冬季五輪・平昌2018・15日目

 平昌五輪第16日は24日、

スピードスケート新種目の女子マススタートが行われ、

高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダルに輝いた。

カーリング女子では

LS北見の日本が英国との3位決定戦を5―3で制し、

初のメダルとなる銅を獲得。

日本勢は今大会の獲得メダルが13個(金4、銀5、銅4)となり、

史上最多記録を塗り替えた。

高木菜は女子団体追い抜きに続いて今大会の金は二つ目。

冬季五輪1大会で複数の金メダルを獲得した日本女子選手は

初めてとなった。

スピードスケートは

今大会でメダル6個(金3、銀2、銅1)と強さを示した。

 女子マススタートの佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は

1回戦で転倒し敗退。

男子マススタートはウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が11位、

土屋良輔(メモリード)は決勝に進めなかった。

 スノーボードの女子パラレル大回転では、

ソチ五輪銀メダルの竹内智香(広島ガス)が

決勝トーナメントの準々決勝で敗退して5位となり、

2大会連続の入賞を果たした。

男子の斯波正樹(RIZAP)は予選敗退。

スキー距離男子50キロクラシカルでは吉田圭伸(自衛隊)が23位だった。

 25日は最終日で、

日本勢が出場する種目はスキー距離女子30キロクラシカルのみ。

夜には閉会式が行われる。(時事通信)

 

 

 アルペンスキーは24日、新種目の混合団体が行われ、

決勝でスイスがオーストリアを3―1で破って初代王者となり、

金メダルを獲得した。

スイスは男子回転2位のラモン・ツェンヘウゼルンと

女子回転2位のウェンディ・ホルデナーを擁し、

準決勝では昨年の世界選手権覇者フランスを退けた。

3位決定戦はノルウェーが制した。日本は出場していない。

 混合団体は16チームのトーナメント戦。

各チームの男女2人ずつが並行するコースを1対1で滑って対戦する。

 

 

 スノーボードは24日、女子パラレル大回転が行われ、

ソチ五輪銀メダルの竹内智香(広島ガス)は

決勝トーナメントの準々決勝で敗退して5位に終わった。

アルペンスキーのスーパー大回転を制したエステル・レデツカ(チェコ)が

金メダルを獲得し、

史上初めてアルペンスキーとスノーボードでの2冠を達成した。 

 男子パラレル大回転の斯波正樹(RIZAP)は予選27位で敗退。

ソチ五輪2位のネビン・ガルマリーニ(スイス)が優勝した。

 新種目の男子ビッグエア決勝は、

セバスティアン・トゥータン(カナダ)が制し、初代王者となった。

 

 

 ノルディックスキー距離は24日、男子50キロクラシカルが行われ、

吉田圭伸(自衛隊)は2時間17分21秒9で23位だった。

イーボ・ニスカネンが2時間8分22秒1で優勝し、

フィンランドに今大会初の金メダルをもたらした。

2位はアレクサンドル・ボルシュノフ、

3位にはアンドレイ・ラルコフのOAR勢が続いた。

 

 

 スピードスケートは24日、新種目の男女マススタートが行われ、

女子の高木菜那(日本電産サンキョー)が金メダルを獲得し、初代女王となった。

団体追い抜きの優勝と合わせ2冠。

冬季五輪1大会で複数の金メダルを獲得した日本選手は、

1998年長野五輪ノルディックスキー・ジャンプの船木和喜以来史上2人目で、

女子では初めて。

 佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は

女子1回戦の2組で他選手の転倒に巻き込まれてゴールできず、敗退した。

 男子はウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が11位。

土屋良輔(メモリード)は1回戦2組11着で敗退した。

優勝は李承勲(韓国)。

 

 

 カーリングは24日、女子の3位決定戦が行われ、

LS北見の日本が英国を5―3で破り、銅メダルを獲得した。

この競技で日本勢初の表彰台。

日本は不利な先攻だった3―3の第9エンドに1点を奪い、

最終第10エンドにも1点を加えた。

 男子は決勝が行われ、

米国がスウェーデンを10―7で破り、初の金メダルを獲得した。

 

 

 アイスホッケーは24日、男子の3位決定戦が行われ、

カナダがチェコを6―4で下し、銅メダルを獲得した。

カナダは準決勝でドイツに敗れて3連覇を逃したが、

メダルは3大会連続で確保した。

 決勝は25日に行われ、OARとドイツが対戦する。

日本クロスカントリー選手権

 陸上の日本選手権クロスカントリーは24日、

福岡市の海の中道海浜公園で

アジアクロスカントリー選手権(3月15日、中国・貴陽)

代表選考会を兼ねて行われ、

男子10キロは

大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が29分53秒で制した。

4秒差の2位は山口浩勢(愛三工業)。

同U20(20歳未満)8キロは

中谷雄飛(長野・佐久長聖高)が2年連続で優勝した。

 女子8キロは

木村友香(ユニバーサルエンターテインメント)が26分31秒で優勝。

同U20(6キロ)は広中璃梨佳(長崎商高)が制した。(時事通信)

Vプレミアリーグ・ファイナル6

 バレーボールのプレミアリーグは24日、

大阪市中央体育館などでプレーオフのファイナル6が行われ、

男子はパナソニック、女子はJTが決勝進出を決めた。(時事通信)

 パナソニックは豊田合成に0―3で敗れ、ともに勝ち点14。

規定によりレギュラーラウンド1位のパナソニックが決勝に進み、

豊田合成はファイナル3に駒を進めた。

 女子で既にファイナル3以降のラウンド進出を決めていた同士の対戦は、

JTが久光製薬にストレート勝ち。

5連勝で勝ち点18とし、同16の久光製薬を上回った。

久光製薬は21戦全勝のレギュラーラウンドを通じて初黒星を喫した。

TVh杯ジャンプ

 ノルディックスキーのTVh杯ジャンプ大会は24日、

札幌市大倉山ジャンプ競技場(HS137メートル、K点123メートル)で行われ、

女子で平昌五輪に出場した伊藤有希(土屋ホーム)が1回目に132メートル、

2回目に最長不倒の140メートルを飛び、合計269.3点で圧勝した。

 平昌五輪代表の勢藤優花(北海道ハイテクAC)は2位、

岩渕香里(北野建設)は4位。

同五輪銅メダリストの高梨沙羅(クラレ)は棄権した。

 男子は佐藤幸椰(雪印メグミルク)が273.8点で優勝。

同五輪代表勢は葛西紀明(土屋ホーム)の3位が最高だった。(時事通信)

明治安田生命J1開幕節

 明治安田生命J1リーグ第1節第2日の4試合が24日、各地で行われ、

名古屋はアウェーでG大阪に3―2で競り勝ち、

2季ぶりのJ1復帰戦を白星で飾った。(スポニチアネックス)

 名古屋は2―2の後半39分、

カウンターから八反田のスルーパスに抜け出した

新加入の元ブラジル代表FWジョーが右足で勝ち越し点。

ジョーは前半にはガブリエル・シャビエルの同点弾をアシストし、

1ゴール1アシストの活躍で開幕白星に貢献した。

 新監督対決となった広島―札幌は、

タイ代表FWティーラシンの決勝ヘッドでホーム広島が1―0で勝利。

国際Aマッチ91試合出場42得点を誇る「タイの英雄」は

Jリーグ初出場初ゴールで、

タイ国籍の選手によるJ1でのゴールも初めてとなった。

札幌は攻撃の精度を欠き、ペトロヴィッチ監督は古巣に零敗を喫した。

 FC東京と浦和は1―1で引き分け。

FC東京は後半3分、東がスルーパスに抜け出して先制したが、

わずか2分後にCKから槙野に同点ゴールを決められた。

16歳のFC東京FW久保は後半途中出場を果たしたが、

得点には絡めなかった。

 昇格組同士の対決となった湘南―長崎は、

1―1の後半35分に途中出場のMF石川が勝ち越しゴールを決めて湘南が2―1で勝利。

J1初参戦の長崎の初勝利はお預けとなった。