マウスの振り幅がわかるNegitaku.orgモデル超数量限定QcK+マウスパッドが『SteelSeries』からプレゼント企画として登場

『SteelSeries QcK+』の超数量限定Negitaku.orgモデルが、『SteelSeries』のプレゼント企画として登場しました。 Negitaku.orgモデル SteelSeries QcK+ こちらのマウスパッドは、2017年8月に当サイトが15周年となったことを記念し製作のお話が進んでいたのですが、今回プレゼント企画として誕生が実現しました。 「マウスの振り向き○センチ」というゲーマーあるあるネタを反映して、マウスパッド『QcK+』に目盛りをつけ、振り向き幅がわかりやすいというデザインにしていただきました。 先月開催された『C4 LAN 2018 SPRING』に持ち込み、写真を公開したところ「欲しい」という声をたくさんいただきまして、今回『SteelSeries』のアンケートに回答頂いた中から抽選で3名にプレゼントさせていだたくことになりました。 Coming soon from @SteelSeriesJP …?! pic.twitter.com/jN505mHzQ1 — Negitaku.org esports (@negitaku) May 11, 2018 応募方法 下記アンケートに全て回答いただいたくと、抽選でプレゼントが当たります。 キャンペーン期間 2018年5月25日(金)~6月10日(日) プレゼント SteelSeries x Negitaku コラボ QcK+ (3名) SteelSeries オリジナルキャップ (3名) 【Negitaku x SteelSeries】コラボキャンペーン開催! ニュースサイト『https://t.co/cPL85cGzTv』(@negitaku )さんのリニューアルを記念し、振り向き21.5cmまで測定可能なNegitakuオリジナルQcK+とSSキャップを、各3名様にプレゼント。 応募用アンケートフォーム:https://t.co/9GuwUGArQi pic.twitter.com/dbLqr4UFbG — SteelSeries Japan (@SteelSeriesJP) May 25, 2018 アンケートの実施主体、個人情報の取り扱い、プレゼントの発送は『SteelSeries』様となります。 このマウスパッドは、いまのところ5枚ほどしか存在していないと聞いているのでかなりレアなアイテムだと思います。 ぜひプレゼントにご参加下さい。 …

中国人「日本メディアが南京大虐殺の証拠を復元 我々から肯定的な評価を受ける」

日本メディアが南京大虐殺の証拠を復元 中日のネット民から肯定的な評価を受ける1937年12月、数万人の中国人が南京の魚雷営に集められた。同胞たちは日本軍に銃で撃たれ、血の涙を流しながら倒れていった・・・日本兵の回顧:「我々が掃射を開始し、1分間に600発を植えてる機関銃で15分から20分の間連続掃射しました・・・弾薬箱は空になっていました。無数の血肉が一瞬で冷たい死体になってしまった。射撃の後、日本兵たちは銃剣