平昌五輪会期前競技ほか

 平昌冬季五輪は8日、翌日の開会式に先駆けて競技が始まった。

日本勢は夜間に行われたジャンプ男子の個人ノーマルヒル予選に登場。

冬季五輪で史上最多8度目の出場となる45歳の葛西紀明(土屋ホーム)ら4人が

10日の本戦進出を決めた。

 9日には午後8時から屋外の平昌五輪スタジアムで開会式が行われ、

観客に防寒対策を施して華やかに開幕する。

開催国の韓国と、特例で参加を認められた北朝鮮の選手団が

「コリア」として同時入場するのが大きな話題。

北朝鮮は8日、江陵の選手村に応援団を招いた入村式に臨んだが、

同じ日に首都・平壌では軍事パレードが行われた。

 8日に行われたカーリングの新種目、混合ダブルスの1次リーグでは、

個人資格で出場した「ロシアからの五輪選手(OAR)」が登場した。

国際オリンピック委員会(IOC)は

組織的ドーピングが認定されたロシア選手団の参加を禁じた代わり、

厳しい基準を満たした選手に限り出場を認めている。

 大会は25日まで、7競技102種目を実施。

2桁のメダル獲得を狙う日本選手団は、

9日にフィギュアスケート団体、

フリースタイルスキーのモーグル男女予選に出場し、冬のスポーツの祭典を彩る。 

 

 

 

 フィギュアスケート団体が始まり、

男子とペアのショートプログラムが行われる。

男子は羽生結弦が負傷した右足首の状態を考慮して回避し、

宇野昌磨が出場。

米国のチェン、カナダのチャン、

OARのコリャダらとの得点争いは小差で激しくなりそうだ。

ペアは須崎海羽、木原龍一組が登場。

 フリースタイルスキーは男女モーグルの予選。

男子は昨季世界選手権2冠の堀島行真と遠藤尚、西伸幸、原大智が挑む。

堀島は1月20日のワールドカップで初優勝。

予選から金メダル候補のキングズベリー(カナダ)に重圧をかけたい。

前回ソチ五輪まで5大会連続で入賞している女子は、

村田愛里咲が予選突破を目指す。

 平昌五輪スタジアムで夜8時から開会式が行われ、冬の祭典を彩る。

 

 

 カーリングは8日、混合ダブルスの1次リーグが行われ、

ロシアからの五輪選手(OAR)のペアは米国に3―9で敗れ、

黒星スタートとなった。

韓国がフィンランドを9―4、スイスが中国を7―5、

ノルウェーがカナダを9―6で破った。日本は出場していない。

 1次リーグは8チームが総当たり戦を行い、

上位4チームが準決勝に進出する。

 

(時事通信)

プロ野球キャンプニュース(2/7)

 あれれ…1人だけユニホームが違う…。

 7年ぶりにヤクルトに復帰した青木宣親外野手(36=前メッツ)が

8日、合流2日目となった沖縄・浦添キャンプでユニホームのズボンをはき間違えた。

【写真】佐知夫人と仲良くポーズをとる青木宣親

 他の選手は白地に緑のラインが入ったビジター用を着用していたが、

青木は1人ストライプ柄のホーム用を履いて登場。

 ウオーミングアップ前の円陣で突っ込まれ、笑いがわき起こった。

ストレッチの最中に慌てて履き替えに行って再登場。

前日には「先輩ですけどガンガンいじってくれていい」と宣言した通り、

早速明るいムードにつつまれた。

 

 

 中日松坂大輔投手(37)は8日、

今キャンプ2度目の完全ノースローで1日を終えた。

【写真】増員された警備員にガードされ移動する松坂

 キャッチボールに参加せず、白球を握ったのは投手ノックの間だけ。

各塁への送球も、ごく軽いものにとどめた。

前日7日にブルペンで66球を投げており、当初から決めていた通り肩を休めた。

 キャッチボールすらしない調整法は米国では珍しくないが、

メジャー経験がある松坂でも、ここまで徹底するのは初めて。

「オフからトレーニングを含め、新しいことを試している」と説明し、

故障歴のある右肩のケアに取り組んでいる。

 

 

 <今日の一番>

 広島野村祐輔投手(28)が8日、

ブルペン一番乗りで100球を投げ込んだ。

【写真】広島野村、完全なエース目指す「任される投手に」

 この日も独自の調整法で投球練習をスタートさせた。

捕手からすぐに返球してもらい、間を空けずに10球続けて投げる。

約1分20秒の間に10球。インターバルを置いて、5セット繰り返した。

「体に覚えさせるためで、良い投げ方と悪い投げ方が分かりやすい」。

例年春季キャンプ序盤に行う調整法でフォームを体にたたき込んだ。

 51球目からは10球続けてカーブを投げ、

その後の10球は真っすぐとほかの球種のコンビネーションを確かめた。

最後はセットポジションから10球3セット。

「だいぶしっくりきています」と、

計算尽くされた100球に納得の表情を浮かべた。

 

 

 ソフトバンク松田宣浩内野手(34)が8日、

今キャンプ初の特守で「熱男」ぶりを発揮し、この日一番盛り上げた。

【写真】懸命なキャッチングを見せる松田宣浩

 全体練習後のサブグラウンド、

松田と水上内野守備走塁コーチが「1対1」で向き合った。

激しいノックに疲れを見せず

「ファウル、ファウル!コーチしっかり」などとヤジを入れ

「水飲んでもいいですか~」と大きな声でやりとりするたび、

ファンからは笑いが起きた。

三塁線への厳しい打球にはダイビングで好捕を繰り返し、

ユニホームは泥まみれ。

ファインプレーには拍手も起こり、ファンと一体で盛り上がった。

 松田は

「キャンプでしかできないことなんでね。声を出してやりました。

守備は1年を戦う上でも欠かせないところ。

最後は(限界を)通り越しました」と疲れを見せず、元気に振り返った。

 水上コーチは

「見ている方もやっている方も楽しい、そんな特守がやりたかった。

今日は満足です。まだまだいける。若手ですよ」と松田を絶賛していた。

 

 

 楽天

宋家豪投手(25)

菅原秀投手(23)が

久米島キャンプ第2クールの8日、一番の笑顔を見せた。

【写真】ブルペンで投球する菅原。後方は指導する佐藤コーチ

 宋家豪は前日7日までパーマをあて、

サイドを刈り込むオシャレヘアーだったが、

練習後、島内の理髪店で人生初の丸刈りに挑戦。

1500円で6ミリに変更した。

 「ゴロをとる時に、よく見えなかったから」と気合の入った姿で登場した。

菅原はキャンプ前から、丸刈り姿を貫く。

「ブラザー」と宋家豪に駆け寄り、カメラに向かってとびっきりの笑顔を見せた。

 

 

 西武の松井稼頭央(42)と中村剛也(34)が、

今キャンプ初めて内野の特守をうけた。

75分間、ほぼぶっ通しのノックを受け、ベテランの健在ぶりを見せた。

【写真】守備練習を終了し疲れた表情をする西武松井

 西武に移籍後、内野の特守を初めて受けた松井は

「もう、足が動かない。

辻監督のノックはうまくて、絶妙なとことにくるので、疲れました」

と言いながらも、さすがのグラブ裁きを見せた。

 中村も

「疲れたけど、いい練習になりました。

今キャンプではもう1回やると思います」

と疲労困憊(こんぱい)ながらも、笑顔だった。

ノッカーも守備を受ける選手も超豪華。

見応えも、文句なしの1番だった。

 

 

 午前8時19分に携帯が鳴った。

ロッテ梶原紀章広報(41)から送られてくる球団ニュースのリリースだ。

今日はバレンタイン企画

「チョコを渡したい選手」投票で成田投手が1位に返り咲いたという内容だった。

【写真】ロッテ成田翔 チョコ渡したい選手でトップに立つ

 キャンプイン後は毎朝、この時間にメールを受信する。

梶原広報は

「記者のみんなが取材に行く前、一番パソコンを使える時間を狙ってます」と話す。

早速書いて出稿した。多分、12球団イチ朝早いお知らせだと思う。

 

 

 DeNA開幕投手候補の1番人気は、やはり今永昇太投手(24)だった。

 8日に行われたアレックス・ラミレス監督(43)の早朝散歩に、

キャンプツアー参加者も同行。

約30人のと一緒に海岸沿いを歩きながら、ファンの質問に答えた。

「開幕投手は誰ですか?」。

同監督は逆質問で返し

「誰がいいと思いますか? 

4人の名前を言いますので、みなさん挙手してください」と総選挙を開始。

石田、今永、浜口、ウィーランドの名前を挙げる中で、

1位は昨季チーム最多勝の今永だった。

 

 

 日本ハムの米アリゾナキャンプで「元巨人ドラ1対決」が繰り広げられた。

全体練習後の特打で86年ドラフト1位の木田優夫GM補佐(49)が登板。

打席には08年ドラフト1位の大田泰示外野手(27)が入った。

【写真】「トナカイ木田よくやった」栗山監督が電話?

 2年ぶりに打撃投手を務めた木田GM補佐は

現役時代をほうふつとさせるダイナミックな投球フォームで

次々と直球を投げ込んだ。

大田もフルスイングで応えたが、

「木田さんの球は、けっこう動く。カットボールだった」

と手元で変化する“くせ球”に苦戦した、

 木田GM補佐は太田賢吾内野手(21)にも投げて

計15分間で100球以上を投げ終えると、

精根尽き果ててグラウンドにあおむけに。

「疲れた。本当にやめときゃ良かった。投げるなら、また2年後に」と、苦笑い。

この日一番の熱投は、元メジャーリーガーの底力が垣間見えた。

 

(日刊スポーツ)