CS:GO『ESL Pro League Season 7』アジアパシフィック 中国エリア本予選に日本SZ.Absoluteが招待枠から出場決定

esl-asia

CS:GO『ESL Pro League Season 7』中国エリア本予選の招待出場6チームが発表されました。

ESL Pro League Season 7

『ESL Pro League』は今回のシーズン7より、アメリカ」「ヨーロッパ」に加えて「アジアパシフィック」が開催エリアに追加となりました。

「アジアパシフィック」部門は、「オーストラリア・ニュージーランド」「中国」「東南アジア」の3部門にて実施され、日本は「中国」エリアに分類されています。

「中国」エリアの本予選は最終的に招待6チーム、予選通過2チームを合わせた8チームで実施されます。

中国エリア本予選 出場チーム

招待

  • China 5Power Club – dobu, kabal, PTC, xiaosaGe, forget
  • China Eclipse – bottle, ayaya, shuadapai, AE, Machinegun
  • China Flash Gaming – Summer, Attacker, kaze, TBD, TBD
  • Mongolia The MongolZ – Tsogoo, ncl, cazze, cTrl, maaRaa
  • Korea MVP PK – solo, glow, zeff, HSK, XigN
  • Japan SZ Absolute – Laz, crow, barce, poem, t4k3J

予選通過

  • China Roar eSports – V4D1M, fed9, equal, Ethan, W1nd
  • 3/25開催 オンライン予選2 優勝チーム

このうち上位3チームが、4月20~22日にオーストラリアのESLスタジオで開催される「アジアパシフィック」部門の代表決定戦に進むことができます。

情報元

CS:GO『ZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018』日本予選の出場チーム登録がスタート

ZCM2018

ZOTAC Technologyが主催するeスポーツトーナメント『ZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018』の日本予選出場登録がスタートしました。

ZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018

『ZOTAC CUP MASTERS CS:GO 2018』は、世界的な人気を誇るFPS『Counter-Strike: Global Offensive』を採用し、賞金総額30万ドルで実施されます。

本大会の地域予選に出場する日本代表チームを決定する日本予選が、オンラインにて4月7日(土)、8日(日)に開催されます。

日本予選

開催情報

  • 開催日: 2018年4月7日(土)、8日(日)
  • トーナメント形式: シングルイリミネーション方式トーナメント(オンライン)
  • 優勝賞品: アジアパシフィック予選 出場権・渡航費サポート
  • 出場チーム数: 最大64
  • 出場登録: ZOTAC CUP MASTERS – APAC Regional Qualifier (Japan) | Battlefy

Day 1 – 4月7日(土)

  • 11:00 チェックイン開始
  • 12:00 チェックイン締切
  • 12:15 トーナメント表公開
  • 12:20 Match 1 (Round of 64 – Bo1)
  • 13:20 Match 2 (Round of 32 – Bo1)
  • 14:20 Match 3 (Round of 16 – Bo1)
  • 15:20 Match 4 (Round of 8 – Bo3)
  • 18:30 終了予定

Day 2 – 4月8日(日)

  • 11:00 チェックイン開始
  • 11:45 チェックイン締切
  • 12:00 Match 5 (Round of 4 – Bo3)
  • 15:00 Match 6 (Round of 2 – Bo3)
  • 18:00 終了予定

ZOTAC CUP MASTERS – アップデートです!
・タイトル:CS:GO
・賞金総額約3000万(決勝リーグ)
・賞金総額約200万(アジア決勝リーグ)
・参加資格(プロ・アマ問わず)
・日本予選は4月7日~8日
・アジア予選は6月5日~9日ごろ(渡航費サポート)
・エントリー受付中!
 https://t.co/Bo9GXVuUjP— ZOTAC日本 (@ZOTAC_JAPAN) 2018年3月22日

グランドファイナルは2018年8月に香港で開催予定で、招待4チームと「アジア」「アメリカ」「ヨーロッパ」「中国」の代表を合わせた8チーム以上が出場予定です。

開催情報

  • 開催日程
    • 2018年3~6月: オンライン予選
    • 2018年6月-7月: 地域予選決勝
    • 2018年8月:
  • 本戦開催地: 香港
  • 賞金総額: $300,000 以上
  • ストリーミング配信: https://www.twitch.tv/zotac_cup

グランドファイナルには招待4チームと「アジア」「アメリカ」「ヨーロッパ」「中国」の代表を合わせた8チーム以上が出場します。

大会トレーラー

情報元

日本サービス終了が迫るFPS『クロスファイア』、感謝を込めたムービー「クロスファイア ~最後の手紙~」を運営・開発チームが公開

cf-movie

2018年3月31日(土)に日本でのサービス終了をひかえるオンラインFPS『クロスファイア』の開発・運営チームから、ファンに向けた感謝の動画が公開されました。

クロスファイア ~最後の手紙~

「クロスファイア ~最後の手紙~」と題された本動画では、これまでに蓄積されたデータに基づきクロスファイアコミュニティの歩みを紹介。また、開発・運営チームのメンバーが登場し、日本コミュニティのファンに向けたメッセージも収録されています。

皆さんへの今までの感謝の気持ちを込めて
運営チームと開発チームからのメッセージを込めた動画をアップロード致しました。

よろしければ、是非動画をご覧ください。

今まで 「クロスファイア」のサービスに愛しプレイして頂いた皆様に心からの感謝をお伝えします。https://t.co/iCQ7HzkUEF— 『クロスファイア』広報(公式) (@CrossFire_JP) 2018年3月22日

クロスファイア ~最後の手紙~

こちらの動画は、3/21(水・祝)に行なわれた日本最後となるコミュニティ主催のクロスファイアイベント『CrossFire Last Event(CFLE)』にて、ゲームを愛したファンに向けて先行公開されていたものです(最後のメッセージがないバージョン)。

イベントのレポートも合わせてご覧ください。

『クロスファイア』サービス終了前のラストコミュニティイベント『CFLE』開催、歴代ファン集結、運営チームからの粋な計らいも | Negitaku.org esports

DSC_9116

DSC_9284

デジタルカードゲーム『Artifact』の詳細がSteamに登場、「マジック:ザ・ギャザリング」のリチャード・ガーフィールド氏がゲームデザインに参加

artifact

2018年後半にリリースが予定されているValveの新作デジタルカードゲーム『Artifact』の詳細ページがSteamに登場しました

『Artifact』の詳細ページがSteamに登場

『Artifact』はValveが展開するアクションRTS『Dota 2』の世界観をベースにした新作のデジタルカードゲームです。

Steamに登場した詳細ページには、以下の情報とゲームのスクリーンショットが掲載されていました。

掲載情報

  • 有名カードゲーム「Magic: The Gathering(マジック:ザ・ギャザリング)」を手がけた リチャード・ガーフィールド氏がゲームデザインに参加
  • インターフェース、字幕が日本語に対応
  • Steam で2018年後半にリリース予定
  • 最初のセットは 44 種類のヒーローを含む 280 枚以上のカードで構成
  • カードはSteam コミュニティマーケットプレースで売買可能
  • 新機能、対戦イベント、拡張版の等のサービスを提供予定
  • 対応 OS Windows、Mac、Linux (※2019年にはiOS、Android版が登場予定)

ゲームシステムについては、5体のヒーローカードを含む40枚のデッキを使用し、3つのレーン(盤面)を舞台に大戦を行ない、敵のタワー2本もしくは「Ancient」を破壊すると勝利という『Dota 2』ライクなルールのカードゲームになっています。

artifact _play

以前、海外メディアを対象に行なわれたメディア体験会での記事を以前紹介しましたので、こちらを見ていただくとイメージがつかめるかと思います。

『Dota』の世界観を持つ新作デジタルカードゲーム『Artifact』の詳細・写真・動画が公開、Source2エンジンを採用しモバイル展開も実施 | Negitaku.org esports

情報元

『Overwatch Contenders 2018 Season 1 Pacific』が開幕、3/24(土)に日本YOSHIMOTO ENCOUNT、DeToNator韓国チームが登場

owcontenders2018

Blizzard Entertaiment主催公式大会『Overwatch Contenders 2018 Season 1 Pacific』が2018年3月22日より台湾で開幕となりました。

Overwatch Contenders 2018 Season 1 Pacific

『Overwatch Contenders 2018 Season 1 Pacific』は、招待・予選を通過した全12チームが出場し、台湾の「Blizzard Arena Taipei」にて約2ヶ月間実施される公式オフライン大会です。

出場チーム

  • Korea Talon Esports – Raphael, persia, SlayVega, BUTEUK, haru, MCD
  • Australia Blank Esports – ckm, ieatuup, Hus, HooWoo, trill, tongue, kura
  • Taiwan Hong Kong Attitude – Moowe, Mikolty, ShaiuLin, ATing, FLoydQ, ManGoJai, CQB
  • Japan YOSHIMOTO ENCOUNT – Aktm, How2, Mafin, Sa1nt, Mason, Bep, HAYAMIN
  • Taiwan Machi Esports – Kant, Restya, Kiyomi, Rai, DCrwon, JUDO
  • Thailand MEGA Esports – oPuTo, PKHI, NzNr, SaiyajinGOD, Loco, Yut, Rocket
  • Korea DeToNator.KOREA – Dahim, Blitz, Cr0ng, Modern, Apache, SleepyBear
  • Thailand Xavier Esports – THK, Azalea, Sonntag, Dreamer, Olivier, QueEn, Thitikorn, tae
  • Thailand Bazaar – SADISTIC, NutsuruSama, pichu, BOOMBURAPA, Pannys, zobi
  • Taiwan LogitechG ABANG – WON, BLUE, 1Ss, smileabel, NArk, SH1N, OYO, SHIKI
  • Singapore Chaos Theory – GNX, Ambition, Distrain, Zest, Legend, Saviour
  • Thailand OneShine Esports – Bello, Punz, GuN, BClock05, Zenith, EleNight, Goddess, Jannie

Japan CYCLOPS athlete gaming はスケジュールを理由に出場を辞退Japan Naturals Hokkaidoは不出場の理由説明を見つけられませんでしたが、出場は見合わせとなったようです。日本からの参戦は吉本興業とAKIHABARA ENCOUNTがタッグを組んだ Japan YOSHIMOTO ENCOUNTのみとなりました。

また、日本のプロゲームチーム Japan DeToNatorの韓国Overwatch部門も本大会に参戦しています。

グループステージ

Group A

  • Korea Talon Esports
  • Taiwan Hong Kong Attitude
  • Taiwan Machi Esports
  • Korea DeToNator.KOREA
  • Thailand Bazaar
  • Singapore Chaos Theory

Group B

  • Australia Blank Esports
  • Thailand MEGA Esports
  • Japan YOSHIMOTO ENCOUNT
  • Thailand Xavier Esports
  • Taiwan LogitechG ABANG
  • Thailand OneShine Esports

試合スケジュール (日本時間)

  • 3/24(金)20:00~ Korea DeToNator.KOREA [vs] Taiwan Machi Esports
  • 3/24(金)22:00~ Japan YOSHIMOTO ENCOUNT [vs] Thailand Xavier Esports

日本に関連のある2チームは、3/24(金)から登場。上記日程で試合が行なわれる予定です。
今後の試合スケジュールについては、大会公式サイトに日本時間表記でまとめられています。

試合は下記のTwitch チャンネルを通じて観戦可能となります。

情報元