ポッターJr 6年ぶりV

 米男子ツアーのAT&Tペブルビーチ・プロアマが現地時間11日、

カリフォルニア州のペブルビーチGL他を舞台に最終ラウンドを終了。

テッド・ポッターJr.(米)が2012年以来6年ぶりの優勝を飾った。(ISM)

【最終順位】AT&Tペブルビーチ・プロアマ

 前日「62」を叩き出して首位タイに浮上したポッターJr.は、

前半だけで3つスコアを伸ばすなど、3アンダー69でホールアウト。

通算17アンダーまで伸ばした同選手がツアー通算2勝目を挙げている。

 通算14アンダー2位タイにフィル・ミケルソン(米)、チェズ・リアビ(米)、

ジェイソン・デイ(豪)、前日首位のダスティン・ジョンソン(米)。

通算13アンダー単独6位にケビン・ストリールマン(米)が続く。

 その他、ジミー・ウォーカー(米)が通算10アンダー8位タイ、

ディフェンディングチャンピオンのジョーダン・スピース(米)、

ブラント・スネデカー(米)が通算8アンダー20位タイ。

優勝すれば世界ランキング1位に立つ可能性があったジョン・ラーム(スペイン)だが、

4つスコアを落として通算7アンダー26位タイで大会を終えている。