ローソンの玉塚会長が退任


ローソンは12日、玉塚元一(げんいち)会長(54)が5月30日付で退任し、顧問に退くと発表した。

親会社の三菱商事出身の竹増貞信社長(47)に権限を集約し、競争が激化しているコンビニ業界で生き残りを図る。
玉塚氏はユニクロを展開するファーストリテイリングの社長などを経てローソンに入社し、2014年5月に社長に就任。高級スーパーの成城石井の買収や銀行業への参入準備を進めた。
ただ、ファミリーマートとサークルKサンクスが16年9月に経営統合し、ローソンの店舗数は業界3位に転落した。コンビニ1店舗当たりの売上高でも、首位のセブン―イレブン・ジャパンとの差を縮められなかった。玉塚氏は昨年6月に社長職を竹増氏に譲り、会長に就いていた。

ローソンは12日、玉塚元一会長(54)が5月30日の株主総会日付で退任すると発表した。同日付で取締役も退き、顧問に就く。ローソンによると、「自分の望んだ改革は達成した」として、本人が退任を申し出たという。
玉塚氏は衣料専門店ユニクロを運営するファーストリテイリングの社長などを経て、2010年にローソンに入社した。14年に新浪剛史氏(現サントリーホールディングス社長)の後を継いで社長に就任。16年に三菱商事出身の竹増貞信氏に社長職を譲り、会長に就いた。
三菱商事は今年2月、株式公開買い付け(TOB)によってローソンの株式の過半を握り、子会社化。ローソンの経営は、三菱商事の主導色が強まっている。

ローソンは12日、玉塚元一会長(54)が5月末に退任すると発表した。玉塚氏はファーストリテイリング社長などを経て2010年にローソンにスカウトされた。11年から最高執行責任者(COO)、14年から社長、16年から会長として同社の経営を率いた。