プロ野球(5/16)

 ○DeNA5-0阪神●(甲子園・16日)

 DeNAが新人・東の初完封で今季阪神戦初勝利。

東は球威、制球とも良く、今季3勝目。

打線は一回にロペスの適時打で先制し、

その後もロペスの適時二塁打などで加点した。

阪神は先発・岩貞が要所で粘れず、攻守とも精彩を欠いた。

 DeNA・ラミレス監督 

(東は)文句のつけようのない投球。

打線も一回から援護できた。

すごく(投打が)かみ合った試合だった。

 阪神・金本監督 

打線は先週からずっと悪い。

(岩貞について)特別良いとも悪いとも見えなかった。

 

 

 ○巨人12-4ヤクルト●(県立鴨池・16日)

 巨人が先発野手全員安打で大勝。

同点の四回に吉川尚の2点適時三塁打などで7点、

七回は小林の2点適時打などで4点と、打者10人の猛攻を2度見せた。

先発・吉川光が6回1失点で3勝目。

ヤクルトの先発・原は四回に崩れて今季5連敗。

 

 

 ○日本ハム1-0西武●(東京ドーム・16日)

 日本ハムが接戦を制した。

七回無死から敵失と死球で一、三塁とし、西川の犠飛で決勝点を挙げた。

先発・上沢は4年ぶりの完封で4勝目。

西武は七回途中まで2安打と好投した十亀を援護できず、

2試合連続の零封負けを喫した。

 

 

 ○中日5-2広島●(ナゴヤドーム・16日)

 中日が対広島戦5連勝。

一回無死二塁、京田の右越え適時二塁打で先制し、

七回にアルモンテ、福田の適時打で差を広げた。

先発・柳は変化球の切れがよく、9奪三振で2勝目。

広島は六回にミスから失点したのが響き、岡田は今季初黒星。

 

 

 ○ソフトバンク12-4楽天●(楽天生命パーク宮城・16日)

 2桁安打を放ったソフトバンクが3連勝。

同点の五回に松田の右前適時打などで3点を勝ち越し。

松田は六回にも2ランを放った。

先発の石川が七回途中まで投げて4失点で今季6勝目。

楽天は先発の美馬が五回途中6失点と崩れた。

 

 

(毎日新聞)

東都大学野球春季リーグ第5週第2戦

 東都大学野球春季リーグ戦第6週第2日は

16日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、

立正大が東洋大を7―3で、亜大は国学院大を8―6で

それぞれ破って連勝し、ともに勝ち点2とした。(時事通信)

 立正大は5―3の九回に2点を加えて突き放した。

糸川(2年、川之江)が7回3失点でリーグ戦初勝利。

亜大は七回までに8点を奪って逃げ切った。

鶴竜に土

 <大相撲夏場所>◇4日目◇16日◇東京・両国国技館

 初の2場所連続優勝を狙う横綱鶴竜(32=井筒)に土がついた。

前頭2枚目松鳳山(34=二所ノ関)に押し込まれ、

引いたところを押し倒された。

松鳳山は5個目の金星となった。

 2場所連続休場から復活を目指す横綱白鵬(33=宮城野)は、

前頭筆頭魁聖(31=友綱)を上手出し投げで下し4連勝を飾った。

 大関豪栄道(32=境川)は

前頭筆頭玉鷲(33=片男波)に押し出され、2連勝のあと2連敗となった。

 大関とりのかかる関脇栃ノ心(30=春日野)は

小結御嶽海(25=出羽海)を危なげなく寄り切って4連勝とした。

5日目は初日から4連敗の魁聖と対戦する。

 関脇逸ノ城(25=湊)も

前頭3枚目豊山(24=時津風)を寄り切って4連勝をマークした。

 新三役の小結遠藤(27=追手風)は

前頭2枚目阿炎(24=錣山)の回転のいい突っ張りに突き出されて

2勝2敗となった。

 4日目を終わって勝ちっ放しは

白鵬、栃ノ心、逸ノ城、前頭4枚目正代(26=時津風)の4人となった。

(日刊スポーツ)