プロ野球

 広島2-2巨人(セ・リーグ=11日)――ともに譲らず引き分け。

広島は二回、大瀬良のスクイズで1点を先行。六回、丸のソロで加点した。

巨人は八回、代打大城が適時打を放ち、九回に陽岱鋼が同点ソロ。

          ◇

 阪神8-3DeNA(セ・リーグ=11日)――阪神が3連勝。

二回に梅野の2ランなどで3点を先行し、

六回には糸原の二塁打などで一挙4点を加えた。

DeNAは先発・浜口の乱調が響き、3連敗となった。

          ◇

 ヤクルト8-7中日(セ・リーグ=11日)――ヤクルトが乱打戦を制した。

八回、青木の適時二塁打で1点差とし、山田哲の2点適時打で逆転。

中日は2度リードを奪ったが、5番手で登板した又吉が崩れた。

 

 

 西武10-0楽天(パ・リーグ=11日)――西武が大勝。

一回に浅村の3ランで先制し、

二回にも浅村の適時打などで3点を加えてリードを広げた。

7回無失点のウルフが4勝目。

楽天は投打に精彩を欠いた。

          ◇

 日本ハム3-1ソフトバンク(パ・リーグ=11日)――

日本ハムが今季のソフトバンク戦の勝ち越しを決めた。

同点の九回、田中賢の2点適時打で決勝点を奪った。

ソフトバンクは好投した先発大竹を援護できなかった。

          ◇

 オリックス6-3ロッテ(パ・リーグ=11日)――オリックスが逆転勝ちで3連勝。

1点を追う八回に安達の3点三塁打、武田の適時打で4点を奪った。

山田が2年ぶりの勝ち星。

ロッテは益田が乱れて4連敗。

 

(時事通信)