プロ野球

 巨人6―4ソフトバンク(交流戦=14日)――巨人が競り勝った。

六回に坂本勇のソロで勝ち越し、4投手の継投で逃げ切った。

先発の鍬原拓也(中大)はプロ初勝利。

ソフトバンクは3カード連続の負け越し。

          ◇

 オリックス8―2広島(交流戦=14日)――

オリックスは四回、吉田正の適時打で先制。

その後も大城のソロなどで加点して今季初の同一カード3連勝。

広島は先発フランスアが踏ん張れず、3連敗を喫した。

          ◇

 ヤクルト6―4西武(交流戦=14日)――ヤクルトが接戦を制した。

同点の九回、雄平と川端の連続適時打で2点を勝ち越し。

3番手の近藤が今季初勝利を挙げた。西武は抑えの増田の不調が痛かった。

          ◇

 DeNA4―1ロッテ(交流戦=14日)――DeNAが接戦を制した。

延長十一回に大和、神里(かみざと)の連続適時打で3点を勝ち越した。

五回途中から救援5人が無失点で抑えた。ロッテは拙攻が響いた。

          ◇

 日本ハム11―3阪神(交流戦=14日)

――日本ハムが13安打11得点で大勝し、2連勝。

中田は六回の2ランや七回の2点二塁打などで5打点の活躍。

阪神は、11安打を放ちながら3点止まりの拙攻だった。

          ◇

 楽天4―0中日(交流戦=14日)――

楽天は一回、ディクソンの適時打で先制し、

八回にアマダーの2ランなどで突き放した。

岸は8回無失点で6勝目。

中日は打線が振るわず、吉見を援護できなかった。

 

(読売新聞)