プロ野球(5/1)

 ○阪神7-1DeNA●(1日・甲子園)

 阪神が投打に圧倒して快勝した。

一回に糸井の適時二塁打などで3点を先取し、

その後もリードを広げた。

先発・秋山は球威があり、

制球も安定して今季初完投で2勝目。

 DeNAは先発・今永の立ち上がりが不安定でつかまった。

 

 

 ○オリックス4-2西武●(1日・京セラドーム大阪)

 オリックスが競り勝った。

一回2死満塁から安達の3点適時二塁打で先制。

四回は吉田正の押し出し四球で加点した。

先発・アルバースは要所を抑えて3勝目。

 西武は先発・高木勇の制球が定まらず、4連勝を逃した。

 

 

 ○広島6-4巨人●(1日・マツダスタジアム)

 広島が逆転勝ち。

2点を追う三回、

バティスタ、鈴木の連続ソロと

田中の押し出し四球で3点を挙げて逆転した。

先発・中村祐は三回から立ち直り、6回3失点で今季3勝目。

 巨人は先発・山口俊の制球が甘く、連勝が8で止まった。

 

 

 ○中日6-5ヤクルト●(1日・神宮)

 中日が逆転勝ち。

2点を追う八回に平田、藤井の連続適時打で同点とし、

さらに大島の左越え2点適時二塁打で試合をひっくり返した。

3番手・谷元が初勝利。

 ヤクルトは7投手の継投も実らず、今季2度目の5連敗を喫した。

 

 

 ○ソフトバンク3-1ロッテ●(1日・ゾゾマリン)

 ソフトバンクは投打がかみ合った。

二回に松田の適時打で先制。

四回には内川と松田のソロで2点を追加した。

先発の千賀は直球に威力があり、

7回1失点、10奪三振で今季初勝利。

 ロッテは淡泊な攻撃が多く、先発の石川を援護できなかった。

 

(毎日新聞)

東都大学野球春季リーグ第4週第1戦

 東都大学野球春季リーグ戦第4週第1日は

1日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、

東洋大が駒大を4―2で、中大は立正大を7―2で

それぞれ下して先勝した。(時事通信)

 東洋大は同点の九回、

岡崎(1年、帝京)の中前打で勝ち越した。

中大は2点リードの七回に

内山(2年、習志野)の2点適時打などで

3点を加えて突き放した。

伊藤(4年、小山台)が今季6試合目の登板で初勝利。

 

明日の予告先発

 プロ野球、2日の予告先発が次の通り発表された。

 ヤクルト・原-中日・笠原(神宮)

 阪神・メッセンジャー-DeNA・浜口(甲子園)

 広島・岡田-巨人・吉川光(マツダスタジアム)

 日本ハム・上沢-楽天・岸(札幌ドーム)

 ロッテ・大隣-ソフトバンク・バンデンハーク(ZOZOマリンスタジアム)

 オリックス・ディクソン-西武・カスティーヨ(京セラドーム大阪)

 

(デイリースポーツ)

旧時代のおしゃれ話。

先日なつかしの「オニオンシリーズ」の記事を上げたら結構お便りを頂きました。「もっと旧時代の服の話を聞きたい!」僕的にはもうさんざん昔から書いてきたので、いまさら・・・という気持ちがあったんですが、さすがにたくさん記事を書いてきたのでそこから探して!って言うのもしのびなくなってきましたwという事で、GW中は昔話を中心にしていこうかなと思います。僕も楽なので・・・w なのでしばらく一度読んだ事あるぞ!?