RG サザビー レビュー

イメージ 1

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアに登場するシャアのMS、サザビーがついにRGで登場!

箱もいつものサイズとは違い、MG並みのサイズになっていました
価格は4860円
イメージ 2

フロント

今までのサザビーとはまた違ったアプローチのディテール・バランス
肩は大きめで力強く胴体は少しボリューム控えめなメリハリの利いたアレンジ
1/144とは思えないディテールやパーツ構成がお見事
胴体は事前情報だと少し小さすぎかなと個人的に思っていましたが、いざ組んで弄ってみると思ったほどの違和感は感じませんでした。
イメージ 3
イメージ 4

正面&背面

アドバンスドMSジョイントは肘や膝などの関節には使用されておらず、今回は肩アーマーのフレームや腰フレーム・手首部分のフレームにのみ使用されています
RGのアイデンデティティ的なものは薄まっているかもですが、個人的にはこの方が遊びやすくて好きです。
イメージ 66

アッ


イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

そして今回も外装の展開ギミックが搭載

MG Ver.Kaよりは流石に簡略的ですが、これを1/144で出来ちゃうのは凄い・・・
イメージ 17

HGUCのサザビーと

同じサイズとは思えないディテールのギッシリ感・・・!
イメージ 9
イメージ 10

腕の可動

肩アーマーは前方に開き、そのまま腕を前に出すことが可能
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

脚部の可動

足首の可動が広く、これによりスタンドなしでも色々遊ぶことが可能
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16

首・腰の可動

腰は少し浮かせることで左右のスイングも可能
イメージ 18

武装一覧

ビームトマホークの刃は長短2つずつ付属
イメージ 19

ビームサーベルの柄は前腕部に収納した状態を再現するためのパーツが付属

イメージ 20

武器持ち手首は根元が可動し、様々な角度に出来ます

イメージ 21

ビームショットライフル

専用の持ち手が付属
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25

シールド

接続パーツは前後や左右にロール可動
裏側にはビームトマホークの柄やミサイルを搭載可能
イメージ 26
イメージ 27

ファンネル

1/144サイズながら差し替えなしで展開可能
3mm穴もあり、スタンドにて展示も可能です
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33

スタンド専用のアタッチメントパーツが付属しており、アクションベース等を使用し展示が可能です

イメージ 28
イメージ 29
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41

ビームショットライフルで

両手分の平手が付属していて、ポーズ付けにも役立ちます
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47

ビームサーベルで

イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52

ビームトマホーク(方刃状態)で

イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55
イメージ 56
イメージ 57
イメージ 58
イメージ 59

両刃状態で

イメージ 60
イメージ 61
イメージ 62
イメージ 63

シールドに収納した状態でもビームトマホークを展開可能

こういった大振りでものでも持ち前の可動範囲と関節強度でバッチリポーズ付けられます
イメージ 64

ファンネルでも

イメージ 65

以上、RGサザビーでした

記述した通りアドバンスドジョイントが今までのRGと比べ少ないですが、少ないながらも肩アーマーの前方可動やスカート可動等、全てにおいてしっかり機能しています。個人的には使う部分はこのくらいの方が遊びやすくていいなぁとも。
サザビーときたらやはりνガンダムも来るのかなと期待してしまいますが、シナンジュ~ユニコーンの期間も大分長かったし、気長に待つことにします・・・w

アジア競技大会2018ジャカルタ開会式

 【ジャカルタ=読売取材団】

アジアのスポーツの祭典、第18回アジア競技大会は

18日、ジャカルタのGBKメインスタジアムで開会式が行われ、

16日間の大会の幕を開けた。

インドネシアでの開催は1962年のジャカルタ大会以来2度目となる。

 日本は今大会に男子408人、女子354人、計762人の選手を派遣。

監督やコーチなども含めた日本選手団は史上最多の1096人に上る。

開会式の日本の旗手は、

ソフトボールの上野由岐子選手(36)(ビックカメラ高崎)。

今大会にはアジア・オリンピック評議会(OCA)に加盟する45の国・地域から

約1万1500人の選手が参加し、9月2日まで、計40競技465種目が行われる。

ガールズケイリン

 「ガールズドリームレース・

ガールズケイリンコレクション2018いわき平ステージ・F2」

(18日、いわき平)

【写真】GKCで2回連続2着 悔しさをにじませていた

 G1オールスター4日目9Rで行われ、

児玉碧衣(23)=福岡・108期・L1=が

最終2角6番手からまくって1着。

ガールズ特別レース初制覇を飾り、

賞金313万円(副賞含む)を手にした。

ホーム過ぎに切り替えて児玉を追った石井貴子(千葉)が2着、

バックで内を突いて上昇した石井寛子(東京)が3着に入った。

 児玉はこの優勝で今年の獲得賞金額1327万2000円となり、

石井寛を抜いて1位に。

特別レース初優勝には

「やっと獲れました。うれしいです」と満面の笑み。

ガールズ総選挙2018で1位選出について

「優勝して(ファンに)恩返しすることができました。よかったです」と語った。

最後に「(この優勝は)通過点。もっと上を目指していきます。

もっと練習して、グランプリで優勝できるように頑張ります」

とさらなる目標へ突き進むことを誓った。(デイリースポーツ)

プロ野球

 巨人10-0中日(セ・リーグ=18日)――巨人が投打に圧倒。

三回にマギー、阿部、長野の3本塁打で主導権を握り、

菅野は中日打線を2安打に抑えて4度目の完封勝利をマーク。

中日の連勝は3でストップ。

    ◇

 阪神4-3ヤクルト(セ・リーグ=18日)――阪神が接戦を制した。

四回に内野ゴロの間に勝ち越し、

六回に2本のソロ本塁打で加点して逃げ切った。

六回途中3失点の小野が7勝目。

ヤクルトは3連勝ならず。

    ◇

 広島4-1DeNA(セ・リーグ=18日)――

広島が競り勝ち、優勝マジック30を再点灯させた。

1点を追う四回、鈴木と松山の適時打で逆転し、八回にも2得点で突き放した。

DeNAは終盤の好機を生かせず。

 

 

 楽天3-2ロッテ(パ・リーグ=18日)--楽天が競り勝った。

一回に島内と銀次の適時打で2点を先行。

同点とされたが、八回に敵失で勝ち越した。青山が3勝目。

ロッテは攻守のミスが響き3連勝ならず。

    ◇

 西武7-6日本ハム(パ・リーグ=18日)--西武が接戦を制した。

2点を追う八回、金子侑の三塁打などで3点を挙げ、逆転に成功。

最後はヒースが締めた。

日本ハムは粘りを見せたが、逃げ切りに失敗。

    ◇

 ソフトバンク7-2オリックス(パ・リーグ=18日)--ソフトバンクが2連勝。

六回に柳田の適時打などで5点を勝ち越し、継投で反撃を封じた。

ミランダは来日初登板で初勝利。

オリックスは投手陣が踏ん張れず。

 

(読売新聞)

J2第29節

 明治安田J2リーグは18日、各地で第29節の10試合が行われ、

首位松本は町田に0―1で競り負け、10試合ぶりの黒星で連勝は5で止まった。

勝ち点は56のまま。町田は同53に伸ばし、2位に浮上した。

前節2位の大分は東京Vと0―0で引き分けて3位に後退。

 横浜Cは讃岐に2―0で快勝して勝ち点を49とし、

大宮は新潟を2―1で下して同47とし、それぞれ4位、5位に順位を上げた。 

(時事通信)