J2第5節

 明治安田J2リーグは21日、各地で第5節の11試合が行われ、

前節2位の岡山が京都を1―0で下し、勝ち点13で首位に浮上した。

町田が松本を2―1で退け勝ち点11で2位。

 前節首位の水戸は大分に1―3で敗れ、勝ち点10で3位に後退した。

山口は金沢と2―2で引き分け、横浜Cは山形に3―2で勝ち、

ともに勝ち点10として得失点差で山口が4位、横浜Cが5位。(時事通信)

全国高等学校柔道選手権大会団体

 柔道の全国高校選手権最終日は

21日、東京・日本武道館で男女の団体戦が行われ、

体重無差別で5人勝ち抜き方式の男子は、

決勝で国士舘(東京)が天理(奈良)を破り、

3年ぶり9度目の優勝を遂げた。

体重別3人による得点制の女子は、

夙川学院(兵庫)が決勝で帝京(東京)を下し、

2年連続2度目の優勝を果たした。(時事通信)

 国士舘は決勝で大将の斉藤立が

天理の副将、中野寛太と大将の植岡虎太郎に続けて一本勝ちした。

斉藤の父は

1984年ロサンゼルス、88年ソウル両五輪

男子95キロ超級金メダリストの故仁さん。

夙川学院は1―1の接戦を内容差で制した。

 大会最優秀選手には

男子が斉藤、女子は夙川学院の金知秀が選ばれた。

関東桜花賞

 21日、浦和競馬場で行われた

第64回桜花賞(3歳・牝・ダ1600m・1着賞金2000万円)は、

中団でレースを進めた

御神本訓史騎手騎乗の1番人気

プロミストリープ(牝3、大井・藤田輝信厩舎)が、

直線で外から一気に突き抜け、

2着の5番人気アンジュキッス(牝3、浦和・小久保智厩舎)に

1.1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは1分41秒6(不良)。(netkeiba)

 さらにハナ差の3着に

2番人気グラヴィオーラ(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)が入った。

なお、3番人気ストロングハート(牝3、川崎・内田勝義厩舎)は

5着に終わった。

 勝ったプロミストリープは、

父ヘニーヒューズ、母プロミストスパーク、その父フジキセキという血統。

JRAからの移籍初戦を制し、デビューから無傷の3連勝を飾った。