『ZOWIE』が日本で設立メンバー・開発チームとの交流会を検討中

zowie-logo

『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』が、日本のゲーマーとの交流会を検討していることが明らかになりました。

『ZOWIE』が日本で設立メンバー・開発チームとの交流会を検討中

本件について、『ZOWIE』の日本公式Twitterにて以下のように投稿が行なわれました。

【緊急アンケート】

伺いたいことがございます。

ZOWIE設立メンバーを含む開発チームがZOWIEに興味、関心を持つゲーマーの声を直接聞きたいと思ってます。
開発チームとの交流会、皆様はいかがでしょうか。
設立、開発を含め、ZOWIEに関する質疑に、お話しできればと思います。 pic.twitter.com/3NOh0Orjld— ZOWIE e-Sports Japan (@ZOWIE_eSport_JP) 2018年2月19日

2017年10月に東京で開催された「ZOWIE Experience Tour Tokyo」では、参加者が気になるゲーミングデバイスについて開発者に直接質問する光景がよく見かけられました。
このような形で、改めて日本のゲーマーから意見を聞きたいということのようです。

個人的に最も気になるのは「ZOWIE設立メンバー」というところで、もしかすると久々に創業者のVincent Tang氏が久々に日本にやってきてくれる可能性があるということになります。

『ZOWIE』は2011年にメディア向けの座談会を開き、『ZOWIE』のコンセプトや哲学について詳しく説明しました。


『ZOWIE GEAR』が SpawN、HeatoN と共にメディア向け座談会を実施、『ZOWIE GEAR』 のゲーミングギアは真剣なゲーマーのためのもの | Negitaku.org esports

上記の記事を見て『ZOWIE』のファンになったという感想をいただくことも多く、このような機会がゲーマーに対して行なわれるようになるとすれば、非常に素晴らしいことだと思います。

先のツイートを「リツイート」「いいね」したり返信することで『ZOWIE』に反応を伝えることが出来るので、実現に興味のある方はリアクションを試してみてください。

情報元

『Xtrfy』のゲーミングマウス4種が日本で発売開始、プロチーム「Ninjas in Pyjamas」モデルも登場

スウェーデンのゲーミングデバイスブランド『Xtrfy』のゲーミングマウス4種が日本で発売開始となりました。

NiPモデルを含む『Xtrfy』のゲーミングマウス4種が発売開始

M1 右手用 エルゴノミック ゲーミングマウス

xtryfy-m1

特徴

  • 右手用。 M3に比較して少しコンパクト
  • かぶせ持ちに適する形状、 フィット感抜群
  • CPI、 ポーリング設定スイッチは裏面
  • LEDイルミネーション照度調整可
  • サーフェース選択可(クロス、 ハード)
  • 設定にソフトウェアインストール不要
  • 価格:8,190円(税別)

M1 NIP EDITION 右手用 エルゴノミック ゲーミングマウス

xtryfy-m1-nip

特徴

  • Ninjas in Pyjamasのロゴマーク入りデザイン
  • 右手用。 M3に比較して少しコンパクト
  • かぶせ持ちに適する形状、 フィット感抜群
  • CPI、 ポーリング設定スイッチは裏面
  • LEDイルミネーション照度調整可
  • サーフェース選択可(クロス、 ハード)
  • 設定にソフトウェアインストール不要
  • 価格:8,580円(税別)

M2 両手用 左右対称 ゲーミングマウス

xtryfy-m2

特徴

  • 左右対称形状
  • M1と同じくM3に比較して少しコンパクト
  • つまみ持ちに適する形状
  • 上面にCPI切替スイッチ付(M1、 M3は裏面)
  • ポーリング設定スイッチは裏面
  • (LEDイルミネーション照度調整不可)
  • 設定にソフトウェアインストール不要
  • 価格:7,670円(税別)

M3 右手用 エルゴノミック ゲーミングマウス

xtryfy-m3

特徴

  • 右手用、 M1、 M2より大きなサイズを好む方に適する感じ
  • かぶせ持ちに適する形状、 フィット感抜群
  • CPI、 ポーリング設定スイッチは裏面
  • LEDイルミネーション照度調整可
  • 設定にソフトウェアインストール不要
  • 価格:8,970円(税別)

リリースには記載されていませんでしたが、こちらはチーム創設者にしてCounter-Strike1.6世界王者 HeatoN氏のサインがデザインに組み込まれています。

NiP各選手の使用マウス

Ninjas in Pyjamasの選手がXtrfyのマウスを使用している様子は、下記リンク無いの写真で確認できました。ただ、どの製品かまでは特定出来ませんでした。

情報元

アマゾンリンク

『LJL CS 2018 Spring Split』本戦出場6チームが決定

ljlcs2018

『League of Legends』の日本プロリーグ参戦を目指すチームを対象とした『LJL Challenger Series 2018 Spring Split』の予選会が終了し、本戦出場6チームが決定しました。

『LJL CS 2018 Spring Split』予選会

『LJL CS 2018 Spring Split』予選会には10チームが出場。

5チーム×2グループの総当たり戦 (Best of 1)を行ない、各グループの上位2チーム、各グループ3位同士による5位決定戦の勝利チームを合わせた合計5チームが『LJLCS 2018 Spring Split』本戦に進出という仕組みで実施されました。

ljl-goup-a

ljl-group-b

本戦に出場となるのは下記6チームとなります。

『LJL CS 2018 Spring Split』出場チーム

  • Japan SCARZ Burning Core (予選免除)
  • Japan AKIHABARA ENCOUNT (グループA 1位)
  • Japan Crest Gaming Act (グループA 2位)
  • Japan Sengoku Gaming Legends (グループB 1位)
  • Japan V3 New Generation (グループB 2位)
  • Japan HarmoniX Gaming (予選会5位決定戦勝利)

本来は、『LJL 2017 Summer Promotion Series』に出場していた Japan SCARZ と Japan Burning Core の2チームが予選免除となるはずでしたが、両チームが合併したことにより、1枠分が予選枠に割り当てられることになりました。

スケジュール・ストリーミング配信

『LJL CS 2018 Spring Split』は、下記全5日の日程でオンラインにて実施予定です。

スケジュール

  • Round1&2:2月22日(木)19:00~
  • Round3&4:3月1日(木)19:00~
  • Round5&6:3月8日(木)19:00~
  • Round7&8:3月15日(木)19:00~
  • Round9&10:3月22日(木)19:00~

全ての試合が終了後、上位2チームが次期シーズン『LJL 2018 Summer Split』の出場権をかけて実施される入れ替え戦『LJL 2018 Spring Promotion Series』への挑戦権を得ることができます。

配信URL

情報元

『PUBG JAPAN SERIES』αリーグ「フェイズ2」出場20チームが決定

pubg-japan-sereis-2018

PUBG JAPAN SERIES』の入れ替え戦となるαリーグ 入替オンライン予選が終了し、「フェイズ2」に進出する20チームが決定しました。

『PUBG JAPAN SERIES』αリーグ 入替オンライン予選

『PUBG JAPAN SERIES』αリーグはプロリーグ設立を目指す準備大会として実施されています。

αリーグには20チームが出場し、全9試合をオフラインで実施。
合計得点の上位15チームが「フェイズ2」進出。下位5チームは入れ替え戦「αリーグ 入替オンライン予選」で一般応募35チームと「フェイズ2」進出5枠をかけて対戦となりました。

配信アーカイブ

予選の結果は下記のようになっています。

αリーグ 入替オンライン予選

yosen-1

yosen-2

Group A

  • 1位: Japan RozenMaiden [フェイズ2進出]
  • 2位: Japan Dimension-3 [フェイズ2進出]
  • 3位: Japan RNG5
  • 4位: Japan 父ノ背中
  • 5位: Japan DT SBELLION (αリーグ 20位)
  • 6位: Japan LoNeLy
  • 7位: Japan NoName
  • 8位: Japan violet blue
  • 9位: Japan SengokuGaming Survive
  • 10位: Japan Astro 9 (αリーグ 19位)
  • 11位: Japan GRIM
  • 12位: Japan NaveGaming LLus
  • 13位: Japan SeaHorseGaming
  • 14位: Japan Hypnos
  • 15位: Japan Lily Stars Gaming
  • 16位: Japan PENTAGRAM Revive
  • 17位: Japan TEAM OTOMODACHI
  • 18位: Japan Sunsister Royalty
  • 19位: Japan SeaHawks
  • 20位: Japan Unlimited e-Sports

Group B

  • 1位: Japan THE SHABLES [フェイズ2進出]
  • 2位: Japan Zaphkiel Gaming [フェイズ2進出]
  • 3位: Japan バナナマン (αリーグ 18位) [フェイズ2進出]
  • 4位: Japan Outcast
  • 5位: Japan Crest Gaming Xanadu
  • 6位: Japan Creatives Acquire
  • 7位: Japan JUPITER
  • 8位: Japan PENTAGRAM Navillera
  • 9位: Japan DetonatioN Gaming 2
  • 10位: Japan AKIHABARA ENCOUNT NEMESIS
  • 11位: Japan type41
  • 12位: Japan 8-bit Pixels
  • 13位: Japan AmaZe
  • 14位: Japan Sengoku Gaming MOKKOS
  • 15位: Japan 7th heaven
  • 16位: Japan High Voltage
  • 17位: Japan PUBGRU (αリーグ 16位)
  • 18位: Japan ELGAME
  • 19位: Japan Ark5 SDH
  • 20位: Japan Oracle (αリーグ 17位)

両グループの上位2チームと3位同士のポイントを比較し、5チームが「フェイズ2」への進出権利を獲得しています。

「フェイズ1」出場チームのうち、「フェイズ2」に戻る事が出来たのは Japan バナナマン 1チームのみ。ゲームの性質や出場チームが多く競争率が高いことから、本戦から脱落すると這い上がるのが非常に困難となることが改めてわかる結果となりました。

「フェイズ2」出場チーム

3月10日(土)から行なわれる「フェイズ2」には、下記20チームが出場となります。

出場チーム

  • Japan SunSister Suicider’s
  • Japan DetonatioN Gaming
  • Japan Rascal Jester
  • Japan CYCLOPS athlete gaming
  • Japan Zoo Gaming / Penguin
  • Japan V3 FOX
  • Japan 野良連合 Rosso Bianco
  • Japan SCARZ
  • Japan Sengoku Gaming Destroy
  • Japan USG-Hyster1cJam
  • Japan 野良連合 白虎隊
  • Japan ESC-GAMING
  • Japan AKIHABARA ENCOUNT GG
  • Japan Crest Gaming windfall
  • Japan JUPITER NOVA
  • Japan RozenMaiden [予選A 1位]
  • Japan Dimension-3 [予選A 2位]
  • Japan THE SHABLES [予選B 1位]
  • Japan Zaphkiel Gaming [予選B 2位]
  • Japan バナナマン (αリーグ 18位) [予選B 3位]

スケジュール

  • 2018年3月10日(土) Round1~3
  • 2018年3月17日(土) Round4~6
  • 2018年3月31日(土) Round7~9

情報元

アケフェス日記93

前回の記事が長くなってしまったので今後のことについて書きます。フルコン数はなんやかんやで増えて来ましたが、私はまだグレも多いし下手なんですよね。上手い人達と協力プレイする機会もあって自分の下手さ加減に絶望しました。私の中では上手い人=精度の高い人なので私も上手い人になりたいわけです。精度が上がる練習法とかないかな~っと適当に探しましたが特に見つかりませんでした。音痴の家系(?)に生まれて音楽に興味