パンパシフィック競泳選手権が開幕

 水泳のパンパシフィック選手権は9日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、

競泳女子200メートル自由形は

18歳の池江璃花子(ルネサンス)が1分54秒85の日本新記録で2位に入った。

テイラー・ルック(カナダ)が1分54秒44の大会新記録で優勝。

 女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が勝ち、

清水咲子(ミキハウス)が3位。

同100メートル平泳ぎでは青木玲緒樹(同)が3位に入った。

 男子100メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が2連覇を達成した。

同400メートル個人メドレーの萩野公介(ブリヂストン)は2位、瀬戸大也(ANA)は3位。

チェース・ケイリシュ(米国)が制した。(時事通信)