アフィバーンラト マッチプレーで強さ発揮

 ◇欧州、アジア、豪州共催

◇ISPSハンダ ワールドスーパー6パース 最終日(11日)

◇レイクカリーニャップCC(オーストラリア)◇7143yd(パー72)

【写真】セルフィーをねだられるタイガー・ウッズ

 3日目までのストロークプレーで上位24選手が、

ノックダウン方式のマッチープレー(6ホール/全5回戦)を行い、

キラデク・アフィバーンラト(タイ)が

決勝でジェームス・ニティーズ(オーストラリア)に2&1で勝利し優勝した。

欧州ツアーは

2015年「サルタイアエナジー ポール・ローリーマッチプレー」以来、通算4勝目で

アジアンツアーでは通算3勝目となった。(GDO)

 アフィバーンラトは1回戦でベン・エクレス(オーストラリア)を退けると、

2回戦は宮里優作と5ホールの延長を戦った末に勝利を収めた。

ベスト8も突破し、

準決勝ではルーカス・ハーバート(オーストラリア)に延長1ホール目で勝利した。

 世界ランク53位の28歳は前日に9人が並んだ17位となり、

最終日進出に向けて1人の脱落者を出すプレーオフを行った。

7人が生き残りを決定させた1ホール目をボギーとしたアフィバーンラトは、

2ホール目に突入。

辛うじてアンソニー・クエイル(オーストラリア)との一騎打ちを制して、

24番目に滑り込んでいた。

 5位タイで1回戦をシードとした宮里優作はベスト16で敗退。

小平智は1回戦でアマチュアのミンウー・リー(オーストラリア)に敗れた。