土曜稽古はフィギア男子の金銀メダルで沸いた日?

今日の午前熊谷稽古刀剣はT三段が参加・・・

稽古場の剣道場を見渡すと一人だけ・・・どうも先週より韓国韓国で行われている

平昌冬季五輪地球に目が向いているのか?先週に引き続き極めて少ないのです

今朝の五輪種目は9時30分からNHKテレビで「フィギュアスケート男子フリー」の放映

この時間帯は稽古が9時~ですので、どうも穿った見方で思ってしまいますね~

 

前日のシュートプログラムで羽生結弦選手が首位で宇野昌磨選手が三位ですので

気になる処なのが解りますね~

(午後の稽古をして自宅に戻るとフィギュアの結果がわかり

羽生選手日本が金メダル王冠1、宇野選手日本が銀メダル王冠2で世界を沸かせていましたね~

おめでとうございます!拍手ニコニコ」)

   

金銀ダブルメダルのお二人クラッカー  羽生選手 宇野選手   頑張った日本!拍手

 

この日はきしくも将棋オープン戦で藤井壮太新六段(15歳)が

羽生竜王善治竜王(47歳)を破りドンッ

優勝王冠1して棋界に衝撃を与えましたね~(驚きですえっ・・・)

そんな日ですので「羽生で勝って羽生で負けた」・・・歴史的な日ですよね~?ニコニコ

 

稽古刀剣の話に戻しますと・・・マンツーマンでT三段の居合形を20形の中から

主だった形を今日は観る目ことにしました・・・

三段ともなると速さ(スピード)を求めるのこともあり注意点パンチ!を連写で撮ってみました

座技「連(れん)・捨(しゃ)・陰中陽(ようちゅういん)・陽中陰(いんちゅうよう)

響き返し(ひびきかえし)」など、立技は「両車(りょうぐるま)・野送り(のおくり)

夢想返し(むどうかえし)・四方(しほう)」などの居合形稽古です

 

  

四方             両車              夢想返し

  

連               陰中陽            響き返し

 

連写での分析では刀の角度、刀運びと(運剣)刃筋、切先上がり、

足運びあしと「一足一刀」のタイミング、捌きと背筋と腰の入れ方などで・・・

スピード(速さ)キラキラは問題はないですね~これからは自分の形に緩急をつけ

凄みを活かした斬れる己の居合形にしましょう

次回の時に指摘グッド!しておきましょう・・・

 

  

陽中陰             陰中陽            夢想返し

(Kさん「左」は膝を痛めているショック!ため、座技を立ち技に変えて稽古です)

 

午後の本庄場所はKさんTさん両初段の稽古です・・・

組太刀稽古を初めて二回目ですので「間合い」の説明を具現化した動きを

見せる(足運び)や(木剣の斬り処・ものうちの位置など)

 

互いに寄り木剣の切先を合わせ斬る頭の前頭部に互いに合わせる

(この場面が一足一刀・・・右足を踏み込みものうちが前頭部に届く)

相手の前頭部に届き生死を分ける間合い①です

 

真剣刀剣で戦う場合の場面では)よくこの間合いから生死を分けるから踏み出せず・・

ヤ~ヤーおーオー」と掛け声だけ勇ましく・・・なかなか踏み出あしせないのですニコニコ

※ものうち=刀の切先から10cmくらいの処が打ち込んで斬っても強く、丈夫な刃の部分

 

  

①間合いを測る 組太刀  ②北斗(ほくと)    ③ 太白(たいはく)

一足一刀の間合い)キラキラ

 

そして仕太刀(勝つ方)打太刀(負ける方)に別れ打太刀が仕立ちの首を袈裟で斬る

それを仕立ちが後の先(遅れて正中線を取る)・・・この時、仕立ちは木剣の鍔元に近い

ところで受けないと打太刀の木剣に打ち負ける(又は押さえられてしまいます)

稽古の時は気をつけましょう

 

・・・そうすると正中線を取られ

仕立ちの空いた隙を狙い・・真向で斬りで斬りかかる処を仕太刀が右足の正中線を外し

カウンターで、打太刀の喉元に②切先を突ける刀剣のです・・・

 

解り易く・・・身体と木剣を使用しながら説明で何度も熱く語りましたよ~

今日は「北斗・太白」の二形ですが・・・何度でも反復し身体で覚えましょう・・・

「理論より実践です・・・」

どうもお年寄りは頭で(理屈メモが先で)

考えてからうーん動作を覚えようという傾向がありますね~

では、また来週お目にかかりましょう!グッド! ニコニコ

 

 

【動画更新】造形王シャンクス!大事故発生!?…フィギュア写真対決でとんでもないことに…

こんばんわぁ~!!

最近ピザばかり食べてる。

コヤッキーです。コヤッキー

 

 

とーや君リベンジ企画☆

 

 

 

 

ということで、、、

今日の動画です☆

 

 

 

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

写真対決…続!!

【造形王シャンクス】大事故発生!?…フィギュア写真対決でとんでもないことに…

 

 

 

前回の動画も、合わせてご覧くださいませ(‘◇’)ゞ

 

 

コヤッキー編!!

【造形王シャンクス】リベンジしたらとんでもないことに…フィギュア写真対決の続き

 

 

とーや編!!

【造形王ゾロ】恐竜と戦わせてみた!(写真対決とーや編)

 

■□ ここから撮影の裏話 □■

とーやくんはいろいろ持っている男だ♪

 

 

今回のリベンジ企画、

めちゃ面白かったなー・・・

 

 

そもそも、前回のこの恐竜とゾロの対決も

めっちゃシュールで笑い転げてました(‘◇’)ゞ

 

 

今回はけっこう真面目に考えてたらしくて

わざわざ横浜・みなとみらいまでロケ!

 

「日本丸」と「海」を題材に

シャンクスを撮影するってオシャレですよね!

 

 

ただ、残念な結果に・・・ww

 

また2/20以降に

本当のリベンジをしてほしいものです。

 

 

 

次回は、まだ未定・・・やばい!企画決まらん…!?

 

 

 

​​​​​​​

冬季五輪・平昌2018・9日目

 平昌五輪第9日は17日、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、

ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が

男子66年ぶりとなる連覇を果たした。

今大会の日本勢金メダル第1号。

冬季五輪で日本選手の個人種目連覇は初めて。

五輪初出場の宇野昌磨(トヨタ自動車)も銀メダルを獲得した。

 日本勢の今大会のメダル獲得数は9(金1、銀5、銅3)。

前回ソチ五輪の8を上回り、海外開催の冬季五輪では最多獲得数となった。

過去最多のメダル数は1998年長野五輪の10。

 カーリングの日本女子は中国に6―7で初黒星を喫したが、

OARを10―5で破って通算4勝1敗。

日本男子はイタリアを6―5で下し、通算2勝2敗とした。

ジャンプ男子個人ラージヒルは

21歳の小林陵侑(土屋ホーム)が10位に入ったのが日本勢最高。

竹内択(北野建設)は22位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は24位。

ソチ五輪銀メダルで45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は2回目に進めなかった。

 ショートトラックでは、男子1000メートルで坂爪亮介(タカショー)が5位に入った。

日本男子が個人種目で入賞したのは2006年トリノ大会以来で3大会ぶり。

吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)は準々決勝で敗退した。

女子1500メートルでは菊池純礼(トヨタ自動車)が11位。

フリースタイルスキー男子エアリアル予選では

田原直哉(ミルキーウェイ)が決勝に進めなかった。 (時事通信)

 

 

 フィギュアスケートは17日、男子フリーが行われ、

羽生結弦(ANA)が合計317.85点で2014年ソチ大会に続く金メダルを獲得した。

男子の五輪連覇は

1948年サンモリッツ、52年オスロ両大会を制したディック・バトン(米国)以来66年ぶり。

ショートプログラム(SP)首位の羽生はフリー2位として逃げ切った。

 宇野昌磨(トヨタ自動車)はSPに続いてフリーも3位となって合計306.90点とし、

初出場で銀メダルを獲得した。

フィギュアスケートの日本勢が

同一大会の同じ種目で複数のメダルを獲得したのは初めて。

 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が合計305.24点で銅メダル。

金博洋(中国)が4位。ネーサン・チェン(米国)はSP17位から巻き返して5位に入った。

田中刑事(倉敷芸術科学大)は18位。

 

 

 アルペンスキーは17日、女子スーパー大回転が行われ、

エステル・レデツカ(チェコ)が1分21秒11で金メダルを獲得した。

史上初めてスキーとスノーボードの両競技で代表入りしたレデツカは、

スキーのアルペン種目でチェコ勢初の金。

アナ・ファイト(オーストリア)が2位、ティナ・ワイラター(リヒテンシュタイン)が3位に入った。

 

 

 フリースタイルスキーは17日、男女各1種目が行われ、

男子エアリアル予選で

田原直哉(ミルキーウェイ)は1回目に17位、2回目は13位にとどまり、

それぞれの上位6人による計12人で争う18日の決勝に進めなかった。

 日本選手が出場しなかった女子スロープスタイルは、

サラ・ヘフリン(スイス)が決勝3回目で91.20点をマークし、金メダルを獲得した。

 

 

 アイスホッケーは17日、女子の準々決勝が行われ、

フィンランドがスウェーデンを7―2で下し、

日本は18日の5~8位決定予備戦でスウェーデンと当たることが決まった。

1次リーグの対戦では、日本が1―2で敗れている。

OARはスイスを6―2で破り4強入り。

 男子の1次リーグA組では

3連覇を狙うカナダがゲームウイニングショットの末チェコに2―3で敗れ、

1勝1敗となった。

チェコは2連勝。

 

 

 ノルディックスキー・ジャンプ男子は17日、

個人ラージヒル(HS142メートル、K点125メートル)が行われ、

21歳の小林陵侑(土屋ホーム)が135.5メートルと128メートルを飛び、

258.0点で10位だった。

ソチ五輪個人2冠のカミル・ストッフ(ポーランド)が

135メートルと136.5メートルを飛び、285.7点で連覇を達成した。

 竹内択(北野建設)は22位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は24位。

45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は1回目33位で2回目に進めなかった。

 

 

 ノルディックスキー距離は17日、女子20キロリレーが行われ、

ノルウェーが51分24秒3で2大会ぶりに優勝した。

 アンカーのマリット・ビョルゲンは冬季五輪13個目のメダルで、

同じノルウェーで

バイアスロン男子のオーレアイナル・ビョルンダーレンの最多記録に並んだ。

金メダルは7個で

ビョルンダーレンとビョルン・ダーリ(ノルウェー、スキー距離男子)の最多8個に

あと1と迫った。

 2秒差の2位は前回優勝のスウェーデン、3位はOARだった。

日本は出場していない。

 

 

  バイアスロンは17日、女子12.5キロが行われ、

アナスタシア・クズミナ(スロバキア)が35分23秒0で金メダルを獲得した。

2014年ソチ五輪優勝のダリア・ドムラチェワ(ベラルーシ)が2位、

3位はティリル・エックホフ(ノルウェー)だった。

日本選手は出場していない。

 

 

 スピードスケート・ショートトラックは17日、

男子1000メートルの準々決勝以降が行われ、

坂爪亮介(タカショー)が5位に入った。

坂爪は決勝進出を逃したが、6~8位決定戦で1着となり、

決勝に臨んだ選手1人が失格したため順位が繰り上がった。

日本男子が個人種目で入賞したのは

2006年トリノ大会で500メートル6位の寺尾悟以来で3大会ぶり。

吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)は準々決勝で敗退した。

サミュエル・ジラール(カナダ)が金メダル。

 女子1500メートルでは

菊池純礼(トヨタ自動車)が8~12位決定戦4着で11位。

神長汐音(長野・小海高)と菊池悠希(ANA)は予選で姿を消した。

崔※(※王ヘンに民)禎(韓国)が優勝した。 

競泳・コナミオープン

 競泳のコナミ・オープン第1日は17日、

東京辰巳国際水泳場で行われ、

女子200メートル自由形で

池江璃花子(ルネサンス亀戸)が

1分55秒04の日本新記録を樹立して優勝した。

昨年1月に自身がマークしたタイムを1秒29更新した。

 女子400メートル個人メドレーは、

大橋悠依(東洋大)が4分34秒99の大会新で制した。

男子400メートル個人メドレーは

2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(ANA)が

4分15秒75で優勝。

同50メートル自由形は

中村克(イトマン東進)が21秒91の大会新で勝った。(時事通信)

Jリーグ・プレシーズンマッチ

 Jリーグ開幕に向けて、

J1のFC東京と横浜マのプレシーズンマッチが17日、

東京・味の素スタジアムで開かれ、1-0でFC東京が勝った。

(毎日新聞)

 新監督が就任して上位進出を目指す両チーム。

FC東京は前半5分、

GKが前に出てクリアしたボールを拾った

FW前田のロングシュートが入って先制。

前オーストラリア代表監督のポステコグルー監督が率いる

横浜マの攻撃に対して、韓国代表DF張賢秀、

故障から復帰したDF森重ら守備陣が踏ん張り、そのまま逃げ切った。

 一方で課題である攻撃面では効果的な崩し方は見せられず、

MF高萩は「相手DFライン裏を意識して狙ったがミスが多かった」。

長谷川監督は「速く攻め上がった時のボールの動かし方がまだうまくいっていない。

宿題を残しながら変えていきたい」と話した。