セリエA第24節

 サッカーのイタリア・セリエAは9日、1試合を行い、

ユベントスはフィオレンティナに2─0で勝利を収めた。

守護神ジャンルイジ・ブフォンが

ユベントスでの国内リーグ通算500試合出場を達成した。

(ロイター)

 ユベントスが後半に2点を奪ったこの試合だが、

前半にはユベントス選手にハンドの反則があったかどうかを巡り、

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認で試合の進行が滞る場面も。

その後もVARの使用に際して不手際があったと

フィオレンティナのステファノ・ピオリ監督が不満を述べた。

 ユベントスのマッシミリアーノ・アレグリ監督は、

「(審判の判断について)われわれには何もできない。

ただただ待ち時間が長かった」と語った。

 24試合を終えてユベントスは勝ち点62の暫定首位。

23試合で同60のナポリは10日、3位ラツィオと対戦する。