プロ野球(5/15)

 ○阪神2-1DeNA●(15日、甲子園)

 阪神がメッセンジャーの好投で連敗を4で止めた。

メッセンジャーは低めに球を集め、

九回途中まで1失点でリーグトップの6勝目。

六回の代打・原口の2点適時二塁打のリードを守った。

DeNAは力投した飯塚を打線が援護できなかった。

 

 

 ○オリックス7-2ロッテ●(15日、富山アルペン)

 オリックスが連敗を3で止めて4位浮上。

三回に宗の中前打で先制すると、

六回は2死満塁から大城の3点適時二塁打で加点した。

先発のアルバースは制球が良く6回1失点。

ロッテは先発の石川が粘れず2連敗。

 

 

 ○中日10-4広島●(15日、ナゴヤドーム)

 中日は一回、京田の2ランで先制。

三回はアルモンテ、福田が本塁打。

七回も3安打で加点した。

先発R・マルティネスが初勝利。中継ぎ陣も踏ん張った。

広島は四回に3長打で3点を挙げて追い上げたが、

その後は打線がつながらなかった。

 

 

 ○日本ハム2-0西武●(15日、東京ドーム)

 日本ハムが投手戦を制した。

七回にレアードの左越えソロで先制。

さらに1死から清宮の二塁打で好機を作り、

鶴岡の適時二塁打で加点した。

マルティネスが要所を締めて7回無失点で4勝目。

西武は相手を上回る安打を放つもつながらず、

今季3度目の零封負け。

 

 

 ○ソフトバンク6-1楽天●(15日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクが逆転で2連勝。

五回に柳田の左前適時打で同点にすると、

六回には松田と代打・川島の適時打で勝ち越した。

千賀は決め球のフォークがさえ、7回1失点で今季3勝目。

楽天は早めの継投が実らず、5連勝を逃した。

 

 

 ○ヤクルト2-1巨人●(15日、県立鴨池)

 ヤクルトが接戦を制した。

二回に山田哲の適時打で先制。

同点の八回、青木が右越えに決勝の1号ソロを放った。

先発のハフが来日初勝利。

巨人は四回に岡本の2試合連続本塁打となるソロで追いついたが、

好投していた山口俊が力尽きた。

 

(毎日新聞)