刻刻:㐧拾刻感想ツイートまとめ

刻刻を見る。状況は動き続ける。父の威厳を取り戻すべく、孫を暴力の現場に引っ張り出す貴文。打算と情念で繋がった者たちの連携と、追い込まれつつも冷静な佐河の孤高。暴力を失ってなお冴え渡る、言葉という鎖。いろいろなものが少しずつ動きつつ、じわじわと内圧を上げていく感じの繋ぎ回。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2018年3月15日 というわけで、バトルと並列してキャラ個人とその関係性、もっと大きなモノが切り取られる、刻刻らしい回である。クソ親父のサイコエンジンは絶好調にブン回り、真はそれに導かれるように無邪気な暴力を振り回し、ヤクザは切れ味鋭いティーバッティングを叩き込む。やっててよ…

海未ちゃんバースデー2018

今日はみんな大好き海未ちゃんの誕生日ですね!せっかくなので誕生日セットを買っていざ勧誘!SSR以上チケット強い?と噂のフルーツパーラー海未ちゃん来ました!限定ボックスからも海未ちゃん召喚!使いどころが無いし引かないつもりだったけどツイッターで皆が引き当ててたからチケット分だけでもと回してみました。3連×2と歓チケ3枚と11連チケットで合計20で出てくれました!アケフェスでも海未ちゃん限定バナー撮影成功!Reas

プロ野球オープン戦

 ◇オープン戦 ソフトバンク2―4巨人(2018年3月15日 ヤフオクD)

 ソフトバンクのベテラン右腕・中田賢一投手(35)が

15日、巨人とのオープン戦(ヤフオクD)に先発登板。

5回で83球を投げ、ゲレーロのソロ本塁打のみに抑える1安打1失点と好投。

「ランナーを出しても粘れたのは収穫」と語った。

 巨人の開幕投手が決まっているエース菅野との投げ合い。

5月に36歳となるベテランは

初回に陽岱鋼と吉川を連続三振に斬って取るなど上々のスタートを切った。

 2回には

先頭の4番・ゲレーロに高めへ入った初球の直球を

左中間スタンド中段まで運ばれ先制を許したが、

4回にマギー、岡本、長野を3者連続で空振り三振。

5回で7三振を奪う力投だった。(スポニチアネックス)

日本カーリング混合ダブルス選手権2日目

 カーリングの混合ダブルス日本選手権は

15日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで

1次リーグが行われ、A組は

平昌五輪女子代表で銅メダルを獲得したLS北見の藤沢五月と

男子代表のSC軽井沢クの山口剛史のペアが

島根県のペアに10―3、北海道のペアに11―1で快勝し、

開幕4連勝とした。

 他の五輪代表では、

C組の吉田夕梨花と両角友佑のペアが

北海道のペアに6―5、東京都のペアに11―9で競り勝ち、通算2勝1敗。

B組の吉田知那美と清水徹郎のペアは

長野県のペアを8―5、広島県のペアを13―2で退け、前日から3連勝とした。

(時事通信)