プロ野球(6/22)

 巨人8―5ヤクルト(セ・リーグ=22日)――巨人が序盤のリードを守った。

一回にマギーと長野の適時打で3点先行。

1点差とされた八回は坂本勇の2ランで突き放した。

ヤクルトは中盤以降の反撃も及ばず。

          ◇

 広島5―3阪神(セ・リーグ=22日)

――広島は四回、丸のソロで先制。

六回は菊池、鈴木、七回は田中の適時打で加点した。

大瀬良が両リーグトップの10勝目。

阪神は七回まで3安打と、反撃が遅かった。

          ◇

 中日4―3DeNA(セ・リーグ=22日)――中日がサヨナラ勝ち。

延長十一回二死満塁、大島が押し出しの四球を選んだ。

DeNAは九回に代打・中川大のソロで追いつき粘ったが

延長戦で救援陣が振るわず。

 

 

 西武5―1ロッテ(パ・リーグ=22日)――西武が快勝した。

二回に斉藤彰の適時打で1点を先行し、その後も効果的に加点した。

菊池は7回無失点で開幕から無傷の8連勝。

ロッテの連勝は3で止まった。

          ◇

 日本ハム8―7楽天(パ・リーグ=22日)――日本ハムが5時間超の接戦を制した。

八回に西川の3ランで追いつき、延長十二回にも西川の適時打で勝ち越した。

楽天は十一回の満塁機を生かせなかった。

          ◇

 ソフトバンク5―3オリックス(パ・リーグ=22日)

――ソフトバンクが中村晃の2本塁打の活躍で延長戦を制した。

五回に2ランで同点とすると、延長十回には決勝2ランを放った。

オリックスは好機に決定打を欠いた。

 

(読売新聞)