シャーガーカップ

 英国アスコット競馬場で

国際騎手招待競走のシャーガーカップ(全6戦)が行われ、

日本代表として

世界選抜チームのキャプテンを務めた武豊騎手(49)=栗・フリー=は、

第3戦で騎乗馬が心臓発作を起こして落馬(競走中止)。

その際に左手を打撲し、続く第4戦には騎乗したものの、

大事を取って最終戦の騎乗をキャンセルした。

きょう12日は、仏ドーヴィル競馬場で

GIIIミネルヴ賞など3鞍に騎乗する予定。

 シャーガーカップのチーム戦は女性選抜が76ポイントで優勝。

個人戦優勝(シルバーサドル賞)は

39ポイントを獲得した女性選抜のH・ターナー騎手(英国)だった。

第5、6戦を連勝したJ・モレイラ騎手(ブラジル)が、1ポイント差で2位。

(サンケイスポーツ)