ウッドランドがプレーオフ制す

 米男子ツアーのウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンが

現地時間4日、アリゾナ州のTPCスコッツデールを舞台に最終ラウンドを終了。

ゲーリー・ウッドランド(米)がプレーオフの末、チェズ・リアビ(米)を下し、

ツアー3勝目を挙げた。(ISM)

ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終順位

 前日2位に浮上したリアビは、3番でイーグルを奪うなど5アンダー66をマーク。

一方の8位からスタートしたウッドランドは

9つバーディを奪うなど「64」でラウンドする。

両者は通算18アンダーで並び、勝負は4試合連続のプレーオフへ。

プレーオフ1ホール目、リアビがパーパットを外したのに対して、

ウッドランドはパーセーブに成功し、2013年以来5年ぶりの勝利を手にしている。

 単独2位にプレーオフで敗れたリアビ、

通算15アンダー3位タイに

オリー・シュナイダーヤンズ(米)とブレンダン・スティール(米)。

通算14アンダー5位タイにマット・クーチャー(米)、フィル・ミケルソン(米)、

ブライソン・デシャンボー(米)、チェソン・ハドリー(米)が続く。

 その他、単独首位からスタートしたリッキー・ファウラー(米)は

15番から3連続ボギーを叩き、

ジョン・ラーム(スペイン)、ダニエル・バーガー(米)と並び通算12アンダー11位タイ。

ジャスティン・トーマス(米)、パトリック・リード(米)、

ザンダー・シャウフェレ(米)が通算11アンダー17位タイ、

ブラント・スネデカー(米)が通算9アンダー23位タイで大会を後にした。