セリエA第28節

 セリエA第28節が9日に行われ、ローマはホームでトリノと対戦。

前半はスコアレスで折り返すものの、後半に一挙3得点を奪って勝利した。

先制点を決めたギリシャ代表DFコスタス・マノラスが、

試合後に公式HPにコメントを残している。(サッカーキング)

 試合は56分、CKからの右サイドへ流れたボールに再びクロスを入れると、

最後はマノラスが強烈なヘディングでネットを揺らしローマが先制に成功。

さらに73分にはイタリア代表MFデ・ロッシがボレーで追加点を決めると、

後半アディショナルタイム3分には

イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが

ダメ押しとなる3点目を決めて試合終了。

3-0とトリノを圧倒した。

 キックオフ前には、

4日に急逝したイタリア代表DFダヴィデ・アストーリへ向けて黙とうが行われた。

先制点を決めたマノラスは

「ダヴィデにゴールを捧げるよ。彼は信じられないほどの男だったからね」とコメント。

さらに「ニュースを聞いた後はとても悲しかったよ」と話しており、

元チームメイトの突然の訃報に驚きを隠せなかったようだ。

 また、この試合を振り返ったマノラスは

「今日は前半が悪かったが、

ゴールの後にリラックスして素晴らしいサッカーを見せることができた」と、

後半の戦い方を評価した。

13日には、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグ、

シャフタール戦が行われる。

ファーストレグを1-2で落としているため、同選手は

「私たちは集中して、スマートに落ち着いて、

知性と経験を駆使しなければならない」と逆転への意識を高く保っている。