「第二章」の前に・・・・

「第1.5章」に脱線w

前回迄のおさらいとしまして、
ポイントサイトでお小遣い稼ぎ
→溜まったポイントでアマゾンで欲しいものゲット
→そのアイテムの使い道
と言う所迄来た訳ですが・・・・
それに入る前にちょっと寄り道w


以前にヘッドホンのレビューをしましたが、その時「この子かなりコスパ高いんですっ」て話をしました。

Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドフォン HD681B

新品価格
¥2,880から
(2016/7/23 18:32時点)



この子がお気に入りになったのは間違いないのですが、それでもいろんな価格帯の欲しい(気になる)ヘッドホンはいくつかありまして。
前回の第一章で上げた機械(TAC-2)をポチる際に、別のヘッドホンも同時に購入しておりまして。
今回はその子のお話を。

上記の『コスパのいい子』は最近毎日使用中。
十分にエイジングも済んでいると思われ音質も安定。
長時間使ってても疲れないし、音もなかなかで今でも毎日使っております。
でも、高いヘッドホンだとどんな音がするんだろう?っていう好奇心はずっと有って、いくつか15000〜30000円程度のヘッドホンも欲しいものリストに入っておりました。

ポイントも溜まってそろそろ前記事のTAC-2買おうかなーとポチりかけたその時、タイムセールで目に入ったのが、以前からリストに入ってこのヘッドホン。

※12/29追記・セール中でもかなり価格変動している様子です・・・

Bluedio Vinyl Plus 70mmドライバー Bluetooth ヘッドホン ワイヤレス ヘッドセット ハイエンド (ホワイト)

新品価格
¥19,999から
(2016/12/29 04:17時点)



元々25000円なんて庶民&貧乏耳には手が出ないわーって所なので、眺めてるだけだと思ってたんです。
でも70mmのドライバーって言う謳い文句に引かれて気になって・・・・
(同じく8ドライバー、12ドライバーって製品も候補に入ってました)
元々こういうのに弱いんです、カタログスペックっていうのか、数値とかデカいと凄そうみたいなw


そんな時、タイムセールでぐっとお安くなってて、つい手が滑って・・・・・ぽち。


久々に高い買い物しちまったなー感ダダ漏れで、「キャンセルかけようか症候群」にもかかったくらい。
後悔しそうで怖かったんですが、次の日届いてみて開けてみてその高級感たるや・・・・。
(・∀・)♪
th_DSCF5884.jpgth_DSCF5886.jpg

外装をスライドして出て来た箱が、磁石付いててパチンと締まるとかどんだけ・・・・とか
th_DSCF5889.jpg

箱蓋内側に説明書入れがあって、各言語で説明ついてるとかどんだけ・・・・とか
th_DSCF5892.jpg

箱を開けてさらにキャリングケース・・・カラビナまでついててどんだけ・・・・とか
th_DSCF5894.jpgth_DSCF5896.jpg

ソレ開けると各種コードが4種類ついてて、ソレ専用のケース・・・・とか

th_DSCF5901.jpgth_DSCF5902.jpg

モノ自体も金属部分とイヤーパッドの高級な手触り感・・・・とか
th_DSCF5904.jpgth_DSCF5905.jpg
th_DSCF5906.jpgth_DSCF5908.jpg

実際に頭に装着してみると、パッドがふかふかで耳が埋もれていく感覚・・・・とか
とにかくすげぇ・・・と言わされっぱなし。
見た目でひとしきりゾワゾワさせられた後・・・・


で、問題は音じゃないか! ヘッドホンなんだしっ!!
って我に返ってTAC-2経由で鳴らしてみると・・・・・


む?  んん??
音がこもって聞こえるよ・・・・・??

前に買ったお気に入りとチェンジ
→音鮮明
→戻して今回の子
→音がもっさりこもる


・・・・エイジングだなっ(;^ω^)
って事でそこから一晩鳴らしっぱなしにしてエイジング開始。


・・・・仕事から帰って来て、まずは聴く。
まったく変わらず、エイジング意味無し?・・・・

(; ・`д・´)・・・・やべぇ ハズレ引いた・・??(ガクブル


なんど取っ替え引っ替えしてみても、安い物に負けてる気がする。
好みかもしれないが、これはなんというか・・・・
ダメだ。。。。orz



久々に書いたわ「orz」
ガックリ来ましたが、勿体無いからとにかくじっくり聴いてみようという事で、長めの試聴開始。


音もっさりこもり気味、全部の音が一緒くたに出て来る感じで、一個一個の音はしっかりしててパンチがあるが、それがかぶって来る感じで音の分離感がないというか、鮮明さに欠ける気がしてどうしても音自体が好みとは違ってしっくりこない。
そうしてる間30分程で、イヤーパッドの感触は気持ち良いが、側圧が高めで痛く感じて来る。
(しっかりと耳自体を覆ってパッド自体が埋もれつつ被るので音漏れは見た目よりもかなり少ないです)

ずっと付けるのもしんどいし、音も好みじゃないし、返品なのか????って迷い始め、安い子に戻して「今後使うことあるのか??」って思い始めた頃、有線接続じゃなくbluetoothならどう聞こえる?って閃いて、接続を切り替える事に。


結果、有線→無線に変えても音質はほぼ変わらず
なんとなく有線の方がいいのかもしれない? 程度。
でも基本音色は一緒だなぁ・・・・((゚Д゚))
相当離れても途切れず通信しているのはいいけども・・・・
(実際には家の玄関から出て扉締めるまで途切れず、なかなかのものです。大分前に買ったカナルの奴はトイレで扉開けててもでブツ切れだったのにw)

そんなこんなでどちらにしてもお蔵入りのムードでありました。



そんなこんなで悶々として数日後、やはり諦めきれず、引っ張り出し有線接続。
音はそこそこ大きくても割れたりせず聞こえたが、どこまで音量上げたら影響出るのかなぁ?という疑問が湧いて来て。
値段が高い物程、大きい音でも割れたりしにくいってイメージがあったのですが、この金額だしてお蔵入りは嫌だっていう悪あがきでもありまする。


そこで音で耳が痛くならない程度に上げて行くと・・・・
そこには別次元が待ってたのです。



頭文字D風にいうと(何故?)

「こいつは高回転型だ。 もっと回してやらないとダメだ。 このタコじゃ上が全然足りない。 11000まできっちり回せ」

そんな感じ。(謎


おそらく安いヘッドホンだと割れるか、振動で耳が痛い、突き刺さる高音で鼓膜ヤバイ、ってくらいの音量まで上げても平気な顔(・∀・)で音を奏でてる。

実際装着してると耳(鼓膜)が耐える限度もあるにしても、じわじわ上げて行ってこの音量だと難聴が怖いか?って位のコンサートとか映画館なみの感覚になるまで上がると、今までこもって聞こえてたのが嘘なぐらいしっくりくるんです。
こもり感が音量で感じなくなるというか、逆に低音量だともっさりしてしまうと言うべきか。

中低音はしっかりしてて、高音は刺さらず、でもボーカルも埋もれないできっちり聞こえる。
時折聞こえるバスドラの低音が頭の真ん中で響く。
感覚としては今までのヘッドホンが軽自動車なら、この子はスーパーカーみたいな
とにかく大音量で鳴らしてやらないと真髄は発揮されないという様な、そういう類いの物。


そんなこんなで攻略し始めてきて30分頃、側圧で耳が痛くなって来たのでイヤーパッドの位置を調節。
そしてこの時人生で初めて、頭の上の「アーム部分」の役割をちゃんと知りました。(遅いわっ

今までよりもむしろ短めに設定して、アームが頭にしっかり当たる(乗る)様にし、耳の上の方でパッドの一部を支える様にするとあら不思議、側圧で痛いと思ってた力加減が分散して追加2時間くらい平気で聴けるじゃありませんか。
(頭頂部+耳の上の3点でホールドする感じ?)
その頃にはそこそこ轟音なハズなのに、気持ちよく「音を楽しんでる」自分がおりました。


そこでアマレビュにも「ずっと聴いていたい」と書かれていたのを思い出し、ようやく実感、そして同意。


密閉型でしっかりと締め付けるので、音漏れは少ないですが、上記の様に楽しめる音量まで上げるとやはりだだ漏れですw
外している状態だとほぼスピーカーw
なので電車内などでは注意が必要ですが、このクラスのヘッドホンだと騒音の有る外で使いたいとは余り思えないです。
(コレ自体遮音性も高いし、音もかなり大きくするなら、使っている側からとしては外の音はほぼ聞こえないと思います)

とにかく大音量っていう範囲で真価を発揮するとは、正直ビックリの体験でありました。
コレまでどんだけ安物使ってたんだよって話かもしれませんが・・・・・


と、いう風に癖?があるので、普通のリスニングはこれまで通りの子を使い、好きな曲をしっかり楽しみたいって時に切り替えるスタンスで使っております。


上記音質の好み以外で気がついた点として・・・
ちょっとアームが短く感じるので頭が大きい人にはしんどいか?
大音量は苦手って人には向いてないかも?
勝手が解ってからまだ日が浅いので色んなジャンルの曲が聴けてませんが、昔の録音の物より最近の録音で元々の音源の音圧が高い方がより明確に音の迫力を楽しめる気がする。
と言ったところでしょうか。

値段が値段なのと、人を選びそうなのでコスパとしてはよろしくないと思いますが、ジャンルや曲によっては凄くいい感じに「耳を嬲られてる」感のある、そんな印象です。
贅沢だけど、ありっちゃあり。 みたいな。


そんな感じで今回のヘッドホンレビューでした。
色々今までの概念を覆された所もあって、この感情を文章にして伝える難しさも実感。
何時もより文字修飾が多いのは感情表現のつもりですが、ちょっと多すぎて読み辛かったでしょうか・・・ね?
上記はあくまでも私の個人的感想ですんで、その辺は何時もの様にご了承下さい。


さて、次こそやっと第二章に入りたいと思いますが、この感じだと年を越しそうな感もあります。
できれば脱線せずに次に行きたいのですが、文章まとめてる間にまた買い物をしたりもして・・・・
えーっととりあえず、よいお年をっっ!!