プロ野球(4/19)

 ○楽天3-1ソフトバンク●(ヤフオクドーム・19日)

 楽天が3連敗を免れた。

先発・藤平は変化球で低めを突き、

7回を被安打2、無失点で今季初勝利。

打線は二回にアマダーの2試合連続のソロ、

四回に銀次のソロで援護した。

ソフトバンクは先発・石川を援護できず、6連勝を逃した。

 楽天・梨田監督 

(藤平は)3ボールが多かったが、修正してくれた。

3点目のウィーラーの適時打もいい打点だった。

 ソフトバンク・工藤監督 

石川は球威が落ちていないので続投させた。

最後の1点は非常に良い。あしたにつながる。

 

 

 ○DeNA5-0巨人●(横浜・19日)

 DeNAが快勝した。

一回、宮崎、嶺井、桑原の3連続適時打で3点を先取。

八回には嶺井の適時打で2点を加えた。

先発の新人・東は緩急を利かせた投球が光り、

八回途中まで4安打無失点に抑えて2勝目。

巨人は打線がつながらなかった。

 

 

 ○阪神2-1中日●(ナゴヤドーム・19日)

 阪神は2年目・小野が好投し3連勝。

二回無死一、三塁から糸原の中犠飛で先制。

同点の四回無死満塁、併殺の間に勝ち越し、継投で逃げ切った。

中日は打線が散発3安打。

7回2失点と力投した松坂を援護できず、今季初の5連敗。

 

 

 ○オリックス3-0ロッテ●(ゾゾマリン・19日)

 オリックスが今季初の連勝。

先発の新人・田嶋は制球が良く、7回2安打無失点と好投した。

打線は二回に若月の適時二塁打で2点を先行し、

六回は小谷野の適時打で加点した。

ロッテは散発3安打に抑えられて、今季初の零封負け。

 

 

 ○広島5-4ヤクルト●(延長十二回・19日、マツダスタジアム)

 広島が4点差を追い付き、延長十二回で今季初のサヨナラ勝ちで5連勝。

1点を追う九回に菊池の適時三塁打で追いつくと、

十二回2死二塁から下水流が適時打を放った。

ヤクルトは抑えのカラシティーの制球が甘くて逃げ切れず、4連敗。

 

(毎日新聞)

プロ野球(4/19)

 ○楽天3-1ソフトバンク●(ヤフオクドーム・19日)

 楽天が3連敗を免れた。

先発・藤平は変化球で低めを突き、

7回を被安打2、無失点で今季初勝利。

打線は二回にアマダーの2試合連続のソロ、

四回に銀次のソロで援護した。

ソフトバンクは先発・石川を援護できず、6連勝を逃した。

 楽天・梨田監督 

(藤平は)3ボールが多かったが、修正してくれた。

3点目のウィーラーの適時打もいい打点だった。

 ソフトバンク・工藤監督 

石川は球威が落ちていないので続投させた。

最後の1点は非常に良い。あしたにつながる。

 

 

 ○DeNA5-0巨人●(横浜・19日)

 DeNAが快勝した。

一回、宮崎、嶺井、桑原の3連続適時打で3点を先取。

八回には嶺井の適時打で2点を加えた。

先発の新人・東は緩急を利かせた投球が光り、

八回途中まで4安打無失点に抑えて2勝目。

巨人は打線がつながらなかった。

 

 

 ○阪神2-1中日●(ナゴヤドーム・19日)

 阪神は2年目・小野が好投し3連勝。

二回無死一、三塁から糸原の中犠飛で先制。

同点の四回無死満塁、併殺の間に勝ち越し、継投で逃げ切った。

中日は打線が散発3安打。

7回2失点と力投した松坂を援護できず、今季初の5連敗。

 

 

 ○オリックス3-0ロッテ●(ゾゾマリン・19日)

 オリックスが今季初の連勝。

先発の新人・田嶋は制球が良く、7回2安打無失点と好投した。

打線は二回に若月の適時二塁打で2点を先行し、

六回は小谷野の適時打で加点した。

ロッテは散発3安打に抑えられて、今季初の零封負け。

 

 

 ○広島5-4ヤクルト●(延長十二回・19日、マツダスタジアム)

 広島が4点差を追い付き、延長十二回で今季初のサヨナラ勝ちで5連勝。

1点を追う九回に菊池の適時三塁打で追いつくと、

十二回2死二塁から下水流が適時打を放った。

ヤクルトは抑えのカラシティーの制球が甘くて逃げ切れず、4連敗。

 

(毎日新聞)