デビスカップワールドグループ1回戦

 男子テニスの国別対抗戦、

デビス杯ワールドグループ(WG)1回戦の

日本─イタリア戦が4日、

盛岡市の盛岡タカヤアリーナで行われ、

日本は対戦成績1勝3敗で敗退した。(ロイター)

 残り2試合で1勝2敗としていた日本は、

この日のシングルスで

杉田祐一がファビオ・フォニーニと対戦したが、

6─3、1─6、6─3、6─7、5─7で敗れ、敗退が決定。

ダニエル太郎とアンドレアス・セッピの試合は実施されなかった。

 日本はWG残留がかかる9月の入れ替え戦に回る。

 同日にフランスのアルベールビルで行われたフランス─オランダ戦は、

前回優勝のフランスが対戦成績3勝1敗で準々決勝進出を決めた。