ボカラトン選手権最終日

 米チャンピオンズツアーのボカラトン選手権が現地時間11日、

フロリダ州のオールドコース at ブロークンサウンドを舞台に

最終ラウンドの競技を終了した。(ISM)

【最新】男子世界ランキング(2018/2/4)

 初日から首位に立つマーク・カルカベッキア(米)は、

最終日も勢いそのままに1番から3連続バーディをマーク。

2アンダー70でラウンドし、通算16アンダーで3年ぶりの優勝を飾っている。

 一方、ベルンハルト・ランガー(独)は一時は首位に並ぶも、

上り2ホールで連続ボギーを叩き、通算14アンダー単独2位。

通算13アンダー単独3位にフレッド・ファンク(米)、

通算12アンダー単独4位にデビッド・トムス(米)が続く。

 その他、コリン・モンゴメリー(スコットランド)は通算7アンダー17位タイ、

年間王者のケビン・サザーランド(米)は通算6アンダー19位タイ。

前大会覇者のスコット・マッキャロン(米)は通算5アンダー24位タイで大会を終えた。