プロ野球キャンプニュース(2/12)

 <今日の一番>

 上半身のコンディション不良からの復帰を目指す

ドラフト1位の鍬原拓也投手(21=中大)が

12日、沖縄3軍キャンプで4度目、

9日以来となるブルペン投球を行った。

 座った捕手へストレートのみを43球。

内外角のコースを指定し、力強いボールを投じた。

これまでは立ち投げ、中腰、座りと段階を踏んできたが、

立ち投げから直接座った捕手へ投げ込んだのは初めて。

順調な調整ぶりを見せたが

「まだ自分の中ではボールがばらついている。

いいボールもありましたが、コントロールを高めていきたい」

と口元を引き締め、厳しい自己評価を下した。

 

 

 「怪童」の異名を取った中西太氏(84=日刊スポーツ評論家)が

12日、オリックスの宮崎キャンプで熱血指導だ。

 打撃練習をする若月、杉本らに身ぶり手ぶりで打撃理論を注入。

本塁打王5度獲得したレジェンドからのレクチャーを、

20代の若手選手も真剣な表情で聞き入っていた。

 中西氏は

「(昼食の)うどん食わしてもらったから(指導した)」と遠慮気味だったが、

球場の誰よりも目立っていた。

 

 

 広島日南キャンプ第3クール3日目の12日、

中崎翔太投手(25)がブルペンを独り占めした。

 この日ただ1人ブルペン投球を行った右腕は、

真っすぐや変化球を3球ごとに投げ、最後は真っすぐを連続8球で締めた。

 計50球はスライダーやシュートだけでなく、カーブ、チェンジアップも交えた。

「真っすぐがだいぶ指にかかってきたので。

これから実戦も入ってくるので、このクールで投げておきたかった」。

孤独なブルペン投球には

「やめておこうかなと思いましたが、入っておこうと」と笑って振り返った。

 

 

 阪神で昨年一番勝った阪神秋山拓巳投手(26)が

12日、沖縄・宜野座キャンプで行われた紅白戦に先発した。

【写真】ソロ本塁打を放ちナインとハイタッチするロサリオ

 ロサリオにソロを浴びた以外は安定した内容。

球速も140キロ台前半をコンスタントに出し、2回1安打1失点に抑えた。

習得を目指すチェンジアップも試投した。

 昨季12勝と飛躍した右腕。一番の注目はロサリオとの対戦だった。

「ロサリオに打たれた球だけは(直球が)シュート回転しました。

シーズン中にはない配球だったけど、1球でしとめたので、頼もしかったです」。

実際に対戦し、新主砲への期待を一番感じた一人かもしれない。

 

 

 ヤクルトのドラフト2位大下佑馬投手(25=三菱重工広島)が

12日、春季キャンプ(浦添)で初めて打撃投手を務めた。

【写真】打撃投手を務めたヤクルト大下

 広岡と藤井を相手に合計38球を投じた。

最速は137キロで、97キロだったカーブとの緩急差は40キロと、

新人で最も実戦向きという評判の片りんをのぞかせた。

 だが、納得がいかなかったのか、登板後にはブルペンに向かい、

100球の“おかわり”投球練習を実施した。

大下は「まだまだです。ボールが高かったりした。

初めて打者に投げたので、これからです。

とにかく左右、低めを意識して、続けていきたい」と表情を引き締めた。

 

 

 日本ハム堀瑞輝投手(19)が11日(日本時間12日)、猛反省した。

 米アリゾナキャンプ第3クール2日目、打撃投手を務めた。

今キャンプで初めて、打者と対戦も制球は荒れ気味。

「めちゃくちゃでした。全然コントロールできなかった。

バッターの人に申し訳ない」と悔しがった。

昨季のドラフト1位左腕は、

今季初実戦登板を13日(同14日)の韓国・LG戦(スコッツデール)で迎える予定。

「次はしっかりバッターと勝負したい」と、悔しさをバネに好投を誓っていた。

 

 

テトラドラクマ スタート決まり、逃げ切り勝ち

「デイリー杯クイーンC・G3」(12日、東京)

 3番人気のテトラドラクマが後続を突き放して押し切った。

好発からじわりとハナをうかがうと、

外からアルーシャにプレッシャーをかけられる形に。

それでも直線でさらに四肢の回転数が上がり、

真っ先にゴールを駆け抜けた。

勝ちタイムは1分33秒7。

2着は5番人気のフィニフティ。

3着には7番人気のアルーシャが入った。

 田辺は

「逃げも考えてはいましたが、

とりあえずリズム良くいければいいなと。

スタートも良かったので、たまたま逃げる形に。

センスのいい馬で、どんな相手でも頑張ってくれますね。

このまま行ってくれれば」と満足そう。

くしくも鞍上はきょう12日が34歳の誕生日。

“ダブルでおめでとうございます”と祝福されると、

「ダブルでありがとうございます」と返していた。

エンタメ要素満載のCS:GO大会『cs_summit 2』でTeam Liquidが優勝、パロディポスター、食レポ、次回予告ムービー公開

cs_summit

エンタメ要素満載のユニークなCS:GO大会『cs_summit 2』で United States Team Liquidが優勝しました。

CS:GO大会『cs_summit 2』

『cs_summit2』は、動画配信や大会運営などを展開する『Beyond the Summit』が、アメリカ・ロサンゼルスのスタジオで開催したCS:GO大会です。

本大会には招待7チームと2017年12月に開催された『LOOT.BET Cup 2』の優勝チーム(Mousesports)を合わせた8チームが出場。今回も、各選手の写真を組み合わせて作られたパロディポスター、食レポ、出場選手が登場する試合コメンタリなど、通常のCS:GO大会とは異なる要素満載で楽しませてくれました。

振り返りまとめ動画

チームポスター

ジャンクフード 食レポ

この他の動画は、YouTubeの再生リストにまとめられています。

順位

  • 1位: United States Team Liquid – $63,750
    • nitr0, EliGE, Twistzz, steel, NAF
  • 2位: United States Cloud9 – $33,750
    • Skadoodle, Stewie2K, autimatic, RUSH, tarik
  • 3位: Brazil SK Gaming – $19,500
    • FalleN, fer, coldzera, TACO, boltz
  • 4位: Denmark Heroic – $15,000
    • MODDII, Snappi, niko, JUGi, es3tag
  • 5-6位: United States Torqued – $5,250
    • AZK, swag, Pollo, steel, koosta
  • 5-6位: Denmark North – $5,250
    • MSL, aizy, valde, mertz, Kjaerbye
  • 7-8位: Russia Vega Squadron – $3,750
    • jR, mir, chopper, hutji, keshandr
  • 7-8位: Sweden Ninjas in Pyjamas – $3,750
    • f0rest, GeT_RiGhT, Xizt, draken, REZ

ファイナル

  • United States Team Liquid [3-2] United States Cloud9
    • United States Team Liquid [0-1(アドバンテージ)] United States Cloud9
    • United States Team Liquid [19-17] United States Cloud9
    • United States Team Liquid [16-08] United States Cloud9
    • United States Team Liquid [11-16] United States Cloud9
    • United States Team Liquid [16-10] United States Cloud9

※勝者側トーナメントを勝ち上がったUnited States Team Liquidは1マップ分の勝利がアドバンテージとして与えられています。

CONGRATULATIONS TEAM LIQUID! #cs_summit pic.twitter.com/7McXTeFCDQ

— Beyond the Summit (@BeyondTheSummit) 2018年2月12日

配信アーカイブ

『cs_summit 3』開催予告ムービー

早くも次回『cs_summit 3』が2018年10月11~14日に開催が決定しています。

情報元

公式大会『PUBG JAPAN SERIES』αリーグDay2でSunSister Suicider'sが総合1位に

pubg-japan-series

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』公式大会『PUBG JAPAN SERIES』αリーグDay2で Japan SunSister Suicider’s が総合1位となりました。

公式大会『PUBG JAPAN SERIES』αリーグ

『PUBG JAPAN SERIES』は、ゲームを展開するPUBG Corp.と協業するDMM GAMESがプロリーグ設立を目指して開催する公式大会です。

その準備大会となるαリーグが、千葉県・幕張メッセで行なわれている「闘会議2018」会場にて、事前予選を勝ち抜いた20チームが出場してスタートしました。

Day 2 結果

Round 4 – ドン勝(1位) Japan ESC-GAMING

round4

Round 5 – ドン勝(1位) Japan SunSister Suicider’s

round5

Round 6 – ドン勝(1位) Japan DetonatioN Gaming

round6

総合順位(Day2時点)
day2-result

※カッコ内はDay1からの変動順位

  • 1位(+1): 1955pt Japan SunSister Suicider’s
  • 2位(-1): 1,885pt Japan Rascal Jester
  • 3位(―): 1725pt Japan 野良連合 Rosso Bianco
  • 4位(+3): 1670pt Japan Zoo Gaming / Penguin
  • 5位(+6): 1655pt Japan CYCLOPS athlete gaming
  • 6位(―): 1395pt Japan 野良連合 白虎隊
  • 7位(+8): 1385pt Japan DetonatioN Gaming
  • 8位(-3): 1305pt Japan Crest Gaming windfall
  • 9位(+1): 1295pt Japan V3 FOX
  • 10位(-2): 1290pt Japan Sengoku Gaming Destroy
  • 11位(-7): 1285pt Japan USG-Hyster1cJam
  • 12位(-3): 1125pt Japan AKIHABARA ENCOUNT GG
  • 13位(+6): 1095pt Japan SCARZ
  • 14位(+6): 1085pt Japan ESC-GAMING
  • 15位(+3): 1080pt Japan JUPITER NOVA
  • 16位(―): 1065pt Japan バナナマン
  • 17位(-3): 1050pt Japan Astro 9
  • 17位(-5): 1050pt Japan Oracle
  • 19位(-6): 980pt Japan PUBGRU
  • 20位(-3): 825pt Japan DT SBELLION

上位3チームは安定して好成績を獲得。5位と6位のあたりでスコアが開き始めました。
入れ替え戦の対象となる15位・16位のあたりは10ポイント前後でチームがひしめき合う状況となっています。「フェイズ1」では2/17(土)に3試合を実施するため、いまのところどのチームにも「フェイズ2」進出確定の15位までに入るチャンスがあります。

ポイント配分

  • 1位: 500pt
  • 2位: 400pt
  • 3位: 350pt
  • 4位: 310pt
  • 5位: 270pt
  • 6位: 250pt
  • 7位: 230pt
  • 8位: 210pt
  • 9位: 190pt
  • 10位: 170pt
  • 11位: 150pt
  • 12位: 140pt
  • 13位: 130pt
  • 14位: 120pt
  • 15位: 110pt
  • 16位: 100pt
  • 17位: 100pt
  • 18位: 100pt
  • 19位: 100pt
  • 20位: 100pt
  • 1キル: 5pt

配信アーカイブ

スケジュール

スケジュール
αリーグ スケジュール

αリーグフェイズ1

  • [終了] 2月10日(土)3戦
  • [終了] 2月11日(日)3戦
  • 2月17日(土)3戦

上位15チームが「フェイズ2」進出。
下位5チームは「αリーグ入替オンライン予選」ヘ。

αリーグ入替オンライン予選

  • 2月18日(日)4戦

フェイズ1の下位5チーム、一般募集35チームによるオンライン戦。
上位5チームが「フェイズ2」進出

αリーグフェイズ2

  • 3月10日(土)3戦
  • 3月17日(土)3戦
  • 3月24日(土)3戦

PUBG JAPAN SERIES(JPS)とは

【PJS αリーグ】PUBG JAPAN SERIES αリーグ予選における参加規約並びに大会ルール

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (DMM)

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (Steam)