タワーオブロンドンが重賞2勝目

 14日、阪神競馬場で行われたアーリントンC(3歳・GIII・芝1600m)は、

中団後方でレースを進めた

C.ルメール騎手騎乗の1番人気

タワーオブロンドン(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)が、

直線で一旦は窮屈になるも、進路を確保して一気に各馬を差し切り、

2着の3番人気パクスアメリカーナ(牡3、栗東・中内田充正厩舎)に

1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは1分33秒4(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に

4番人気レッドヴェイロン(牡3、栗東・石坂正厩舎)が入った。

なお、2番人気インディチャンプ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)は

レッドヴェイロンとハナ差の4着に終わった。

 勝ったタワーオブロンドンは、

父Raven's Pass、母スノーパイン、その父Dalakhaniという血統。

昨年の京王杯2歳Sに続く重賞2勝目を飾った。

また、本馬及び2着のパクスアメリカーナ、3着のレッドヴェイロンは、

5月6日に東京競馬場で行われるNHKマイルCの優先出走権を獲得した。

(netkeiba)