プロ野球(4/24)

 ○日本ハム5-3オリックス●(札幌ドーム・24日)

 日本ハムが競り勝った。

同点の三回に大田のソロ本塁打で勝ち越し。

再び追いつかれた直後の四回は

大田が2打席連続本塁打となる2ランを放った。

上沢は5回3失点ながら2勝目。

オリックスの先発・金子は制球が甘く、白星なしの3敗目。

 

 

 ○巨人3-1中日●(長野オリンピック・24日)

 巨人が今季初の4連勝。

1点を追う二回に立岡、山口俊の連続適時打で逆転し、

四回は坂本勇の押し出し四球で加点した。

山口俊は3安打1失点に抑えて、2試合連続完投で3勝目。

中日は平田のソロによる得点のみで、連勝が3で止まった。

 

 

 ○広島7-2DeNA●(横浜・24日)

 広島が連敗を3で止め首位に立った。

一回、丸の適時二塁打などで2点を先取。

四回に会沢がソロを放ち、

五回に鈴木の犠飛などで4得点し突き放した。

先発・中村祐は九回途中まで2失点と好投。

DeNAは好機を生かしきれなかった。

 

 

 ◇雨で中止のプロ野球

 楽天-ロッテ(楽天)

▽ソフトバンク-西武(北九州)

▽ヤクルト-阪神(松山)

 

 

 巨人の小林が規定打席に到達し、

一気にセ・リーグ首位打者に躍り出た。

二回2死一塁でスライダーを引っ張り好機を広げる左前打。

逆転をお膳立てすると、規定打席に達した八回にも右前打を放った。

打率は昨季まで2年連続でリーグ最低だったが、

昨秋のキャンプからバットを振り込んで迎えた今季は3割7分5厘。

「いずれ下がる。今の状態を忘れないように、日々頑張っていきたい」。

攻守で欠かせない存在となれるか。

 

 

(毎日新聞)

賞金総額200万ドルのPUBG公式世界大会『PUBG Global Invitational 2018』がFPP・TPPの両モードを採用し2018年7月にドイツで開催、日本から2チームが出場

pubg-invitational

バトルロワイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』公式世界大会『PUBG Global Invitational 2018(PGI 2018)』の開催が発表されました

PUBG Global Invitational 2018

『PGI 2018』は、世界の各エリアを代表するトップ20チームが出場し、一人称視点の「FPP(first-person perspective)」、3人称視点の「TPP(third-person perspective)」両モードにて4人チーム制(SQUAD)での対戦が実施されます。

『PUBG』には、FPSが人気のアメリカやヨーロッパで『FPP』、主にアジア圏で『TPP』が人気を誇るという地域的な特色があります。公式世界大会ではこの両方で対戦を行う事で真のPUBG世界一を決定することになります。

開催情報

  • 開催日:2018年7月25日(水)~29日(日)
    • TPP: 2018年7月25日(水)、26日(木)
    • FPP: 2018年7月28日(土)、29(日)
  • 開催地:ドイツ・ベルリン
  • 賞金総額:$2,000,000 (約2億1798万円, $1=108.99円)
  • モード: SQUAD、TPP&FPP

出場チーム – 20チーム

  • ヨーロッパ×3
  • 北米×3
  • アジア (中国・日本・韓国以外)×3
  • CIS×2
  • 韓国×2
  • 中国×2
  • 日本×2
  • 南米×1
  • オセアニア×1
  • 中東・北アフリカ×1

Changhan Kim氏のコメント (PUBG Corp. CEO)

『The PUBG Global Invitational 2018』はPUBG esportsの可能性を披露する、PUBG Corpにとって極めて重要な大会となります。

PUBG Corpチームは、PGI 201がPUBG競技における最高峰の大会となることを確実とするため懸命に取り組んでいます。PUBG最高レベルのプレーによる興奮、緊張感、爽快感を会場のファンだけでなく、オンライン経由での視聴者するみなさんにもお届けいたします。

PUBG esportsに関する言及

上記コメント内にPUBG esportsについての言及がありますが、ゲームを手がけるPLAYERUNKNOWNことBrendan Greene氏は、EurogamerのインタビューにてPUBG eスポーツについて語っていました。以下は自分がまとめた内容です。

・PUBG esportsのインフラ構築に多額の投資をしている
・アメリカ、ヨーロッパ、アジアにチームを作りグローバルに取り組んでいる
・チームや選手を支援するために必要なツールを開発するつもり
・巨大スタジアムでのイベントや長期リーグを3年以内位で見ることが出来たらと思う https://t.co/IWIVVKORuH— Yossy (@YossyFPS) 2018年4月18日

日本代表は『PUBG JAPAN SERIES βリーグ』で決定か

日本プロリーグ設立を目指して開催される日本国内の公式大会『PUBG JAPAN SERIES』βリーグには、世界大会の出場チームを決定する機能が内包されています。

PUBG JAPAN SERIESは日本国内における「PUBGプロリーグ設立」を目指して開催するリーグ形式の大会です。

国内のPUBGプレイヤーに世界大会への切符が掴める公式大会の場を提供しつつ、プロリーグ設立へ向けて準備段階としてαの次のステップとしてβリーグを開催致します。
【PUBG JAPAN SERIES βリーグ Phase1 PaR】大会概要 – PUBG JAPAN SERIES(PJS)公式 – DMMGAMES

βリーグは今週末2018年4月28日(土)から開幕となり、2018年6月29日(金)まで実施される予定です。2018年7月末という公式世界大会の日程を考えると、βリーグでの上位2チームが日本代表としての権利を獲得出来る可能性が高いと思われます。

大会の詳細については、今後順次発表されていく予定です。

情報元

eスポーツプラットフォーム『Battlefy』が『Quake Champions』の公式コミュニティトーナメントを欧米エリアを対象として開催

qc

eスポーツプラットフォーム『Battlefy』が『Quake Champions』の公式コミュニティトーナメント開催を発表しました。

Quake Champions Community Tournaments

『Quake Champions Community Tournaments』は1vs1、2vs2のフォーマットを採用し、アメリカ・ヨーロッパエリアを対象として賞金総額18,000のウィークリートーナメントとして開催されます。

賞金内訳

Duel

  • 1位: $50
  • 2位: $25
  • 3位: $15

2v2

  • 1位: $100
  • 2位: $50
  • 3位: $30

詳細なルールについては、こちらのpdfファイルから確認することが出来ます。ルールによると出場出来るのは18歳以上で、国によっては賞金支払いの対象にならないことなどが明記されていました。

情報元