてはよかった」と話した。

 制球に苦しみ、夏場に2軍生活を続けるなど

19試合にしか登板できなかった昨年。

ひそかにヤフオクドームに捨てられていたネコを拾い、

「ニャーゴ」と名付けかわいがった。

だが「僕、猫を拾ってからネコアレルギーって知った。

くしゃみが止まらなかった」。

かわいいニャーゴは知人に譲り、現在は再び独身生活。

野球で結果を出すことに燃えている。

 2段モーションの新フォームが定着すれば、

常時150キロの力で押せる中継ぎとして、1軍定着も見えてくる。

 

 

 ヤクルトに7年ぶりに復帰した青木宣親外野手(36=前メッツ)が

春季キャンプ(浦添)第2クール初日の7日、チームに合流した。

背番号23のユニホーム姿で登場すると、練習前にチームメートの前へ。

「よっ!」という歓迎の声が起こる中、あいさつした。

【写真】背番号「23」を披露するヤクルト青木

 青木 7年ぶりの復帰になります。

知っている人も知らない人もいますけど、

早くチームになじめるように取り組んでいきたいと思います。

あと、アメリカナイズされているので

日本のしきたりとか少し忘れているかもしれません。

先輩ですけど、ガンガンいじってくれていいので、よろしくお願いします。

 青木が話し終えると、この日一番の大きな拍手が起こり、

「ルーキー!」との声が飛びかうなど、温かいムードで迎えられた。

 練習では、はつらつとした動きを見せた。

ベースランニングでは軽快な走塁を披露。

シートノックには加わらなかったが、

一塁付近から声を張り上げて仲間を鼓舞するなど、

すぐにチームに溶け込んでいた。

 ランチ特打では、6年間のメジャー生活で磨き上げた打撃を披露した。

112スイングで、5本の柵越え。鋭い打球を連発した。

「気持ちよくできましたし、昔を思い出しながら楽しんでできた。

シートノックは米国にない雰囲気が個人的に良かった。

声を出すことはまずないので気持ちよかったです。

活気があって。体が動ける状態にある。思ったより良かった。

久しぶりに外で打ったけど、問題なく実戦に入っていけそう。

もう少し練習をこなしていけば」と納得の表情だった。

 小川淳司監督(60)は「さすがメジャーリーガーだな」と表情を崩した。

「初めての外のフリー打撃で確実に芯で打っている。パンチ力もある。

意欲的にベースランニングもこなして、合流は近いのかなと。

今日やって明日、体がどうなっているか。

変わりはないと思うけど、状態を見ながら今後を決めていければと思う」と語った。

 

(日刊スポーツ)