トイレの扉の下から男の手がヌーッと…女子高生の足首つかむ


神戸市須磨区の山陽電鉄山陽須磨駅の女子トイレに侵入し、個室の扉の下から女子高生の足首をつかんだとして、兵庫県警須磨署は11日、建造物侵入と暴行容疑で同県尼崎市塚口町の会社員、清水康介容疑者(27)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年11月10日午前10時25分ごろ、山陽須磨駅構内の女子トイレに侵入し、個室の扉の下から当時高校2年だった女子生徒(17)の右足首をつかんだとしている。
同署によると、トイレ周辺をうろつき、女子生徒の後を追うようにトイレに入る清水容疑者の姿が防犯カメラに映っていた。女子生徒は恐怖で悲鳴を上げることもできなかったが、清水容疑者は足首をつかんだだけで逃走したという。
俺が女子高生だったら恐怖の余り失禁してる。