冬季五輪・平昌2018・6日目

 平昌五輪第6日は14日、各競技が行われ、

日本勢が銀3、銅1のメダルを獲得した。

今大会の合計では7(銀4、銅3)となった。(時事通信)

 スピードスケート女子1000メートルでは、

世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が2位、

高木美帆(日体大助手)が3位に入り、

日本勢2人が表彰台に上がった。

高木美は1500メートルで銀を獲得しており、

冬季五輪の一つの大会で日本女子がメダルを複数獲得したのは

全競技を通じて初めて。

 ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルでは、

ソチ五輪2位の渡部暁斗(北野建設)が2大会連続の銀。

スノーボードの男子ハーフパイプ決勝でも、

平野歩夢(木下グループ)が2大会続けて銀メダルを獲得した。

 アイスホッケー女子で準々決勝進出を逃した日本は、

韓国と北朝鮮の南北合同チーム「コリア」を4―1で破り、五輪初勝利を挙げた。

コリアは3連敗。

 カーリングは男女1次リーグが始まり、日本は女子が米国に10―5で快勝した。

男子もノルウェーを6―4で破って白星スタート。

 フィギュアスケートはペアのショートプログラムが行われ、

須崎海羽、木原龍一組(木下ク)は上位16組によるフリーには進めなかった。

アルペンスキー女子回転は強風で中止された。

 

 

 スノーボードは14日、男子ハーフパイプ決勝が行われ、

2014年ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(木下グループ)が2位に入り、

2大会連続の銀メダルを獲得した。

ショーン・ホワイト(米国)が2大会ぶり3度目の金メダルに輝いた。

 平野は2回目に95.25点をマークしてトップに浮上したが、

3回目に97.75点を出したホワイトに逆転された。

世界選手権2連覇中のスコット・ジェームズ(オーストラリア)が3位。

片山来夢(バートン)は7位。

16歳の戸塚優斗(チームヨネックス)は

2回目の転倒で腰を痛めて3回目を棄権し、11位だった。

 決勝は3回演技し、最も高い得点で順位を争った。

 

 

 フィギュアスケートは14日、ペアのショートプログラム(SP)が行われ、

須崎海羽、木原龍一組(木下ク)は自己ベストの57.74点をマークしたが

21位に終わり、上位16組によるフリーに進めなかった。

 隋文静、韓聡組(中国)が82.39点で首位に立った。

北朝鮮から出場したリョム・テオク、キム・ジュシク組は

69.40点の11位でフリーに進んだ。

 

 

 カーリングは14日、男女の1次リーグが始まり、

女子はLS北見の日本が米国を10―5で破り、白星スタートを切った。

第1エンドから3エンド連続で得点して優位に進め、

第9エンド終了後にギブアップに追い込んだ。

英国、中国、スウェーデンも勝った。

 男子は、SC軽井沢クの日本が初戦でノルウェーに6―4で競り勝った。

3―3の第7エンドに2点を奪い、粘る相手を振り切った。

カナダ、スウェーデンは第2戦まで終えて開幕2連勝。

 

 

 ノルディックスキー複合は14日、個人ノーマルヒルが行われ、

渡部暁斗(北野建設)が2大会連続の銀メダルを獲得した。

エリック・フレンツェル(ドイツ)が連覇を遂げた。

 渡部暁は前半飛躍(HS109メートル、K点98メートル)で

105.5メートルを飛び、123.7点で3位。

トップと28秒差でスタートした後半距離(10キロ)で優勝争いを演じたが、

終盤に飛躍5位のフレンツェルに振り切られた。

 渡部善斗(北野建設)は12位、

永井秀昭(岐阜日野自動車)は14位、山元豪(ダイチ)は33位だった。

 

 

 アイスホッケーは14日、女子1次リーグが行われ、

B組の日本は韓国と北朝鮮の南北合同チーム「コリア」を4―1で破り、

2大会連続3度目の出場で初勝利を挙げた。

日本は既に18日の5~8位決定予備戦に回ることが決まっており、

1勝2敗の同組3位で1次リーグを終えた。

コリアは3戦全敗。

 スイスがスウェーデンに2―1で勝って3戦全勝で1位。

2勝1敗のスウェーデンは2位。 

 男子は競技が始まり、

1次リーグB組で北米リーグ(NHL)の選手が出場していない米国は

スロベニアに延長の末、2―3で敗れた。

OARもスロバキアに2―3で屈した。

 

 

 スピードスケートは14日、女子1000メートルが行われ、

世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が1分13秒82で銀メダルを獲得した。

高木美帆(日体大助手)は1分13秒98で銅メダル。

 高木美は女子1500メートルの銀に続いてのメダルで、

冬季五輪の一つの大会で日本女子がメダルを複数獲得したのは初となった。

女子1000メートルで日本勢が表彰台に立つのも初めて。

 ヨリン・テルモルス(オランダ)が1分13秒56の五輪新記録で金メダル。

郷亜里砂(イヨテツク)は13位だった。

 

 

 リュージュは14日、2人乗りが行われ、

トビアス・ウェンドル、トビアス・アルト組(ドイツ)が

1、2回目ともにトップの合計1分31秒697で優勝。

ソチ五輪から2大会連続で金メダルを獲得した。日本選手は出場していない。

 

(時事通信)

プロ野球キャンプニュース(2/14)

 <今日の一番>

 日本ハムの米アリゾナキャンプでの最後の実戦で、

1番打者を務めたのは高卒3年目の平沼翔太内野手(20)だ。

「1番三塁」で韓国・LG戦(スコッツデール)にフル出場。

1点を追う3回1死三塁の場面では同点中前適時打を放った。

 午前中は雨が降っていた。

アップ前に平沼は「今日は試合が出来ますかね」と点を見上げていた。

アスファルトが、しっかり濡れるほどの雨も「これなら試合は出来ますよね」と、

練習試合の実現を熱望。

アピールしたい思いが、結果としても結実した。

 敦賀気比時代は15年センバツで優勝投手となった。

プロ入り後に打撃センスを買われて遊撃手へ転向。

昨季までは2軍で実力を磨き、今季は初めて1軍キャンプ参加を勝ち取った。

「しっかりアピールしたい」と意気込んでいた成長株が一回り大きくなって、

16日に帰国する。

 

 

 巨人菅野智之投手(28)が14日、沖縄・糸満市内の平和祈念公園を訪れた。

国立沖縄戦没者墓苑で戦没者への祈りをささげ、献花を行った。

【写真】巨人菅野リーダーの自覚、監督のパイプ役で環境作り

 チームとしては8年連続8度目の訪問となった。

訪問を終え、「こうやって平和に生活できて野球が出来る喜び、

幸せをあらためて感じることができました。

今は野球選手として野球がいつまでできるか分からないけど、

感謝の気持ちを持ち続けたい」と平和が何よりも大切だと振り返った。

 また15日から始まる沖縄キャンプに向けて

「実戦が入ってくると思うし、気温も宮崎よりも温かい。

徐々にペースを上げていきたい。

自分のことだけでなくチームも引っ張っていきたい」と話した。

 

 

 ロッテの大嶺祐太投手(29)とチェン・グァンユウ投手(27)が

14日、今日1番の笑顔を見せた。

【写真】ロッテの大嶺祐太

 両投手はこの日、

宿舎から車で30分ほどのところにある、

生徒数が小、中学生を合わせて19人という石垣市立富野小中学校を訪問。

子供たちとキャッチボールをしたり質問に答えたりと、リラックスした時間を過ごした。

 今年1月、大嶺祐が同小中学校に近い場所で自主トレを行っていたところ、

土日は一般の利用者のためにグラウンドが使えないことが発覚。

その時、偶然通り掛かった富野小中学校の校庭のきれいな芝生を見て、

校長先生に「トレーニングに使わせてくれませんか?」と頼んだという。

今回の訪問はその時のお礼だった。

 質問タイムで子供から

「高校時代と同じくらい(プロ入り後は)野球は楽しいですか?」

と聞かれた大嶺祐は「正直言うと、高校のころの方が野球が楽しかったです。

今は仕事と考えなければならないので」と思わず本音を吐露。

イベント後には「本来は楽しくてやってきた野球なのに、忘れかけている。

それを思い出させてくれた。

キャンプはしんどいですけど、初心に戻ってできたら」と子供たちに感謝した。

 また「本気で投げたら何キロ出ますか?」と聞かれたチェンは

「最速は149キロ。150キロ? 

自信はあるので、しっかり練習してシーズンの前半に出したい」と宣言した。

 2人とも15日からの第4クールでは2軍に振り分けられた。

だが子供たちとの交流で心身ともにリフレッシュ。

また気持ちを切り替えて1軍を目指すことを誓った。

 

 

 ヤクルト小川淳司監督(60)が14日、今季一番の照れくさそうな表情を見せた。

【写真】「ハートマーク」を披露するヤクルト小川監督

 沖縄・浦添キャンプの第3クール初日の全体練習後、

バレンタインデーということで女性報道陣からチョコレートが贈られた。

「え、いいんですか? ありがとうございます」と恐縮しながら紙袋を受け取ると、

両手でハートマークを作ってほおを緩めた。

 15日の練習試合・韓国ハンファ戦(浦添)から、今季の実戦がスタートする。

チョコを受け取る数分前には

「試合になったら絶対に勝つ気でやってもらう。

おのおののテーマは必要だけど、1つのボールに執念を持って試合をやってほしい。

結果も大事だけど内容も重視しないといけない。

練習試合なので、(一塁も挑戦中の)坂口を

ファーストで途中から使うプランも考えている」と、勝負師の鋭い表情で語っていた。

 

 

 西武は14日、宮崎・南郷キャンプ第3クールを終えた。

この日、一番遠くに打球を飛ばしたのは、山川穂高内野手(26)だ。

【写真】笑顔の西武山川

 シート打撃で、ドラフト3位の伊藤翔投手(19=四国IL・徳島)と対戦。

第1打席の左前打に続き、第2打席で左越えに1発を放った。

カウント2-1から140キロの真っすぐが抜けたのを見逃さず、

左翼席中段まで豪快に運んだ。

 球界屈指の飛ばし屋だが、実戦形式で1発を放つのは今年初めてだった。

「まだ正直、シーズン中の感覚には戻っていません。当たってくれて良かった。

1本出て、ホッとしたわけではないですが、

レフト前からの良い流れで打てて良かったです」と喜んだ。

 17、18日には今年初実戦となる紅白戦がある。

「技術的なテーマは、シーズン中もずっと言っていることですが、

まず直球をはじき返すこと。どの投手であれ、そこですね。

その中で、詰まりや変化球への対応がある。練習では出来ないこと」と話した。

 練習後には、

野球選手の“まねスイング”で知られるタレントのホームランなみちと対面。

特訓してきたという、自身のスイングのまねを見せられた。

最初は「それ、僕じゃないです」と指摘。

そこから、スタンス幅や左脇を締めることなどを指導。

だんだんと似てきて、最終的には80点の評価を与えた。

 ホームランなみちは「こんなに細かく指導していただき、感激しました。

ホームランが打てそうな気がしてきました」と笑顔で話していた。

 

 

 高卒2年目の高橋昂也投手(19)が14日、ブルペンで87球の投げ込みを行った。

【写真】広島高橋昂也、フリー打撃で堂林と対戦/今日の一番

 先発した11日の紅白戦で3回無失点の好投。

アピールを続ける左腕は、

今年の対外試合初戦となる18日中日戦(沖縄)での先発も決まった。

 この日、日南キャンプを打ち上げた緒方監督は

投手陣で目立った選手にアドゥワや藤井皓とともに高橋昂の名前を挙げた。

さらに「18日の対外試合が最初なので、昂也を先発させる」と明言。

「相手打者を見ながら自分の投球ができるか。

味方に投げるのとはちょっと違ってくるだろう。

しっかり投げきれるか見ていきたい」と期待した。

 すでに先発を伝えられていた高橋昂は

「結果を出したい。やることは変わらない。

自分の全部を出し切る投球ができれば」と意気込んだ。

 チームはこの日、2次キャンプを行う沖縄へ移動した。

 

(日刊スポーツ)

フェブラリーS 最終追いきり

 第35回フェブラリーS・G1(2月18日、東京・ダート1600メートル)に出走する

テイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎)が

14日、栗東トレセンで追い切りを行った。(スポーツ報知)

 古川吉洋騎手がまたがり、CWコースを単走。

序盤はリラックスさせるようにゆったり進め、少しずつスピードアップ。

直線でさらに加速していき、ラストだけ強目に追って気合を注入した。

感触を確かめた古川騎手は

「休み明けを1回使っているので、さらに動きは良くなっていますね。

いい内容だったと思います」と笑顔で手応えを明かした。

 木原調教師は

「後肢の入りがしっかりしていたし、前の方もよく伸びていました。

いい動きでしたね。とにかく、自分の競馬をするだけ。

やれることは、すべてやってきました。強いだけでは、勝てないのがG1。

あとは僕と、馬に運があるか。何とかG1タイトルを取りたいです」と力を込めた。

Ninjas in Pyjamas CS:GO部門創設メンバーXiztがベンチへ、元GODSENTのdennisが新インゲームリーダーに就任

xizt

Ninjas in PyjamasがCS:GO部門のメンバー変更を発表しました。

NiPのXiztがスタメン落ち、元GODSENTのdennisが新インゲームリーダーに就任

2012年8月のCS:GO部門設立から、約5年以上チームのコアメンバーとしてプレーしてきたインゲームリーダーの Sweden Richard “Xizt” Landström選手がスターティングメンバーを外れることになりました。

Sweden Ninjas in Pyjamasは2012~2013年にオフライン大会はで87ラウンド連続勝利という記録を含む圧倒的な強さで世界No.1のCS:GOチームとして君臨しましたが、近年は常勝チームとは言い難い状況が続いていました。

チームは2017年に入り、Sweden William “draken” Sundin選手、Sweden Fredrik “REZ” Sterner選手などの若手を起用するチーム改革に着手。このメンバー変更は成果を見せており、世界最高のチームになるという目標を達成するためにはさらなる変化が必要と判断し、チームの指揮官として活躍してきた Sweden Xizt選手を変えることが決断されました。

この変更は、先日行なわれた『cs_summit2』でのベスト8(実質の最下位)という結果で最終的に決定されたそうです。新たなインゲームリーダーは、元 Sweden GODSENT の Sweden Dennis “dennis” Edman 選手が担当することになります。

Dennis “dennis” Edman選手のコメント

NiPの新たなインゲームリーダーとなることに興奮しています。NiPのようにレベルの高いチームを率いてきた経験があり、新たなチームに身も心も捧げる準備が出来ています。チームには新旧の選手達、後ろには巨大な組織があり、NiPが再び世界のCS:GOチームを制圧できると確信しています。選手として新たなキャリアに挑めるのをうれしく思います!

Hicham Chahine氏のコメント(Ninjas in Pyjamas, CEO)

Dennis “dennis” Edman選手との契約締結をうれしく思います。
Dennisのことは以前からよく知っており、過去数週間と先日ロサンゼルスで開催されたcs_summit 2での成績不振によって今回の決定に至りました。NiPには次世代の選手や様々な経験を持つ選手が混在しており、経験豊富なDennisにXiztの役割を引き継いでもらうことになります。

DennisをNiPの一員として起用できることに興奮しています。Xiztのような選手をベンチに下げることはこれまでの中で最も難しい決断でしたが、新たな成功を見いだすためにチームのパフォーマンスは最優先すべきものです。Xizt、これまでの全てに感謝します。

Dennisは今週からスタートとなる『ESL Pro League』やポーランドで行なわれる『IEM Katowice』でプレーする予定です。

NiPとRFRSH Entertainmentの間で、契約の詳細についてはコメントしないことで合意しています。

Richard “Xizt” Landström選手のコメント

Ninjas in Pyjamasから身を引く悲しい日となりました。
プレーを続けて次のステップを楽しみにしています。
詳細が決まったら改めてお知らせします。みなさんのサポートに感謝します。

Sad day having to step down from @NiPGaming… definately wanna keep playing and looking forward to what happens next. Will post something more detailed another day. Thx for the support — Richard Landström (@OfficialXizt) 2018年2月13日

Ninjas in Pyjamas

  • Sweden Patrik “f0rest” Lindberg
  • Sweden Christopher “GeT_RiGhT” Alesund
  • Sweden William “draken” Sundin
  • Sweden Fredrik “REZ” Sterner
  • Sweden Dennis “dennis” Edman
  • Sweden Richard “Xizt” Landström (Inactive)
  • Sweden Faruk “pita” Pita (Coach)

Sweden Richard “Xizt” Landström選手は、2015年8月に Sweden Adam “friberg” Friberg 選手と共に日本を訪れファンイベントを開催してくれました。

ninjas

素敵な対応をしてくれたXizt選手をこれからも応援していきたいと思います。

情報元