プロ野球

 プロ野球のセ・リーグは23日、

首位の広島がDeNAにサヨナラ勝ち、

2位のヤクルトも中日に勝ったため、

広島の優勝マジックは「1」に減った。

広島が24日にDeNAに勝つか、

ヤクルトが中日に敗れる、

もしくは両チーム引き分けで、

広島の3年連続9回目のリーグ優勝が決まる。

(毎日新聞)

 

 

 ○広島2-1DeNA●(23日・マツダスタジアム)

 広島がサヨナラ勝ちで優勝マジックを1にした。

六回に西川の左前打で同点。

九回1死二、三塁で、代打・松山の右前打で試合を決めた。

 DeNAは四回にロペスのソロで先制したが、

打線がつながりを欠き、連勝は4で止まった。

 

 

 ○ソフトバンク2-0日本ハム●(23日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが4人の継投で零封勝ちし、5連勝。

ミランダは落ちる球を有効に使い、

七回途中1安打無失点に抑えて4勝目。

打線はグラシアルが五回に2試合連続となる8号ソロを放った。

 日本ハムはマルティネスの好投が実らず。

 

 

 

全日本女子剣道選手権大会

 剣道の第57回全日本女子選手権(毎日新聞社など後援)が

23日、長野市真島総合スポーツアリーナ「ホワイトリング」で行われ、

決勝で高橋萌子四段(神奈川・神奈川県警)が

佐藤みのり四段(福島・法大3年)を降し、

2年連続2回目の優勝を果たした。

大会連覇は2012、13年の山本真理子六段(大阪・大阪府警)以来。

ビーチバレー・ジャパンツアーファイナルズ

 ビーチバレーのジャパンツアー年間王者を決める

ファイナル大阪大会最終日は

23日、グランフロント大阪うめきた広場で行われ、

女子決勝で

石井美樹(湘南ベルマーレ)村上めぐみ(オーイング)組が

溝江明香、橋本涼加組(トヨタ自動車)を2―0で下し、

3連覇を果たした。

 男子は

石島雄介(トヨタ自動車)高橋巧(ANAセールス)組が

決勝で永井雄太、上場雄也組(松戸レガロ)に2―1で競り勝ち

優勝した。(時事通信)

全日本実業団対抗陸上競技選手権大会最終日

 陸上の全日本実業団対抗選手権最終日は

23日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、

男子100メートル決勝は

ジャカルタ・アジア大会銅メダルの山県亮太(セイコー)が

無風の条件下で10秒01をマークし、3連覇を遂げた。

9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀(日本生命)は10秒22で2位。

 男子棒高跳びは

山本聖途(トヨタ自動車)が5メートル65で2年連続3度目の制覇。

同110メートル障害は高山峻野(ゼンリン)が13秒59で初優勝した。

女子100メートルは世古和(乗馬ククレイン)が11秒66で制し、

同100メートル障害は青木益未(七十七銀行)が13秒31で2連覇した。

(時事通信)