グレイトパール 1年ぶりも関係なし!

 4月15日の阪神11Rで行われた

第23回アンタレスステークス

(4歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、別定、

16頭立て、1着賞金=3600万円)は、

川田将雅騎手騎乗の1番人気

グレイトパール(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)が

中団追走からまくり気味に進出、直線は馬場の真ん中を伸びて

11カ月ぶりの鉄砲Vを決めた。

タイムは1分49秒8(不良)。

グレイトパールは芝2000メートルで新馬勝ち。

その後は芝で7着、13着と低迷したが、

4戦目に路線転向してからは6戦6勝とダートでは底を見せていない。

(サンケイスポーツ)

 1馬身1/4差の2着には

中団からまくって4コーナー先頭のミツバ(3番人気)、

さらに半馬身差遅れた3着に

大外から追い込んだクインズサターン(5番人気)。

 アンタレスステークスを勝ったグレイトパールは、

父キングカメハメハ、母フォーチュンワード、母の父デヒアという血統。

北海道新ひだか町・千代田牧場の生産馬。

馬主はH.H.シェイク・ファハド氏。

通算成績は9戦7勝。重賞は2017年平安S・GIIIに次いで2勝目。

アンタレスSは中内田充正調教師は初優勝、

川田将雅騎手は2009年ウォータクティクス、2010年ダイシンオレンジ、

2012年ゴルトブリッツに次いで4勝目。

 ◆川田将雅騎手(1着 グレイトパール)

「11カ月ぶりで無事に終われたのが何よりです。

もともと得意な距離なのは間違いなかったですし、

内容も伴ってくれたのでよかったです。

前半は得意な馬ではないんですが、いい雰囲気で上がってこれましたし、

馬の本質の良さが出ましたね」