オウケンムーン 一転主役候補へ

 ◆第52回共同通信杯・G3(2月11日、東京競馬場・芝1800メートル、良)

 クラシックホースを輩出してきた3歳重賞は、

6番人気に推された

オウケンムーン(牡、父オウケンブルースリ、美浦・国枝栄厩舎)が

北村宏司騎手に導かれて重賞初制覇。

3連勝でクラシックの有力候補に名乗りを上げた。

 2着に3番人気のサトノソルタス(ライアン・ムーア騎手)が入り、

3着には10番人気のエイムアンドエンド(フィリップ・ミナリク騎手)が続き、

3連単は56万円超の波乱となった。(スポーツ報知)

 北村宏司騎手(オウケンムーン=1着)

「(直線の)坂下の反応が良かった。東京コースは合うと思っていた。

調教は動かない馬けど、だいぶまとまってきたし、伸びしろがありそうです」