プロ野球オープン戦

 <オープン戦:阪神2-5中日>◇9日◇甲子園

 開幕投手に内定している阪神ランディ・メッセンジャー投手(36)が

オープン戦に初登板し、先発3回を4失点で投げ終えた。

【写真】巨人野上、高木勇ら/9日のオープン戦先発予定投手

 立ち上がりは先頭の京田を打ち取ったあと、

アルモンテから福田まで4連打を浴びて3失点。

2死三塁から高橋にも左前に打たれて、4点目を失った。

だが2回は先頭の亀沢に左前打を許すも、後続を断って無失点。

3回は4番ビシエドからの3人を完全に抑え、マウンドを降りた。

「打者に投げるのは久しぶりだったし、

投げたかったコースより真ん中に集まってしまった。

でも、次は問題ないです」と前向きに語った。

 

 

<オープン戦:楽天3-6西武>◇9日◇倉敷

 楽天内田靖人内野手(22)が先制打を放った。

【写真】楽天内田、開幕1軍入りをアピール

 1回2死一、二塁で、西武高木勇のカーブを左前に運び、二塁走者をかえした。

4球でカウント2-2と追い込まれたが、その後、ファウル2球で粘り、7球目を捉えた。

「追い込まれていましたけど、粘って、甘く入ったボールをしっかりたたけました。

先制のチャンスだったので、しっかりランナーをかえせて良かったです」と、笑顔で話した。

 

(日刊スポーツ)