ボストン・マラソン

 第122回ボストン・マラソンは16日、

ボストン郊外から市街地までの片道コースで行われ、

男子は川内優輝(埼玉県庁)が2時間15分58秒で優勝した。

日本選手の優勝は1987年の瀬古利彦以来31年ぶりで8人目、9度目。

「ワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)」の大会を

日本勢が制したのは初めて。(時事通信)

 レースは強い風雨の中で行われ、

川内は昨年優勝のジョフリー・キルイ(ケニア)を

40キロすぎで抜いて勝った。

キルイは2時間18分23秒で2位。

 女子はデジリー・リンデン(米国)が2時間39分54秒で優勝した。

 ボストンは国際陸連が定めたコース条件を満たしていないため、

公認記録にならない。