フェブラリーS 最終追いきり

 第35回フェブラリーS・G1(2月18日、東京・ダート1600メートル)に出走する

テイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎)が

14日、栗東トレセンで追い切りを行った。(スポーツ報知)

 古川吉洋騎手がまたがり、CWコースを単走。

序盤はリラックスさせるようにゆったり進め、少しずつスピードアップ。

直線でさらに加速していき、ラストだけ強目に追って気合を注入した。

感触を確かめた古川騎手は

「休み明けを1回使っているので、さらに動きは良くなっていますね。

いい内容だったと思います」と笑顔で手応えを明かした。

 木原調教師は

「後肢の入りがしっかりしていたし、前の方もよく伸びていました。

いい動きでしたね。とにかく、自分の競馬をするだけ。

やれることは、すべてやってきました。強いだけでは、勝てないのがG1。

あとは僕と、馬に運があるか。何とかG1タイトルを取りたいです」と力を込めた。