プロ野球(4/22)

 ○西武11-5ロッテ●(22日・メットライフ)

 西武が4連勝。

一回に浅村の2ランなどで3点を先取。

その後も山川の3ランなどで、

五回までに今季最多タイの11点を奪った。

巨人から移籍後初先発の高木勇が初勝利。

 ロッテは二木の乱調が響き、

守りのミスも重なって5連敗となった。

 

 

 ○巨人10-1阪神●(22日・甲子園)

 巨人は集中打で大勝し、今季初の同一カード3連勝。

1点を追う四回に5長短打で4点を奪い、

五回以降も岡本の3ランなどで突き放した。

先発の野上は大量リードに守られて8回1失点で2勝目。

 阪神は先制も実らず、今季2度目の3連敗。

 

 

 ○オリックス8-0楽天●(22日・楽天生命パーク宮城)

 オリックスが今季最多の14安打で大勝した。

五回に宗の適時三塁打などで2点を先取。

六回はロメロのソロ本塁打などで3点を加えた。

先発の山岡はスライダーがさえ、7回無失点で2勝目を挙げた。

 楽天は投打に精彩を欠き、2連敗。

 

 

 ○中日3-2広島●(22日・ナゴヤドーム)

 中日が逃げ切り、3連勝。

二回に福田、大野奨の連続適時打で2点を先取し、

三回にも着実に加点した。

ガルシアは7回2失点の好投で3連勝。

 広島は四回に2点を返したが、

五回以降は無安打と打線が振るわず、今季初の同一カード3連敗。

 

 

 ○日本ハム11-2ソフトバンク●(22日・札幌ドーム)

 日本ハムが中田の5打点の活躍で快勝。

一回、中田の犠飛で先制し、

五回は中田、六回は西川がいずれも3ランを放った。

加藤は6回2失点で今季初勝利。

 ソフトバンクは

プロ初登板で先発した新人の高橋礼が踏ん張れず、救援陣も崩れた。

 

 

 ○ヤクルト6-2DeNA●(22日・神宮)

 ヤクルトが連敗を5で止めた。

先発の由規は七回途中1安打無失点の好投で、昨年7月以来の白星。

打線は六回にバレンティンが先制2ラン、

八回に山田哲の2ランなどで突き放した。

 DeNAは今季初先発のウィーランドが一発に泣いた。

 

(毎日新聞)

日本グランプリシリーズ・兵庫リレーカーニバル

 陸上の兵庫リレーカーニバルは22日、

今夏のアジア大会(ジャカルタ)代表選考会を兼ねて

神戸ユニバー記念競技場で行われ、

女子走り幅跳びは

中野瞳(和食山口)が6メートル43の大会新記録で優勝した。

 1500メートルの男子は小林航央(筑波大)が3分46秒96で優勝。

女子はヘレン・エカラレ(豊田自動織機)が4分9秒02の大会新で制し、

田中希実(ND 28AC)が日本選手最高の3位に入った。

女子1万メートルは阿部有香里(しまむら)が32分13秒79で優勝した。

(時事通信)

日本グランプリプレミア・東京陸上競技選手権混成競技大会後半

 陸上の東京混成競技大会最終日は22日、

今夏のアジア大会(ジャカルタ)代表選考会を兼ねて

東京・駒沢陸上競技場で後半が行われ、

男子十種競技は

日本記録保持者の右代啓祐(国士舘ク)が7937点で2連覇を遂げた。

前半首位だった中村明彦(スズキ浜松AC)は7793点で2位。

 女子七種競技は宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が5821点で初制覇。

昨年覇者で左膝故障からの復帰戦となったヘンプヒル恵(中大)は

5441点で3位だった。(時事通信)

全日本女子柔道選手権

 体重無差別で日本一の座を争う

柔道の第33回全日本女子選手権は22日、

世界選手権(9月、アゼルバイジャン・バクー)の

78キロ超級代表選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、

17歳の素根輝(福岡・南筑高)が

決勝で冨田若春(コマツ)を下し、初優勝した。

高校生の優勝は、

16歳で1993年の第8回大会を制し、その後4連覇した阿武教子以来。

(時事通信)

 素根は準決勝で、連覇を狙った朝比奈沙羅(パーク24)と対戦し、

延長の末、指導三つの反則負けに追い込んだ。

決勝も相手の反則負けで制し、初出場で頂点に立った。

 

 

 全日本柔道連盟は22日、

世界選手権(9月、アゼルバイジャン・バクー)の個人戦女子代表として

52キロ級の阿部詩(兵庫・夙川学院高)と、

70キロ級で昨年の世界女王の新井千鶴(三井住友海上)、

78キロ超級の朝比奈沙羅(パーク24)を新たに選んだ。

17歳の阿部は、男子66キロ級で連覇を目指す阿部一二三(日体大)と

兄妹での代表となった。

 日本は個人戦7階級に9人が出場する。

全日本女子選手権を制した素根輝(福岡・南筑高)は

国際大会の実績が朝比奈より劣るため、個人戦代表には選ばれず、

団体戦メンバーに入った。

 今夏のアジア大会(ジャカルタ)の個人戦女子代表も次の通りに決まった。

 ▽78キロ超級 素根

▽78キロ級 佐藤瑠香(コマツ)

▽70キロ級 新添左季(山梨学院大)

▽63キロ級 鍋倉那美(三井住友海上)

▽57キロ級 玉置桃(同)

▽52キロ級 角田夏実(了徳寺学園職)

▽48キロ級 近藤亜美(三井住友海上)。

 

(時事通信)

J1第9節

 明治安田生命J1リーグは22日、

トランスコスモススタジアム長崎で

第9節最終日の1試合が行われ、

ホームの長崎が1―0で柏を下して

開幕7戦目でのJ1初勝利から3連勝。

柏と鹿島に勝ち点11で並び、

得失点差で鹿島を上回って

前節の13位から11位に浮上した。(スポニチアネックス)

 長崎は後半5分、中原の左FKを平松が頭で決めて先制。

試合全体の主導権は柏に握られたものの、

この1点を最後まで守り抜いて

11日のアウェー清水戦(アイスタ)、

14日のホームG大阪戦(トラスタ)に続いて

3試合連続での完封勝ちとなった。

 J1初ゴールが決勝弾となった平松は

「いいボールが来たので、来た瞬間決まるかなと思った」と中原に感謝。

「FWとして結果が求められるので、

そこは(監督の期待に)応えられたかなと思います」と笑顔。

高木監督は3連勝に

「失点しなかったのも今のチーム状態。

まだ危ないシーンもあるが、そこは少しずつ直してもらいながら

もっといいシーンをつくれるようにしていきたい」と穏やかな表情で話した。