ノルディックスキー・ワールドカップ白馬大会複合個人第14戦

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は

4日、長野・白馬ジャンプ競技場で個人第14戦が行われ、

平昌五輪代表の渡部暁斗(北野建設)は3位となり、5連勝を逃した。

ヤン・シュミット(ノルウェー)が今季3勝目、通算5勝目を挙げた。

(時事通信)

 渡部暁は前半飛躍(HS134メートル、K点120メートル)で8位と出遅れ、

トップに1分17秒差でスタートした後半距離(10キロ)で追い上げたが、

前半7位のシュミットに終盤で競り負けた。

W杯総合では20点差の首位を守った。