日本SZ.Absoluteは初戦でMVP PKと対戦、CS:GO『ESL Pro League Season 7 Asia-Pacific』のグループステージ組み合わせ決定

esl-asia-day1

4月20日(金)~22日(日)にオーストラリアで開催されるCS:GO大会『ESL Pro League Season 7』アジア代表決定戦のグループステージ組み合わせが決定しました。

ESL Pro League Season 7

『ESL Pro League』はシーズン7より、「アメリカ」「ヨーロッパ」「アジアパシフィック」の3エリアで開催。

「アジアパシフィック」の代表を決定するオフラインファイナルは、「オーストラリア・ニュージーランド」「中国」「東南アジア」の予選を勝ち抜いた8チームが出場し、オーストラリアのESLスタジオにて実施されます。

本大会には、日本の Japan SZ.Absoluteが China Flash Gaming の代役として急遽出場することが決定。グループステージの対戦組み合わせは以下のようになります。

グループステージ

※[]内はHLTV.orgランキングの順位

Group A

  • [27位] Korea MVP PK – solo, glow, zeff, HSK, XigN
  • [42位] Australia ORDER – liazz, emagine, hatz, sico, aliStair
  • [120位] Japan SZ Absolute – crow, barce, Laz, poem, t4k3J
  • [110位] Thailand Signature Gaming – RoLEX, Reality, Geniuss, qqGod, CigaretteS

Group B

  • [40位] Australia Grayhound Gaming – Gratisfaction, erkaSt, dexter, DickStacy, malta
  • [71位] Australia Tainted Minds – ofnu, zewsy, yam, INS, BURNRUOk
  • [131位] Mongolia The MongolZ – Tsogoo, ncl, temk4wow, hang4u, maaRaa
  • [54位] Singapore B.O.O.T-dream[S]cape – ImpressioN, benkai, splashske, Tommy, w1nt3r

グループステージはダブルイリミネーション方式トーナメントで進行され、プレーオフには各グループの上位2チームずつが出場となります。
プレーオフの1位・2位チームは、2018年5月14~20日にアメリカのダラスで開催される世界大会本戦に進出することが出来ます。

SZ.Absoluteは急遽出場が決まったため調整不足な部分もある上に、全て格上チームという厳しい戦いとなりそうです。
試合は下記より視聴可能となります。

ストリーミング配信

配信ページ

SZ.Absolute試合予定 (日本時間)

  • 4/21(土)09:00~ Japan SZ.Absolute [vs] Korea MVP PK
  • 勝者側決勝進出の場合: 4/21(土)10:30~ Australia ORDER [vs] Thailand Signature Gaming の勝者
  • 敗者側準決勝進出の場合: 4/21(土)10:30~ Australia ORDER [vs] Thailand Signature Gaming の敗者
  • 敗者側決勝進出の場合: 4/21(土)14:10~

情報元

『Razer』代表Min-Liang Tang氏が世界中の左利きゲーマーにメッセージ、新たな左利き用ゲーミングデバイスを検討中

『Razer』代表Min-Liang Tang氏が、左利き用ゲーマーのためのゲーミングデバイスについて、自身のFacebookにメッセージを投稿しました。

Razerが左利き用ゲーミングデバイスについて検討中

通常、マウスやゲーミングマウスは右腕のみで使用することを前提にデザインされていますが、Razerは『Razer DeathAdder』や『Razer Naga』といったゲーミングマウスにおいて、左腕でマウスを操作する左利きゲーマー向けの製品を展開していました。

Razer DeathAdder Left Handed Edition
Razer DeathAdder Left Handed Edition

Razer Naga Left Handed Editio
Razer Naga Left Handed Edition

現在、これらの製品は新規製造がストップしているようで、Min-Liang Tang氏の元には左利きゲーマーから多くの要望メッセージが届いているとのこと。
これに対して投稿されたのが、今回のメッセージです。

新たな左利き用デバイスについて検討しているそうなので、おそらく最新スペック相当の左利き用マウス等が登場する可能性が高いのではないかと思います。

Min-Liang Tang氏のメッセージ

「For Gamers. By Gamers.」
(ゲーマーによる、ゲーマーのための製品)

これはRazerの基礎となるものです。
Razerがやることはすべて、ゲーマーによるゲーマーのためのものです。

私は左利き用マウスを最初に思いついた時の事を覚えています。
これは、ビジネスにおける売上的には全く意味の無いものでした。
損をすることは明らかでしたし、儲からない左利き用マウスを開発するのにかなりのリソースを割く必要がありました。

しかし、Razerは左利き用マウスを開発すると決断しました。

Razerにとって、左利きを含む全てのゲーマーが最高のゲーミングデバイスを手にすることが出来る事が重要だったからです。

Razerの左利き用デバイスが多くのゲーマーの人生を変えたことをうれしく思っています。
私は、そのようなメッセージを毎日たくさん受け取っています。

さて、Razerは左利きゲーマーのために出来ることをまさに検討しています。
それはやるのはお金のためでも、名声のためでもなく、「For Gamers. By Gamers.」この言葉に集約されています。

情報元

パリ・サンジェルマンFCのeスポーツチームが『Dota 2』に参入、中国の強豪「LGD Gaming」と提携

lgd-psg

プロサッカー France パリ・サンジェルマンFC が展開するeスポーツチーム France Paris Saint-Germain eSports (PSG eSports)が China LGD Gaming と提携し『Dota 2』に参入すると発表しました。

PSG eSportsがLGD Gaming と提携し『Dota 2』に参入

China LGD Gaming は、現在「Dotaプロサーキットランキング」8位につける中国の強豪チームです。プロサーキットランキングの上位8チームは、2018年8月にカナダで開催される公式世界大会『The Interrnational 2018』の招待出場権を手にすることが出来ます。

アジアはパリ・サンジェルマンFCが戦略的に力を入れているエリアであり、中国で髙い人気を誇る『Dota 2』の強豪チームと提携することでアジアエリアにおけるファン獲得やブランド認知などの戦略を加速させる他、eスポーツの最高賞金総額を更新するであろう『The Interrnational 2018』に出場することでチームのブランド力をさらに発展させることを狙っていると考えられます。

LGD PSG eSports

  • China Wang “Ame” Chunyu
  • China Lu “Maybe” Yao
  • China Yang “Chalice” Shenyi
  • China Xu “Fy” Linsen
  • Malaysia Malaysian Jian Wei “xNova” Yap

Please give a warm welcome to our @DOTA2 squad in partnership with @LGDgaming !

Wang ‘Ame’ Chunyu
Lu ‘Maybe’ Yao
3Yang ‘Chalice’ Shenyi
4Xu ‘Fy’ Linsen
5Jian Wei ‘xNova’ Yap

https://t.co/5kG4DWxD7Z pic.twitter.com/JPAGXLFbTQ— PSG eSports (@PSGeSports) 2018年4月19日

The very first @PSGeSports.LGD photoshoot! We love our new horizon! pic.twitter.com/pSvVjg8ZKj— LGD Gaming (@LGDgaming) 2018年4月19日

That’s a wrap fo this press conference ! Thank you everyone for following it !

#DreamBigger pic.twitter.com/ASZfgULcAA

— PSG eSports (@PSGeSports) 2018年4月19日

Yassine Jaad氏のコメント (PSG eSports, CGO)

中国を代表する LGD Gaming と共に取り組むことについてとてもうれしく思います。このパートナーシップは、PSGの発展戦略に完全に適合しており、彼らとのエキサイティングなプロジェクトを楽しみにしています。

Xuan Li氏のコメント LGD Gaming, General Manager

Paris Saint-Germainのような伝統クラブとのパートナーシップを楽しみにしています。LGDのブランド、実績、経験がPSGに認められたことを大変光栄に思っています。ファンのためにも、PSGと共にさらに発展していくことを楽しみにしています。私たちの目標は、The International 2018に出場し最高のパフォーマンスを披露することです。

情報元

日中対抗オフラインイベント『PUBG 東京 VS 上海対抗戦』の出場20チームが決定

pubg-main

4/21(土)にLFS 池袋 esports Arenaで開催される『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の日中対抗戦『PUBG 東京 VS 上海対抗戦』に出場する20チームが発表されました。

PUBG 東京 VS 上海対抗戦

『PUBG 東京 VS 上海対抗戦』は、BenQのゲーミングブランド『ZOWIE』とサードウェーブ株式会社のゲーミングPCブランド『GALLERIA』の共同開催で実施されます。

大会には、日本10チーム、中国10チームの計20チーム・80選手が出場。
SQUAD(4人チーム)モードにて3ラウンドの対戦を行ない、総合獲得スコアで順位が決定されます。

日本チーム

人気ストリーマーチーム

  • Japan 人気ストリーマーチーム – Nigongo, Rapiacta, CiNVe, 後日LFS Twitterで発表

PJS α リーグ Phase 2 TOP 3

  • Japan USG_Hyster1cJam – Akira90, clockbox, Relaive, Scrqmb1e
  • Japan SunSister Suicider’s – CrazySam, Sabrac_, gabha, XhanZ1119
  • Japan JUPITER NOVA – YakouLamperouge, Kairos4G, NasTy_FPS, Middleee

推薦人気チーム

  • Japan PUBGRU Redcell – masukun, 1RoHa_, relto/SuikaJP
  • Japan Astro9 – Giru, GalilJP, MAO_TypeX, MiracleTV
  • Japan 世界の名作劇場 – yokkyuuuuuun, Chigaya, RascalChan, Chiwapin

予選 Special DONCUP通過チーム

  • Japan Nsp – AnadesX, Homujp, xNhis, otomedayo
  • Japan AGM Japan Gaming W!NPS – sakanaX, LuFiSa, Lipton168, korokoro62A
  • Japan HANAGUMI STRELITZIA – Assail, HEV-shun5kun, KatzValgeLL, Glaser

中国チーム

ストリーマーチーム

  • China ストリーマーチーム – ToveLo, October, 117, Obang

プロチーム x 3チーム(12名)

アマチュアチーム

  • China Killer
  • China TINYA
  • China SKD
  • China ジァンランダーデゥイ
  • China 7-emg
  • China ランリン

開催情報

  • 日時: 2018年4月21日(土)午後
  • 会場: LFS(ルフス)池袋 esports Arena
  • 競技ゲーム: PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
  • ゲームモード: SQUAD (4人チーム制)、3ラウンドでの合計得点で順位決定
  • 出場チーム: 日本×10、中国×10
  • 実況: ShoboSuke @shobolinco
  • 解説: abara @abaranche
  • 配信: https://www.twitch.tv/lfs_ikebukuro
  • 共催: ベンキュージャパン株式会社 GALLERIA

スケジュール

  • 14:40 実況者によるオープニング、対戦ルール説明(東京/上海同時配信)
  • 14:45 中国チーム紹介 ※上海会場よりライブ配信
  • 15:00 日本チーム紹介
  • 15:15 選手サーバー接続開始
  • 15:30 対戦第1ラウンド
  • 16:30 選手サーバー接続開始
  • 16:40 対戦第2ラウンド
  • 17:40 選手サーバー接続開始
  • 17:50 対戦第3ラウンド
  • 18:35 結果確認
  • 18:50 東京/上海同時に結果発表
  • 18:55 受賞式
  • 19:05 実況者によるクロージング
  • 19:15 配信終了

情報元