▲村山-△木村戦 後手の切り札

20180517h_2村山七段は控室と違う手順で対応しました。ところが、図で△3二銀が馬をおとりにする切り札の受け。▲4四竜は詰めろではないので、△4七銀成と金を取る手が利きます。実戦は△3二銀に▲3一角△3三玉▲4四竜△同玉▲4八金と進みましたが、後手玉は「中段玉、寄せにくし」。後手の金銀が厚いです。攻守が入れ替わったかもしれません。